2012.
05.27
Sun
建築年:大正4年(1915)  
所在地:山口県下関市南部町23-11  TEL:083-231-4141
構 造:RC造3階・地下1階・塔屋、 屋上家屋:木造  
施 工:関門商事(監督:新富直吉)
開 館:9:30~17:00(入館は16:30まで)  入館料:無料
休 館:年末年始    
交 通:JR下関駅~バス7分「唐戸」バス停下車スグ

秋田商会・入口
 西日本で最初の鉄筋鉄骨コンクリート造といわれ、屋上には日本庭園と和館を備えます。
秋田商会は、明治38年(1905)4月に創立し、材木取引と海運業で、台湾・朝鮮・満州にも進出。
 この建物の施主:秋田寅之助については、『大正5年 時事新報社・第3回50万円以上の資産家調査』に記載されています。
「五十万円・・・秋田寅之助(材木運送業)下関市東南部町、 財産種別:不動産五万円、営業資金:四十万円、有価証券其他:五万円、略歴:明治8年4月1日を以て生れ35年3月秋田家の養子となる夙に実業に志し曩に合資会社秋田商会を創立し其の社長となりて木材売買運送及海外貿易の事業に従事す。又市会議員、商業会議所議員海事会員等に推され業務の傍ら公共事業に尽す事少からず 」と、記されています。
※詳しくはコチラ→【大正5年 時事新報】 神戸大学電子図書館より
秋田商会
左:角地にある正面玄関は、曲線の外壁と塔屋を持つ。 右:アールデコ調の外観はタイル貼り。
秋田商会・屋上
屋上には、日本庭園と日本家屋が。 日本の屋上庭園とペントハウスの先駆け。〔非公開区域〕
「棲霞園(せいかえん)」と名付けられ、土を50cmほど盛って松や梅を植え、庭石を配して池も造られた。
秋田商会・店舗1
まるで銀行の様な造りで風除室も持つ。 現在は、下関観光情報センターとして使用。
※詳しくはコチラ→【旧秋田商会ビル
秋田商会・時計
アメリカ製の時計はいまだに現役。 漆喰の彫刻で縁取り、時計を壁に埋め込んだ珍しい形。
秋田商会・大広間
2~3階は、日本的な生活空間。座敷や居間も全て和室。
秋田商会・2階
左:屋上に上る階段   右:正面玄関上は廊下になっており、洋と和の切り替え空間。

 近隣には、旧赤間関郵便電信局(1900)、旧下関英国領事館(1906)、旧宮崎商館(1907)、旧三井銀行下関支店(1920)が点在しており、建物好きには1日滞在しても飽きないほど。
 また、唐戸市場もあり、吹抜けになった2階の通路から活気ある市場全体を眺めることも可能。
食堂も数件あるので、ここで朝食・早昼食を食べてからの建物巡りをお奨めします。

【2009年5月 訪問】




スポンサーサイト
comment 0 trackback 0
2012.
05.20
Sun
建築年:大正9年(1920)5月  
所在地:山口県下関市観音崎町10-6 TEL:083-232-0800
構 造:RC・木・レンガ混合2階、地下1階、石貼り (山口県指定有形文化財) 
設 計:長野 宇平治
開 館:10~17:00  入館料:無料
休 館:月・火曜日・祝日・年末年始
交 通:JR下関駅東口~バス停「海響館前」下車~徒歩2分    
唐戸・山口銀行2
 三井銀行は、明治9年(1876)三井八郎衛門らの発起人により東京日本橋に創設。 その後、下関支店を開設しますが、門司に移転するため、元・長州藩士であり大臣・三井財閥の最高顧問であった井上 馨の助言により、明治40年(1907)に、建物と営業権を百十銀行に譲渡し閉店。(百十銀行は失敗が多く、井上馨に何度も助けられた。)
 大正9年、三井銀行はこの建物を建て下関支店を再開しますが、昭和初期に入り戦争を感じた銀行幹部は、昭和8年(1899)に再び建物と営業権を百十銀行に譲渡し、この建物は百十銀行本店となりました。
 そして、昭和19年には6つの銀行(百十・華浦・船城・大島・宇部・長周)が統合して山口銀行本店に。 さらに、山口銀行の新本店が完成してからは、観音崎支店・別館など(昭和48年から2年間は日本銀行下関支店として一時使用)に使われ、現在は「やまぎん史料館」として公開されております。 ※詳しくはコチラ→【やまぎん史料館
山口銀行・内部
風除室・カウンター・床タイルなどは当時の様子に復元。
山口銀行・天井
格天井や柱の装飾は漆喰塗り。大正時代ならではのモダンな印象。
山口銀行・階段
2階の応接室や頭取室へ行く為の階段。 階段の主役である手摺柱もシンプル。
山口銀行・金庫
金庫の扉は意外と薄い。上にある小さな扉は「マンホール扉」と呼ばれ、金庫扉が故障した際に、行員が入るための非常口。明治大正期の銀行にはこの扉が存在する場合があり、このマンホール扉のない古い銀行は、金庫の造りにかなり自信があったと思われる。
山口銀行・天井裏1
コンクリートの陸屋根下地は、ワイヤーメッシュ状のデッキプレート。壁はレンガ、木造の梁という混合構造。
山口銀行・天井裏2
天井裏の様子。 1階の重い漆喰天井を支えるには、吊り木も太く間隔も狭い。
山口銀行・装飾
上: 外壁は徳山産の花崗岩。牡牛飾り・フェストゥーン(花綱飾り)などの彫刻を中心に、イオニア式&コリント式混合の柱頭飾りの柱で挟む。
下: 室内にある混合コリント式柱頭飾りも、漆喰で表現。
軍艦すずなみ
この建物の前に海があり、訪問時に護衛艦「すずなみ」の特別見学会が開催されていた。

 この建物を設計した長野 宇平治は、慶応3年(1867)越後高田(新潟上越市)生まれ、明治26年(1893)帝国大学工科大学造家学科卒業。
明治30年に日銀技師となり、辰野金吾の指導のもと日本銀行支店を手掛けました。
 大正2年(1913)に独立して長野建築事務所を開設。 横浜正金銀行青島支店(現:中国銀行青島分行)、北海道銀行本店(現:北海道中央バス本社)、三井銀行広島支店(現:広島アンデルセン)・大倉精神文化研究所(現:大倉山記念館)などを手掛け、初代・日本建築士会会長に就任。
 昭和2年から再び日銀技師となりましたが、本店増築の竣工前年・昭和12年に70歳で亡くなりました。
 
【2009年5月 撮影】


comment 0 trackback 1
2012.
03.18
Sun
建築年:1907年(明治40年)竣工 
所在地:山口県萩市椎原 TEL:0838-25-3139(萩市観光課)
構 造:木造2階、桟瓦葺き屋根  萩市指定史跡
施 工:伊藤万作(宮大工)ほか
開 館:9:00~17:00 無休
入館料:100円
別邸・玄関
 伊藤博文別邸は、公爵になった明治40年(1907)東京の大井村に建てられたもので、和館・洋館をもつ広大な邸宅でした。 平成10年に、玄関・大広間・離れ座敷のみ萩に移築されました。
 跡地は伊藤博文墓所(東京都品川区西大井6-10-18)であり、当時の建物はありませんが、秋に一般公開されているとの事ですので、詳しくは品川区のHPでご確認下さい。
 ※大井の別邸にあった恩賜館についてはコチラ⇒【明治記念館
別邸・鏡天井廊下
広縁の鏡天井は、幅1間近くある1枚板を使用。 これだけの大木は屋久杉か?
伊藤家別邸・床の間
1階大広間。この様な床の間と付書院の構成も珍しい。付書院奥の壁に飾り棚を置きたくなる。
別邸・2階床の間
離れ2階の座敷は一風変っている。 所々、下地の黒漆を研ぎ出し、根来塗りの様な床框。
別邸・2階欄間
 人が嫌がる木の節をわざと使い、皮付きの枝を棹縁にした天井。
この棹縁は1間半の長さで同じ太さ、はたして何の木だろうか。
伊藤博文生家
 隣にある建坪29坪の平屋で国指定史跡。 この家は、萩藩の下級武士・伊藤直右衛門(水井武兵衛)邸でしたが、父の十蔵が養子となり、一家をあげて移り住みました。
兵庫県知事となるまで、この質素な武家屋敷が伊藤博文の本拠となっていました。
 現在の建物は復元したものでありますが、名声を得た前後の2つの邸宅が隣り合い、
歴史的人物の暮らしぶりを想像する事が出来ます。

 伊藤博文は天保12年(1841)、現在の山口県大和町で百姓の長男「利助」として生まれ、嘉永2年(1849)に一家が萩に移り、安政元年(1854)に伊藤姓を名乗ります。 吉田松陰に学んだあと、尊皇攘夷の志士として活動。 明治維新後は兵庫県知事となり「博文」と改名。
官僚として鉄道建設も携り、明治5年に横浜-新橋間を開通させました。
 その後、初代内閣総理大臣・枢密院議長・貴族院議長・韓国統監となり、憲法発布・日英通商航海条約・下関条約を締結します。 過去には、文久3年(1863)に渡英し、明治4年(1871)に岩倉使節団の副使としてサンフランシスコで演説もしており、総理に選ばれたのも英語が堪能であったからといわれております。
 一方で好色家と知られ、宮武外骨の風刺画には、梅毒で鼻がもげた絵が度々出てきます。
 韓国の植民地化に反対していた伊藤でしたが、満州ハルピン駅で韓国の運動家によって暗殺され、69歳で亡くなりました。 志士として暗殺に関わり、最後は暗殺によって倒れる波乱の人生でした。

【2009年5月 訪問】


comment 0 trackback 0
2012.
03.11
Sun
建築年:1916年(大正5年)竣工 
所在地: 山口県山口市滝町1-1 TEL:083-933-2268
構 造: 煉瓦造 一部花崗岩貼り2階建、スレート葺き屋根  国指定重要文化財
設 計: 大蔵省臨時建築部(妻木頼黄よりなか部長・大熊喜邦・武田五一ほか)
開 館: 9:00~16:30
休 館: 月曜・祝日(子供の日・文化の日除く)・12月28日~1月4日
入館料: 無料
山口県旧県庁舎
 この山口県庁舎は大正2年から3年の工期をかけて完成されました。
その後、裏手に新庁舎が出来てから、昭和60年より「山口県政資料館」として開館。
平成10年より6年の工事を経て修復を完了し、竣工当時の姿に戻っています。
 妻木頼黄は、幻の国会議事堂の設計者として有名です。 自費でアメリカ留学しますが、帰国させられ、J・コンドルに学びます。 しかし、日本の教育では満足がいかず、退学して再び渡米。
 帰国後は、大蔵省臨時建築部で国会議事堂計画に参加するも、木造の仮議事堂の建設で終わります。  その後も何度か延期となった事で妻木は辞任し、大正5年(1916)に死去。
 しかし妻木は、東大寺の修復の他、日本橋・横浜赤レンガ倉庫・神奈川県立歴史博物館(記事⇒横浜正金銀行)など、現在の観光スポットとして有名な建造物を手掛けました。
山口県・旧県庁舎玄関
アールデコ調の玄関ホール 
山口県・旧正庁会議室
建物内で最も華やかな正庁会議室
山口県旧正庁・会議室出入口
政庁会議室出入口の装飾
山口県・旧知事室
旧 県知事室。 角部屋のため窓が多く明るい。 応接ソファ奥の部屋の角に知事席がある。
照明
庁舎内にある様々なデザインの天井中心飾り
山口県・旧県議事堂
 塔があるため、隣りの県庁舎より華やかで、貴婦人といった感じの議事堂。
国会議事堂の夢を詰め込み、小さいながらも気合が入っています。
議壇
議壇と議員席。
議場
国会議事堂と同様に吹き抜けになっており、報道・傍聴席が2階にある。
山口県旧議事堂・議員控室
議員控え室
県庁門
 この門は、山口屋形の藩庁門として、幕末(1864年)に建造されたものといわれ、県指定有形文化財となっております。
山口屋形は、城ではなく政務を取る場所と江戸幕府に報告し、強行で萩から移転した本拠地。
城ではないと言いながらも、この門の脇には堀があり、防衛も備えています。

  詳しくはコチラ→【山口県政資料館

 ここへ来る時は萩からバスに乗り、県庁前バス停で降りたのですが、帰りは電車を使いました。
県庁から徒歩20分でJR山口駅に到着し、新山口駅から宇部線に乗り換え草江駅に到着。
そこから500m程で山口宇部空港に着くのですが、駅から歩く人が少ないようで、空港への入口が分りにくいので要注意です。

【2009年5月 撮影】


comment 0 trackback 0
back-to-top