2017.
02.05
Sun
建築年:何度か再建・修復あり
構 造:木造3階建て
所在地:茨城県取手市取手2-9-1
公 開:毎年4月18日(11月にも建物内部を数日公開)
交 通:取手駅東口から徒歩5分
   ※詳しくはコチラ⇒【取手市HP
長禅寺三世堂
 取手に珍しい観音堂があり、毎年4月18日に本尊が御開帳されます。
この寺は臨済宗・大鹿山長禅寺と号し、観音堂に過去現在未来の仏像を三壇に安置した事から三世堂と称しますが、百体の観音像がある事から百観音堂とも呼ばれ、3階建でも上り下りの人が交らず参拝できる構造となっています。
慶安2年(1649)~江戸末期まで歴代の将軍より朱印状を受け、地元の人々にも馴染みの寺。 大正時代の文献によると、弘法大師の月命日21日、旧暦1/7及び7/16に鐳鉢灸行事(頭痛に効能有るが現在は行われていない)、相馬霊場八十八ヶ所巡りとして参拝者が訪れていたようです。
長禅寺三世堂・1階内陣
1階の内陣奥には守り本尊・十一面観音菩薩像(お姿を拝見できるのは4/18のみ)
手前の象の上には甘茶を満たした灌仏桶。 この日は境内で参拝者に甘茶が振舞われた。
長禅寺三世堂・1階回廊
1階の階段
長禅寺・2階回廊1
百観音(宝暦年間に奉納された鋳造仏像が多い):棚の上に賽銭が置いてあるが、下に賽銭受口がある
長禅寺三世堂・2階内陣
2階の内陣
長禅寺三世堂・2-3階段
2階の階段➀:仕切り板で参拝者を階段へと誘導している(階段➁もある)
長禅寺三世堂・2階回廊3
2階の階段➁
長禅寺三世堂・組物
2階回廊の天井廻り
長禅寺三世堂・3階内陣前
3階
長禅寺三世堂・窓
3階の丸窓: 窓枠は4つの木材を接合している
長禅寺三世堂・3階内陣
3階の内陣
長禅寺三世堂・欄干


 十一面観音菩薩像は、別の地にあった白山権現社に祀られていましたが、いつしか寺と共にこの地に移されたようです。
住職が口伝を基に享和元年(1801)3月付で書面にし、役人宛に提出したという「長禅寺地方用録」によると…観音堂は織部時平が文暦元年(1234)五間四面の堂宇を建立し、本尊・十一面観音を安置。 さらに、過去現在未来の三千仏を三壇に安置して三世堂と号し、その後の兵乱火災のため本尊を取り出し保管。 正徳・享保の頃より西国秩父坂東の百観音を奉造し、宝暦12年(1762)に堂宇も完成。3重に仏壇を構え、本尊百観音を安置。 寛政2年(1790)秋の大風で堂宇と百観音が大きな被害を受けたが、堂宇の部材を使って再建…となっています。 
伝承では宝暦12年(1762)完成、山川某申(山川村の大工?)とあり、白嗣殿と書かれた木札は宝暦13年(1763)となっており、堂宇と仏壇の完成年は違うのかもしれません。
 また、享和元年(1801)の棟札には棟梁 谷沢治部右衛門とあり、3階高欄の擬宝珠に寛政12年(1800)の刻銘がありますが、堂宇・仏壇が完成した竣工日は分かりません。 この様に竣工日については記録がない寺社も多く、屋根裏にある上棟時の棟札や新築奉納物、文献などで完成時期を判断するしかありません。
 その後も修理は行われており、寺の解説板によると…明治の修理(1900~1902)で銅板屋根の一部葺き替え(瓦棒葺き→平葺き)、3階廻り縁甲板の張り替え等を実施。 昭和の大修理(1971~1974)で、基壇石の積み直し、礎石の不同沈下修正、1階床を土間コンに変更、厨子や棚の修理、障子→硝子戸へ変更、壁の塗り替え、3階天井張り替え、小屋組と野地板の補修、屋根の葺き替え等…となっています。(2~3階床板はリノリウム貼に変更となっているが、現状は床板のまま)
長禅寺・山門1
長禅寺の山門(鐘樓)
長禅寺・山門2
【参考文献】
「常総鉄道名勝案内」1913 常総鉄道株式会社 
「取手市史 社寺編」1988 取手市史編さん委員会

【2016年4月 訪問】


スポンサーサイト
comment 0 trackback 0
back-to-top