2017.
07.24
Mon
所在地:新潟県柏崎市大字新道5212-4
公 開:9時~17時、 有料
休館日:月曜・12月~3月 
アクセス:JR信越線柏崎駅~ 北越後観光バス野田行き約30分~駐在所前バス停~約3分
TEL:0257-20-7120
  ※詳しくはこちら⇒【飯塚邸
飯塚邸
 柏崎の大地主・飯塚家の本家の屋敷であり、江戸時代末期に建てられた主屋を中心に増改築を重ね、大正時代の新座敷棟2階が昭和天皇の行在所となりました。
飯塚邸・庭園
昭和天皇が『秋幸苑』と名付けられた庭園
飯塚邸2
庭園側に式台がある
飯塚邸・式台
式台:昭和天皇はこちらを使用されたのだろうか
飯塚邸・玄関
表玄関も立派
飯塚邸・表座敷
主屋の座敷
飯塚邸・奥茶室
奥茶室(小間の茶室は別にある)
飯塚邸・茶室棟
左:奥茶室の前にある石は佐渡の赤石か?
右:奥茶室の便所
飯塚邸・茶の間
主屋の茶の間
飯塚邸・2階
昭和22年(1889.10.10‐10.11)昭和天皇の行在所となった新座敷棟2F
飯塚邸・2F御座所
家具も当時の物が残る
飯塚邸・2F古写真
当時の写真                    ※展示パネルより
飯塚邸・2F化粧の間
新座敷棟2F化粧の間
飯塚邸・2F書斎
新座敷棟2F書斎
飯塚邸・2F部材
新座敷棟2Fの天井材と床材
飯塚邸・新座敷1F
新座敷棟1F
飯塚邸・浴室
洗面所と浴室
飯塚邸・電燈昇降器
蔵に展示されていた大島式電燈昇降器


 柏崎の名士であった飯塚彌一郎(1852‐1923)は柏崎銀行の頭取、日本石油などの役員を務め、弟は山田順一(衆議院議員)と渋谷善作(長岡商工会議所会頭・県会議員)、親戚に関矢孫左衛門/忠靖(森林運動家・衆議院議員)や内藤久寛(日本石油社長・衆議院議員)がおります。
 内藤久寛の著書(※1)によると、彌一郎は父を早く亡くし家督を継いで色々苦労した人で、親戚に対しても親切に世話してくれたとの事。
彌一郎の長男が病死し、次男である知信が飯塚家の本家を継いだと書かれています。
 その飯塚知信は明治25年に生まれ、早稲田大学卒業。 高田村長や貴族院議員となり、東京牛込榎町に別邸もあったようです。
また柏崎農業高等学校のために所有地を県へ寄付するなど、数々の公的援助もしました。
飯塚邸・庭石
【参考文献】
「中支皇軍慰問行」1940 越後タイムス社
「刈羽郡案内」関甲子次郎 著 1976 柏崎市立図書館
※1「春風秋雨録」内藤久寛 著 1957 春風秋雨録頒布会

【2016年8月 訪問】


スポンサーサイト
comment 0 trackback 0
2017.
07.16
Sun
鉄道
 まず東京から新潟へ向かうには、新幹線が早くて便利。 JRえきねっと『トクだ値(特急券+乗車券込み)』で安く切符を取りましょう。
しかし北陸新幹線が2015年開通して直江津・高田方面行きのJR信越本線が廃線となりました。 そちらの方面へ行く場合は第3セクター鉄道を利用します。
JR北陸新幹線「上越妙高駅」→えちごトキめき鉄道・妙高はねうまライン「高田」「直江津」駅。 またはJR上越新幹線「越後湯沢」駅→北越急行ほくほく線も時間は掛かりますが安く行けます。 
ただしJR線が分断されているため青春18キップやJRフリー切符が使えない場合があるのでご注意ください。
 裏技としては新潟県内で販売される『えちごツーデーパス』があります。(利用可能日が増えて以前よりも使いやすくなりました!)新潟県内JR線/妙高はねうまライン/ほくほく線が、金土日祝GW夏休み年末年始の連続する2日間が乗り放題となり、特急券を購入すれば特急(新幹線含む)にも乗れます。 さらに駅の貸し自転車(無い駅も有り)も無料で利用可能ですので、新幹線下車駅(新潟県内)で乗車日にこの切符を購入しましょう。
 喜多方・会津方面の『会津ぐるっとカード(2日間)』、鶴岡・酒田方面の『きらきら日本海パス(2日間)』、高速バス等を組み合わせれば行動範囲もさらに広がります。
例えば新幹線『えきねっとトクだ値』を使って金曜日に越後湯沢や新潟に泊まり、翌日から『えちごツーデーパス』で新潟を周遊、さらに『会津ぐるっとカード』や『きらきら日本海パス』で福島や山形まで周遊・・・という方法もあり。 よく調べて、お得に旅を楽しみましょう。
SLばんえつ物語
 さらに新潟から喜多方・会津方面へ向かう場合は、土日であれば是非ともJR磐越西線『SLばんえつ物語号』に乗ってみましょう。乗車券+SL指定席520円で乗車できます=SL指定席は1駅でも同額。
(えちごツーデーパスは、指定席料+野沢駅からの乗越し料金を払えば喜多方・会津若松までSLに乗車可)
SLばんえつ物語車内
SLばんえつ物語号の車内
お座トロトロッコ展望席
会津鉄道お座トロ展望列車の展望席

 会津に着いたら会津鉄道お座トロ展望列車に乗ってみましょう。 4月~11月の土日等に運行。 堀ごたつの付いた座敷車両・トロッコ車両・現代的な展望車の3両編成となっています。
通常の乗車券以外に310円の整理券が必要となり、旅行代理店やJR東日本みどりの窓口などで整理券を販売しています。(Webや電話の発券不可)
トロッコ車両は子供連れの家族で賑わい、お座敷車両とは別空間。 窓がないのでトンネル内では轟音が響きますが、ヒンヤリとした空気で避暑に最適です。
お座トロトロッコ電車・運転席
会津鉄道お座トロ展望列車の運転席
塔のへつり1
いよいよ目的地の「塔のへつり駅」に到着。 駅を降りて坂道と階段を下っていくと、奇岩が連立する渓谷に到着します。

 鉄道の旅で不便なのは、駅から目的地までの距離がある場合。
事前に予約しておけば、湯野上温泉駅前からレトロ風バスで大内宿に向かう事が出来ます。
(資)広田タクシーのバス「猿游号」1日8便、1日券:大人1000円、0242-75-2321(※塔のへつり駅発は無くなりました)
山形屋
 大内宿では茅葺きの建物で飲食を楽しめますが、私達が選んだ店は「山形屋」でした。
座敷で蕎麦の手打ちを眺めながら、こんもりと盛られた蕎麦でお腹も満足。
天然水のかき氷も美味しそうだったのですが名品は何といっても『栃餅』でしょう。
きな粉をまぶした温かい餅で、お腹いっぱいのはずがあまりの美味しさにペロリと食べてしまいました。
囲炉裏ではこの家のおばあちゃん(100歳超え!)が店番をしていて、とても親しみのあるお店でした。
湯野上温泉・中
 帰りも猿游号に乗り、20分程で湯野上温泉駅に到着。
茅葺きの駅舎の中には囲炉裏も造られ、駅外に足湯施設も出来ました。
湯野上温泉駅
【掲載写真は2012年8月撮影】
※2012年の記事を最新情報(2017年)に更新して掲載しております。

 
comment 0 trackback 0
2017.
07.09
Sun
建築年:明治後期
設計施工:設計者は不明、棟梁は14代 伊藤佐久ニ
所在地:岡谷市御倉町2-20 
見 学:9:00 ~16:30(12/1~2/末は16:00まで) 有料
休館日:水曜日・祝日の翌日・年末年始
TEL:0266-22-2330
アクセス:JR岡谷駅~徒歩約 5分
  ※詳しくはこちら⇒【岡谷市HP
旧林家住宅
 製糸場・鉄砲店を営んでいた初代・林国蔵(1846-1916)の本邸で、約10年の歳月を掛けて完成したと云われています。
林家が東京へ本居を移した後この建物は別荘となっており、普段は管理人だけが常駐していました。
昭和62年に所有者の(イチヤマカ)一山カ林合名会社から土地売却の申し出を受け、平成元年に岡谷市が買収(建物・調度類は寄贈)、修復工事が行われ、平成6年から一般公開されています。
旧林家住宅・蔵

旧林家住宅・蔵2
外蔵: 繭の貯蔵用として明治26年頃建造。 殆どの部材がカツラを使っているため桂倉とも呼ばれている。 
旧林家住宅・洋館1
洋館:昭和3年に敷地の隣にあった旧イチヤママル製糸所(ヤマトモ岡谷製糸)が火事になって洋館屋根が類焼し、瓦屋根→金属屋根に改修。 外壁の色が一部違うのは平成の修復工事によるもの。
旧林家住宅・洋館装飾1
外壁はセメン漆喰
旧林家住宅・洋館装飾2
乙女チックな装飾
旧林家住宅・主屋座敷
主屋の表玄関隣りにある座敷
旧林家住宅・主屋上座敷
主屋の上座敷
旧林家住宅・彫刻
上座敷の彫刻は松本の彫師・清水虎吉(好古斎)作
旧林家住宅・台所
台所
旧林家住宅・呼び鈴
提灯箱と呼び鈴
旧林家住宅・仏壇
仏壇
旧林家住宅・仏壇彫刻
仏壇の彫刻も清水虎吉(好古斎)作
旧林家住宅・装飾
左:広縁にある欄間              右:便所の建具の引手
旧林家住宅・離れ1F上座敷
離れ1F上座敷
旧林家住宅・離れ2F座敷
離れの2F座敷は天井・壁・襖が金唐革紙貼り(一部補修されているが当時の物)
旧林家住宅・茶室
洋館の内部にある水屋と茶室
旧林家住宅・茶室横座敷
茶室横の座敷
旧林家住宅・家具1
洋館の調度類
旧林家住宅・家具2

旧林家住宅・洋館内部1

旧林家住宅・漆喰彫刻
洋館の漆喰彫刻


 林国蔵は弘化3年(1846)倉太郎の長男として生まれ、家業の製糸所を継承します。 
林家は倉太郎の代に坐繰製糸を成し、明治9年に岡谷に天竜製糸所(後の一山カ製糸場)を開設。 生糸の統一を計るため片倉と林で開明社を創業し、共同揚返所を設けます。 明治19年(1886)倉太郎が亡くなると国蔵が製糸所を受け継ぎ、開明社にも参画。 社長は片倉や林と一年交代で務め、諏訪薪炭㈱設立、郵便局設置・中央線の開通を薦めました。
 林国蔵は明治24年頃から東京に進出し、鉄砲商・川口亀吉の死別により免許を継承して明治26年(1893)「川口屋林銃砲火薬店」を創業。 店舗も馬喰町から本銀町へ移転して事業を拡大、全国で1・2位を争う業者となります。
製糸業でも岡谷の屋敷の隣にイチヤママル/一山○製糸所、深谷のイチマル/一○製糸所(開国館)と工場を増やし、その他にも炭田や津川鉱山を買収、有志と共に諏訪索道㈱や諏訪薪炭㈱を設立しています。
しかし、明治40年恐慌が原因で岡谷の2つの製糸場を手放し、大正5年(1916)国蔵が他界するとその翌年、深谷の一○製糸所(開国館)も買収されました。
 一方で川口屋林銃砲火薬店は、2代目・林国蔵(宮澤豊助:旧藩士の家の出)が事業を継承。 一時ダイナマイト等も取り扱っていましたが、現在は㈱川口屋となり、コンサートグッズでお馴染みのルミカライトや発炎筒・塗料などの販売の他、法面緑化・展示会ブース工事なども行っているようです。
 ちなみに深谷の開国館に関する明治44年の文献によると、深谷停車場の南側にある池は開国館が製糸用に用いるため明治43年に開掘し、堤上に桜の木を移植したとなっており、現在の下台池公園と思われます。
旧林家住宅・蔵4
【参考文献】
「日本製糸業の大勢 : 成功経歴」岩崎徂堂  1906 博学館
「深谷案内」大谷高重良 1911
「深谷案内」高田晴司  1923 深谷案内編纂会
「旧イチヤマカ林家住宅:シルクと金唐紙の館」信濃建築史研究室 2001 岡谷市教育委員会
「日本橋紳士録」1929 日本橋紳士録編纂所
㈱川口屋⇒ 【H P】  

【2016年7月 訪問】


comment 0 trackback 0
back-to-top