2015.
07.20
Mon
                   ※他の建物や人物ついては、右上のブログ内検索でお探し下さい
建築年 : 不明。 昭和37年に改修
住  所 : 神奈川県 鎌倉市 長谷一丁目3番6号
構 造 : 木造平屋建て
設 計: 不明。 改修設計は吉田五十八
見 学 : 春と秋に一般公開 (団体は期間外の受付有り・有料)
交 通 : 江ノ島電鉄線由比ヶ浜駅~徒歩約7分 or 「長谷東町」バス停~ 徒歩2分
T E L : 0467-25-2030(鎌倉生涯学習センター)
 ※詳しくはコチラ⇒【吉屋信子記念館
吉屋信子邸
 吉田五十八が改修した建物が、幼い頃から各地を転々とした吉屋信子の、最後の住まいとなりました。 本人の遺志により、昭和49年1月に土地建物・備品・蔵書が鎌倉市に寄贈され、同年5月から吉屋信子記念館となっています。
吉屋信子邸2
 最初に建てた東京下落合の家は、大正15年に完成した洋風住宅で、門馬千代との二人暮らし。
さらに昭和10年、吉田五十八に設計を依頼し、牛込区砂土原町の新邸が完成しています。
この砂土原町の邸宅については、丹羽文雄の「新居」の中に、昭和11年5月に訪問した際の様子が書かれています。
 屋敷町にある吉屋邸は、門から玄関まで7~8間、竹が良い具合に植わるアプローチがあり、一枚硝子戸のある玄関で出迎えた秘書・門馬千代の事を「色の白い、肥った気さくな感じの中年の婦人」と著者は表現しています。 午後再び訪問し、やっと吉屋邸に上がった著者は、「廊下がいやに暗かった」と感じていますが、これは吉田五十八があえて意図した事でしょう。
ここからはそのままの文章でお伝えします。→ 「十二畳はたっぷりある見事な、派手な感じをぐっと押へた近代風と時代風の交錯したセットみたいな応接間であった。 天井も一枚に平面に葺いてあるのでなく、中央で洒落た変化を見せている。 ふんだんに敷きつめた絨毯、上品な黄色壁、一間半の本床~(略)一方の半間の床には吊り床があって、尺大の人形が飾ってゐた~(略)扉には角角に金具で装飾がうつゝけられてゐ、窓は武者窓のやうに格子が六角?で横に渡してあった。」
 また、吉屋信子はこの家の事を「フランスから帰って来た當時、あちらの洋館を眞似て建ててみたんだけど、気持ちがしっくりしないのよ。今度これを建ててみて、はじめて自分の家といふ感じがしてよ。」と語っています。(※1)
 さらに信子は、昭和14年に鎌倉に別荘を持ち、昭和19年から疎開していましたが、昭和20年の東京大空襲で砂土原町の本邸が焼失。
昭和25年12月に東京(千代田区二番町)に戻りますが、昭和37年4月に再び鎌倉に住まいを移します。 それがこの邸宅であり、終の棲家となりました。 既存の建物を10m山側へ移築し、吉田五十八が改修設計したものです。
吉屋信子邸・外部
左: 寝室前にある金物。 軒スダレの様な物を掛けたのか?
右: 玄関ポーチの照明
吉屋信子邸・裏
左: 建物裏側。 書斎前に藤棚がある。     右: 勝手口側
吉屋信子邸・勝手口
左: 勝手口                     右: 扉の覗き窓
ガムテープは厳禁! セロテープでも長年経つと粘着剤が取れず、養生テープも日焼け跡が残る。 防虫・殺虫スプレーも変色する恐れがあるので、無塗装の柱など直接かからないように。
吉屋信子邸・玄関内
左: 玄関ホール             右: 玄関の床は仙台石の四半敷き吉屋信子邸・玄関天井
玄関の天井材(オリジナル?)は、挽いたままの杉板に、杢目が透けるよう塗装。 敷目に白い棒を挟む。
吉屋信子邸・応接間
応接間の天井は、唐紙の網代張りに銀色の底目地。
ソファーは吉田五十八のデザインと云われているが、コンセントが隠れているので配置が違うか、デザイナーが違うかもしれない。
吉屋信子邸・応接間1
応接間の出入口付近にある飾り棚。 展示ケースの裏にダイニングがある。
吉屋信子邸・照明
照明
吉屋信子邸・食堂
ダイニング: パネルの後ろに、食器の受け渡しが出来る開口部がある。
吉屋信子邸・和室
和室: 応接間よりも床を上げ、ソファとの目線を合わせている。 床柱はない。
吉屋信子邸・和室欄間
和室の天井は、クロスの目透かし張りに、吹寄せの竿縁。 鴨居の束は金具。
吉屋信子邸・書斎1
書斎: 雨戸・網戸・硝子戸・雪見障子を戸袋に全て収納できる
吉屋信子邸・書斎2
書斎の造り付け収納扉はクロスで統一。 着物は吉屋信子の遺品。
吉屋信子邸・寝室1
寝室: 造り付けの化粧机は、猪俣邸(1967)でも採用   (非公開区域)
吉屋信子邸・寝室2
寝室                    (非公開区域)
吉屋信子邸・寝室BOX
ホテルの寝室の様にベッドの間に棚を設け、明かりが灯る。 (非公開区域)
吉屋信子邸・庭2
左: 庭にある築山         右: 岩のサークルは火口か? 富士講?
吉屋信子邸・庭1
左: 庭の茂みに隠れていた鬼?の灯篭     右: 亭は吉田五十八のデザインではない
吉屋信子邸・門


 吉屋信子は、明治29年1月12日に新潟県警務課長であった吉屋雄一の長女として生まれ、新潟や栃木の郡長となった父と共に住まいを転々とします。 栃木高等女学校(現:栃木女子高校)在学中に、「少女界」の懸賞に応募し、「鳴らずの太鼓」が1等を受賞。 卒業後は日光小学校代用教員として働くも、すぐに退職。
 大正4年9月に帝大生の三兄・忠明を頼って上京し、その翌年から少女画報で「花物語」の連載が始まります。 兄が卒業すると、キリスト系の寄宿舎から玉成保母養成所に通いますが、大正8年5月に兄・忠明を再び頼って北海道の利別太(現・池田町)に移り、そこで「地の果てまで」を執筆(7月脱稿)。 7/31に父が亡くなり、母や弟と宇都宮で暮らしていましたが、大阪朝日新聞の懸賞に応募した「地の果てまで」が、翌年から連載となります。
 大正9年秋に家族と共に上京し、長兄宅に住んでおりましたが、大正10年4月に東京に戻った三兄・忠明の元に再び身を寄せます。 大正13年から母親との二人暮らしで不入斗(現・大森北5丁目)いわゆる馬込文士村に住み、宇野千代、村岡花子、佐多稲子らと交流。
吉屋信子の主な作品は「花物語」、「鬼火」、「安宅家の人々」、「徳川の夫人たち」等。 第4回女流文学者賞・第15回菊池賞を受賞しています。
その中でも鎌倉を舞台とした作品は、「茶盌」と「媼の幻想」があり、その「媼の幻想」には、疎開先の話として母親と同居人らが出てきます。
 その同居人・門馬千代は、大正12年に主婦之友記者の山高しげりの紹介で信子と出会い、女学校の数学教師を辞めて秘書兼家事手伝いに、後に養子となりました。 昭和5年発行の雑誌の対談で、吉屋信子と門馬千代子(当時は、2文字の名前に子を付けて通称とした女性が多かった)が参加しており、千代お手製の服を着た2人の会話で、「襟の所が気に入らない」という信子に対し、千代は「顔の大きな人には襟のつまった形は似合わない」と返答。 本音を言い合える関係であった事がわかります。(※2)
 吉屋信子は、千代と姪に見守られながら、昭和48年7月11日に他界し、鎌倉大仏がある高徳院墓地に眠っています。

【参考文献】
「鬼火・底のぬけた柄杓」 吉屋信子 2003 講談社
鎌倉文学館 「吉屋信子展」 図録 1989
※1 「新居」 丹羽文雄 著 1936 信正社
※2 婦人之友24-5 「如何に洋服を着るべきか」 1930/05 婦人之友社

【2014年 10月訪問】



スポンサーサイト
comment 0 trackback 0
2015.
07.05
Sun
建築年 : 昭和20年~30年代
構 造 : 木造2階建て 
所在地 : 東京都 台東区 柳橋1-28-8
交 通 : JR・都営地下鉄「浅草橋」駅~徒歩5分位
T E L : 03-5833-0936
          ※詳しくはコチラ⇒【ルーサイトギャラリー
市丸邸
 一見、料亭にも見えるこの建物は、芸者歌手・市丸のかつての住まいであり、2001年からは『ルーサイトギャラリー』となっております。
2度目の訪問である今回、店主に許可を取り撮影させていただきました。
市丸邸・玄関1
 市丸は、信州松本で『後藤まつゑ』として生まれ、浅間温泉で花柳会に入門し、上京して三味線と唄を習い浅草芸者となります。 その美貌と唄声が日本ビクターの目に留まり、専属歌手となってから、「ちゃっきり節」、映画〈旅は青空〉の主題歌「青空恋し」、「三味線ブギウギ」等のヒット曲を連発。 映画にも出演しています。
 また、昭和7年に来日したチャップリンの写真に、三味線を教える市丸が写っています。 当時の芸者はアイドル並に人気があり、ポスターモデルで有名な赤坂の萬龍は建築家・岡田信一郎と、歌手の新橋 喜代三は作曲家・中山晋平と結婚。 小田原の栄は小津監督と逢瀬を重ね、市丸も近衛文麿の妾であったと云われています。
 戦時中の市丸は、軍の慰問活動をしながら数々の曲を唄い、戦後になってこの家を建て、暮らしていたようです。 その後、17世・中村勘三郎 公認で、市丸が江戸小歌中村派17世家元を襲名。
第22回 日本レコード大賞特別賞、紫綬褒章、勲四等宝冠章を受章。 華やかな人生を送った市丸は、平成9年2月17日に他界しました。
 市丸の死後、功労を称えて平成16年に創設された「市丸賞」(ビクター小唄奨励賞)が、毎年7月に日本伝統文化振興財団主催「ビクター名流小唄まつり」の最優秀者に与えられます。(※1) 
市丸邸・玄関2
表玄関の仕上げ
市丸邸・廊下
左: BARコーナー                
右: 廊下から表玄関方向を見た様子。 玄関横には蔵がある。
市丸邸・電話室
左: 電話室には市丸のポスターが。       右: 1階トイレ。 衛生陶器は東洋陶器製
市丸邸・玄関ホール
内玄関前の廊下
市丸邸・和室1
和室
市丸邸・1F3
1階はギャラリースペースになっている。
市丸邸・1F1

市丸邸・建具1
1階ギャラリースペースにある建具。
ドアのガラスも右の建具も、無双窓形式に横にスライドして風を通す。
市丸邸・建具2
左: 他の部屋にある建具も無双窓形式      右: ギャラリーにある雪見障子
市丸邸・2F1
2階の部屋はカフェとして不定期に営業。 個展開催中に営業している場合が多い。
                         ※詳しくはコチラ⇒【ルーサイトギャラリー
市丸邸・2F2
5月の訪問時、テラス席は既に先客がおり、室内の古めかしいソファで珈琲とケーキを堪能。
このカフェは、家具も食器もアンティーク物を使っているので、大事に扱いたい。
市丸邸・2Fトイレ1
左: 2階トイレの衛生陶器も古い。        右: 手洗い所
市丸邸・2Fトイレ2
上: 手洗い所のタイルは、職人が手作業で加工しカーブに合わせている。
中: 2階便所内の小型手洗い器の東洋陶器のマークは、第二次世界大戦中・終戦直後~
    昭和36年まで使用されたもの。 敵国のCO.LTD.を使わないKAISHAの表記名で、
    1階の手洗い器も同様のマーク。(※2)
下: トイレの照明も当時の物のようだ。
隅田川
テラスから眺めた風景。 背後には総武線の鉄橋が架かる。


 江戸時代この界隈には、隅田川(浅草川)から運び入れた年貢米を納める浅草御蔵や米問屋があり、両国橋を題材に浮世絵が描かれ、広重の作品「両国大花火」には浅草御蔵も登場します。
 また、隅田川と神田川の合流点には幕府の矢蔵があり、神田川の柳橋付近は花街として賑わい、船宿や料亭が建ち並んでいました。
 明治11年(1878)になると、浅草御蔵の地に大蔵省常平局の本局が設置され、米蔵を引き継ぎ、米価の調整を行っていましたが、大正時代には米蔵が2~3棟となり、それも関東大震災で焼失しています。(現・浅草中学校付近)
 一方で、柳橋の花街は戦後も景気良く、昭和30年代に全盛期を迎えたものの徐々に衰退し、平成11年に花柳界が無くなり、最後の料亭となった「稲垣」も2011年に解体。
 現在の浅草橋・蔵前付近はビルやマンションが建ち並んでいますが、人形問屋も点在し、2度目に訪れた1月には雛人形を買い求める人々で賑わっておりました。 色柄を選べる半オーダー制の人形もありますが、娘や孫が幸せになるよう願いを込めれば、どの人形でも良いのでしょう。
柳橋
柳橋: 元禄11年(1698)に建設され、『川口出口之橋』とも、幕府の矢蔵があった事から『矢之倉橋』『矢之城橋』とも呼ばれていたが、橋のほとりの柳から、いつしか『柳橋』となったと云われる。 現在の橋は昭和4年に架けられた(ローゼ形式)もので、戦災を免れ現在に至る。(※5)
料亭や船宿はビルへと変わってしまったが、屋形船や釣り船が今も変わらず係留されている。
柳橋・小松屋
佃煮の小松屋。 値段が高かったので諦め、近くにある梅花亭で、三笠山(どら焼き)と子福餅を土産に買う。 さらに、江戸通りにある柳ばし逸品会で、花柳界でご進物に使うという菓子や珍味を購入したら、佃煮を超える購入金額になってしまったが、一口サイズの乾き物が美味い!
以前、銀座のママさん御用達と聞いた、瑞花のおかきも美味しかったので、お姐さんが選ぶ土産は間違いないとみた。
 2度目に訪問した日は真冬で、私が立ち食いした鳴門たい焼き本舗の、熱々の金時餡たい焼きが美味しかったこと! 歩き廻って体と懐は冷え切ったが、浅草橋駅界隈はグルメの宝庫であった。
浅草橋
左: ひっそりと残る茶屋?の跡           右: 柳ばし逸品会の珍味

【参考文献】
(※1) 「ビクター名流小唄まつり」 日本伝統文化振興財団 HP 
(※2) 「TOTO衛生陶器の商標変遷」 TOTO HP 
(※3) 「浅草御蔵跡」 国税庁HP 
(※4) 「町会の歩み」柳橋町会HP 
   ↑ クリックすると各頁へ飛びます
(※5) 台東区教育委員会・柳橋解説板

【2014年5月・2015年1月 訪問】


comment 0 trackback 0
2015.
07.04
Sat
建築年 : 大正元年(1912)、 改修あり(1989・2006)
構 造 : 木造2階+地下1階 
設計施工: 不 明
所在地 : 神奈川県 中郡 大磯町 大磯1007
交 通 : JR大磯駅~徒歩1分
TEL :  050-3385-0013
          ※詳しくはコチラ⇒【大磯迎賓館
大磯迎賓館
 2014年10月の「大磯うつわの日」に、結婚式やギャラリーに利用されている大磯迎賓館で、作家達の作品展が開催されました。
この洋館は、現存するツーバイフォー工法の住宅として、日本最古と云われております。 木下建平が、アメリカ帰りの建築家に設計を依頼し、別荘として大正元年(1912年)に完成。 その後、山口勝蔵の所有となったとの事。
住宅としての使命を終えた後は、長期に亘り、レストラン「ドゥ ゼアン」として使用された後、2007年からリストランテ「VENTO MARINO(ヴェントマリーノ)」となっていましたが、2010年11月閉店。 住民による保存の声が高まり、2010年に大磯町が土地・建物を取得。 『大磯迎賓館』と命名され、活用事業者を2012年4月に募集しました。 その用途は、カフェ・レストラン・ウェディング・イベント・カルチャースクール・大磯の歴史建築資料室・撮影・レンタルスタジオに限定。 審査基準としては、①建物の価値を高めるための提案があるか。 ②町民や大磯町への来訪者への公開の措置が提案されているか。④新たな大磯町のランドマークになり得るか…等。 また、応募者が提示する賃料も審査の対象となったようです。
 そして、2012年に現在の事業者(インターナショナル青和)に決定。 契約締結日から平成29年7月31日まで、定期建物賃貸借契約が締結されました。
大磯迎賓館2
玄関脇にある小屋は、現在はトイレになっている。 

大磯迎賓館・建具
左: 小屋の窓には当時のステンドグラスが。   
右: 主屋の裏口は、別棟のレストランへと繋がる。
大磯迎賓館・灯篭
裏庭にある灯篭と井戸。 以前は日本庭園があったのだろうか?
灯篭の火袋には、鈴?と力士?の彫りがある。
大磯迎賓館4
裏口の階段

大磯迎賓館1F1
1階北側の部屋 (現:レセプションルーム)

大磯迎賓館・室内
西側の部屋    (左: 1階、 右: 2階)

大磯迎賓館・廊下
左: 1階の廊下                   右: 2階の廊下

大磯迎賓館・階段
左: 2階への階段            右: 屋根裏(非公開)への階段

大磯迎賓館2F2
2階北側の部屋

大磯迎賓館2F1
2階南側の部屋 (現:VIPルーム)

大磯迎賓館・サンルーム
2階サンルーム (現:ラウンジ)
大磯迎賓館・サンルームガラス
サンルームのステンドグラス。
色ガラスの華やかさはないものの、ガラスの気泡を間近でじっくりと見たくなる。
大磯迎賓館・天井
照明は変更されているが、天井の装飾や換気口は当時の物が残る。
大磯迎賓館3

 この建物の施主・木下建平については、詳細は不明。
2人目の所有者・山口勝蔵は、明治17年に東京の銀座で山口勝蔵商店として、工作機械・工具の販売を開始し、一時は自動車の輸入も行っていたようです。 日本自動車博物館に所蔵されている、フランス製ベルリエVE型(1922/大正11年)は山口勝蔵が自宅に保管していた車で、皇族や名士に貸し出していたとの事。 現在の会社は、クレーン機械メーカー・山勝工業㈱として銀座に本社を置いています。

【参考文献】
大磯町 HP
山勝工業㈱ HP

【2014年10月 訪問】


comment 0 trackback 0
back-to-top