2012.
02.05
Sun
 2月5日、友人の招待で「テーブルウェア・フェスティバル」へ行って参りました。(東京ドームで開催:2012年2月4日~2月12日)
日曜朝10時に待ち合わせすると、既に入口は女性達の長い行列。 ドーム内に入っても展示会場のグラウンドに行くには長い階段を降りなければならず、膝腰が悪い人には厳しいかも。
あまりにも数が多い為、ざっと見て廻りましたが、その中から気になった物だけを紹介します。
黒柳
黒柳徹子さんのテーブルコーディネート。 壁にガラス球が飾られている。
ガラス球
これは、正確には「ペーパーウェイト(重し、文鎮)」で、部屋の飾りとして楽しまれている。
世界中にコレクターがおり、10万円以上する物も多い。
球の中の花は本物か・ガラス製か遠くて判断できなかった。 花もガラスで出来ていればスゴイ!
ボール
使い方は??ニュンヘンベルグのアニマルボウル。 インテリアデザイナーのヘラ・ジョンゲリアスとのコラボレーションで、パリ装飾美術館に展示されているという。 手前のカタツムリが妙にリアル。 
照明
テーブルコーディネートコンテストのブースに飾られていた照明
 

 ランチはどこも女性陣でいっぱいだろうという事で、飯田橋方面まで歩くことにしました。
ウインズ後楽園の右隣の階段を下り、関係者用の駐車場を抜け、小石川後楽園(水戸藩の上屋敷跡。梅が有名)の横を通り過ぎると、外堀通りに辿り着きます。 そこを右に曲がって1kmほど歩き、歩道橋を渡って、さらに300m歩くと飯田橋駅西口/神楽坂下に着きます。
今流行の神楽坂でランチも良いのですが、私達はさらに東京日仏学院(現:アンスティチュ・フランセ東京)まで足を伸ばしました。(ここまで歩くとかなり大変なのでタクシーがおすすめです)
 ここには「ラ・ブラスリー」というフレンチレストランがあります。 そこで前菜orデザート+主菜+コーヒーのランチを戴きました。
水道橋・飯田橋周辺にはラーメン屋も多いので、手軽に食事を済ますことも可能。 どの場所にしても、閉店時間が早い店もあるので、事前によく調べる方が無難です。
ちなみに、私の好みは東京ドームシティにある、どうとんぼり神座の『おいしいラーメン』です。
魚
本日の魚料理は「スズキのムニエル」
肉
本日の肉料理は「豚肉のロースト」 マッシュポテトが美味い!

東京日仏学院「ラ・ブラスリー」  新宿区 市谷 船河原町15
TEL:03-5206-2741  定休日:月曜・祝日
ランチは11:45~14:30(L.O)、ディナーは18:00~21:00(L.O)

【2012年2月 訪問】

スポンサーサイト
comment 0 trackback 0
2011.
12.03
Sat
江戸小紋 
細かい穴をあけた型紙で、白い反物に糊付けし、染め抜くことにより文様となります。
小宮00
 
 小宮家は江戸小紋の型染め職人であり、2代目の康孝氏も人間国宝(重要無形文化財保持者)として、保存を続けていらっしゃいます。
※小宮康孝氏は平成29年10月24日(2017)お亡くなりになりました。 ご冥福をお祈り致します。
江戸小紋に使われる伊勢の型紙は、小刀などの道具による手作業で柿渋を塗った和紙に細かい穴を無数にあけて文様を作り出す、超絶技工により作り出されます。
 10年以上前に工場へ伺った際、今でも時おり使っているという昔の型紙を拝見させていただきました。
小宮さんは、それらの型紙がある事で伝統工芸士として仕事ができると話されていましたが、30㎝程の小さな型紙を繰り返し反物にのせる作業。 全ての柄を合わせ、目詰まりさせずに糊付けする作業は、かなり高度な技だと思いました。
今でも伊勢型紙職人に型紙を依頼し、新たな作品も制作しているそうです。
 その昔、江戸小紋は大名が着ていたため、文様によっては家紋を入れる事で略礼装に使えますし、「源氏香」「フグと茄子(福と成す)」などの洒落た文様は観劇や句会などに最適です。
作品を生で観たい・購入したいと言う方は、日本橋三越・日本橋高島屋などの有名店にて、ご覧いただけます。
 また、葛飾区 郷土と天文の博物館には、江戸小紋の生地見本が展示されております。
その他の展示室には、昭和30年代の町屋や工場を再現してあったり、太陽のライブ映像、天体望遠鏡の公開日の夜には宇宙を見ることも可能です。 さらに50分位のプラネタリウムの上映もありますので、ぜひおすすめします!

●葛飾区 郷土と天文の博物館
東京都葛飾区白鳥3-25-1 TEL:03-3838-1101
休館日:祝日除く月曜日、第2・4火曜日、年末年始
開館時間:9~17時(祝日以外の金・土曜日は21時まで)

  葛飾区 郷土と天文の博物館へ行った時の記事はコチラ→【郷土と天文の博物館


comment 0 trackback 0
back-to-top