2017.
06.27
Tue
建築年:昭和11年(1936)
構 造:鉄筋コンクリート造2階建、一部地下あり
設計施工:設計は三苫繁實(長野県営繕課)、施工は岡谷組
所在地:長野県岡谷市幸町8-1(岡谷市役所前)
アクセス:JR岡谷駅~徒歩約20分

旧岡谷市役所
 2016/7/2に市制施行80周年の記念事業として旧岡谷市役所庁舎が1日だけ公開されました。
通常は一般公開されておらず、現在は(公財)おかや文化振興事業団の事務所となっています。
旧岡谷市役所2
 昭和11年に平野村が岡谷市になる事となり、製糸家・尾澤福太郎が私財を投じて市庁舎を建設して市に寄付。
昭和10年6月着工、昭和11年3月に竣工、落成式が5/23に行われています。
そして昭和62年まで市役所、平成27年まで消防庁舎(岡谷消防署)として使用されました。
旧岡谷市役所・玄関タイル
玄関タイル
旧岡谷市役所・1F
左:公衆溜り                右:カウンターは増設されている
旧岡谷市役所・事務室
事務室裏手
旧岡谷市役所・便所/電話室
左:便所                    右:電話室
旧岡谷市役所・1F村長室
1F村長室(畳敷きに改修)
旧岡谷市役所・1F食堂
1F食堂
旧岡谷市役所・1F宿直室
1F宿直室
旧岡谷市役所・1F宿直室床の間
1F宿直室:立派な床の間付き
旧岡谷市役所・階段①
階段➀
旧岡谷市役所・平面図1F
1F平面図 (パンフレットより)
旧岡谷市役所・平面図2F
2F平面図 (パンフレットより)
旧岡谷市役所・2F議場
2F議場
旧岡谷市役所・古写真
議場の古写真  ※展示パネルより
旧岡谷市役所・2F議場の枠
左:議壇はなくなっている              右:丸窓
旧岡谷市役所・映写室
左:映写室                    右:屋根は鉄骨組
旧岡谷市役所・2F議場控室
左:議場控室(どの部屋も天井が高い)扉の奥は議場であったが部屋に改造している
右:腰壁の板   
旧岡谷市役所・2F貴賓室
2F貴賓室
旧岡谷市役所・2F議員室①
2F議員室①
旧岡谷市役所・2F議員室②
2F議員室②:床の間があるが畳敷きではなかった
旧岡谷市役所・2F委員室①
2F委員室①:こちらも畳敷きではなかった
旧岡谷市役所・階段②
階段➁
旧岡谷市役所・左玄関
左玄関の扉とホール
旧岡谷市役所・外壁
スクラッチタイルとボイラー用の煙突
タイルは信州・高遠町の丸千組(高遠焼)の物だという
旧岡谷市役所・外壁2


 尾澤福太郎は万延元年(1860)岡谷村で金左衛門の長男として生まれ、家業の尾澤組(カクキ)を経営。 大正12年に㈱尾澤組となった会社が、さらに片倉製糸紡績会社と合併して常務取締役に就任しました。
尾澤家は金蔵の代に坐繰製糸を成し、金左衛門が明治9年に坐繰を廃して工場を建設。 生糸の統一を計るため片倉と林で開明社を創業し、共同揚返所を設けます。 社長は片倉や林と一年交代制で務め、諏訪薪炭㈱設立、郵便局設置・中央線の開通を薦めました。
 品性高尚な母に育てられたという若い頃の福太郎については、「其豊頬愉顔なる福象は眉の間に、温良謹厚にして至誠至孝なる天然の美質は妙に其慈惰を表し、真を写して人を動かしむ。恰も鼠を捕る猫は爪を隠すと、翁に代わりて掌司す。」と表現され、弟の琢郎や亮一と共に事業を継承していたようです。(※1)
尾澤福太郎の銅像クリーニング
尾澤福太郎の銅像(岡谷出身の彫刻家・武井直也作)が武蔵野美術大学によってクリーニングされていた
マル千小口店
岡谷駅へ向かう途中にある立派な蔵を持つ店 
かつてマル千小口(岡谷市幸町6-27)という店であったようで、窯業/金属業となっている。
スクラッチタイルは使われていないが、これも丸千組と何か関係があるのだろうか?

【参考文献】
諏訪総合設計㈱HP「正博の建建諤々」(2003耐震診断)
(※1)「日本製糸業の大勢 : 成功経歴」岩崎徂堂 編 1906 博学館

【2016年7月 訪問】


スポンサーサイト
comment 0 trackback 0
2017.
06.13
Tue
建築年:昭和7年(1932)
構 造:1階はRC造、2階は木造
所在地:東京都日野市日野本町7-12 仲田公園内
交 通:多摩モノレール甲州街道駅~徒歩約12分 or、JR日野駅~徒歩15分
公 開:年1回位(日野市が所有、日野市産業まつり等で公開)
日野桑園第一蚕室・南面
 こちらは桑や蚕の品種改良・生育研究などをしていた国立の蚕業試験場分室の建物でした。
現在は日野市所有で通常非公開ですが、仲田の森遺産発見プロジェクト等により、調査や見学会(不定期)が実施されてきました。
現在は年1回程度、11月に行われる日野市産業まつりで1階のみ公開されています。
日野桑園第一蚕室・北面
北面は窓が大きく、庇が長い
日野桑園第一蚕室・軒天
軒天に残る屋根裏換気口?
日野桑園第一蚕室
玄関
日野桑園第一蚕室・事務室
事務室
日野桑園第一蚕室・廊下
蚕室の両側にある廊下
日野桑園第一蚕室・蚕室
蚕室
日野桑園第一蚕室・炉
蚕室を暖める炉は埋薪法(薪の上に籾殻)を採用。 後に電熱線→室内ヒーター(夏は水冷)→温風機に変更
日野桑園第一蚕室・ラジエーター
ラジエーター式ヒーター(夏は水冷)
日野桑園第一蚕室・天井
蚕室天井:開口部は換気と物の出し入れ用
2階は一時、上簇(回転まぶし)の時に使用したが、それ以降は物置だった
日野桑園第一蚕室・作業室
作業室(2F大広間の物置は非公開)
日野桑園第一蚕室・作業室2
作業室:左手に火起場と桑貯蔵室、右手は蚕室
日野桑園第一蚕室・火起場
火起場にあるボイラーで湯を沸かし、蚕室のヒーターに使用
日野桑園第一蚕室・配置図
展示されていた配置図:第6蚕室(通称・かっぱハウス)は2011年に解体
日野桑園第一蚕室・図面
当初の配置図と第一蚕室1F平面図 ※展示パネルより
1Fは事務室・蚕室・作業室・桑貯蔵室・火起場(ボイラー室)
2Fは倉庫、東西方向はバルコニーになっていた(現在、西側に屋根がかかる)
日野桑園第一蚕室・庁舎跡
庁舎(竣工1936頃)の基礎跡
仲田公園・湧き水
西門付近にある湧き水:現在はポンプUPしているようで水の勢いが良い。 飲用水ではないが地元の方がペットボトルで水を汲んでいた。
精進場
近くにある精進場跡:用水の合流地点はかつて池の様になっており、参拝者が霊山へ登る前に体を清めた場所だという
日野本陣
日野宿本陣:かつて八王子千人同心が暮らしていた日野には、春日隊・新選組に関する資料館が点在する


 東京の高円寺にあった農林省『蚕業試験場』が、昭和3年頃(1928)この地に研究部門の分室と第一桑園を設置。 敷地内には調査室や寄宿舎があり、近隣には第二桑園(石田)・第三桑園(谷戸上)がある広大な試験場でした。
日野地域は地下水が高く、高温多湿・干ばつ・9月に長雨と、桑の育成にはやや不利でしたが、土壌改良と消毒効果で徐々に好転します。
 高円寺の本場『蚕業試験場』は、明治 44 年(1911)農商務省『原蚕種製造所』として設立。 大正3年(1914)農林省『蚕業試験場』になり、昭和12年『蚕糸試験場』と改称。 昭和 55年に筑波へ移転するのにともない、この日野桑園も閉鎖されました。 そして、高円寺の跡地は蚕糸の森公園となり、日野の跡地は仲田公園・仲田小学校・ふれあいホール・スポーツ公園となりました。
 かつての蚕業研究は盛んで、国立・県立・私立による蚕糸試験場と飼育所が全国各地にありました。 しかし、昭和32年からの『なべ底不況』で市場価格が暴落し、政府が生糸買い上げを行った結果、在庫を抱えて桑園の減反へと政策が変更されます。
これにより昭和33年(1958.10.1)国立の蚕糸試験場は大幅な組織改革が行われました。
◇4支場は改称(福島→東北、松本→中部、綾部→関西、熊本→九州)
◇明石支場は廃止
◇その他の支場と飼育所も廃止だが、全部又は一部の施設を利用(新庄支場→新庄原蚕種製造所、前橋支場→養蚕部、武豊支場→本場附属武豊試験地、宮崎支場→宮崎原蚕種製造所、四国飼育所→関西支場四国試験地、山川飼育所→九州支場山川試験地、小淵沢飼育所→小淵沢原蚕種製造所)
◇岡谷製糸試験所は整備強化を図る(元は日本蚕糸統制㈱の検査所であり、解散したため昭和22年に農林省へ移管)
 その後も業務変更/廃止/改称/移管が実施されるなか、日野桑園は蚕糸試験場の分室として残っていましたが、昭和 55年に本場が筑波へ移転するのにともない日野桑園も閉鎖されました。
ちなみに現在、日野桑園第一蚕室以外に公開されている国立蚕糸試験場の建物は、「前橋市蚕糸記念館」として敷島公園バラ園内に移築復元された前橋支場本館(明治44年竣工)と、「原蚕の杜」の中に現存する新庄支場の建造物一群(昭和9~12年竣工)となっています。
※岡谷製糸試験所の跡地は岡谷蚕糸博物館となり、工場では実際に稼動している製糸機械などを見学できます。
桑

【参考文献】
蚕糸研究68「蚕糸試験場日野桑園における飼育成績17年間の推移」原田忠次 著 1968 農林水産省蚕糸試験場
「農林水産省における蚕糸試験研究の歴史-Ⅷ.蚕糸試験場(昭和12年)」北村實彬・野崎稔 著 2004 農業生物資源研究所 
「旧蚕糸試験場日野桑園第一蚕室(桑ハウス)保存活用に向けた復原調査報告書-改訂版-」2015 仲田の森遺産発見プロジェクト

【2015年11月 訪問】


comment 0 trackback 0
back-to-top