2017.
08.20
Sun
建築年:明治中期、 改修あり
所在地:新潟県上越市仲町3-5-4
アクセス:えちごトキめき鉄道・高田駅~徒歩約5分
営業時間:昼 11:30~14:00/夜 17:30~22:00
休業日:第2月曜日(不定休)
TEL:025-524-2217
  ※詳しくはこちら⇒【宇喜世
宇喜世
 高田に残る老舗の料亭で、地元の人々も冠婚葬祭などに利用してきました。
魚の卸し業から仕出し屋へ、江戸末期~明治初期に割烹料亭となり現在に至っています。
この料亭で予約無しでランチがいただけるとの事で訪問。
大広間でランチを賞味後、事前連絡しておいた部屋の見学を仲居さんの案内で拝見しました。
部屋が使用中でなく、仲居さんがお手隙であれば予約無しで他の部屋も拝見可能のようですが、やはり連絡はしておいた方が良いでしょう。
宇喜世・竹の間
1F竹の間:高松宮宣仁殿下が使用された部屋
宇喜世・竹の間 襖と欄間
竹の間 (欄間:北村四海、襖絵:斎藤俊雄)
宇喜世・竹の間 床柱
竹の間:床柱の絵は斎藤俊雄が描いたと云われる
宇喜世・庭園
庭園
宇喜世・階段1
左:新館への地下通路は現在は使用不可         右:1F階段
宇喜世・大広間
2F大広間の舞台:客数が少ない時は部屋が屏風で仕切られている
宇喜世・大広間 天井
大広間の天井絵
宇喜世・大広間 彫刻
舞台の反対側にある床の間の装飾
宇喜世・ランチ
ランチ2種
宇喜世・階段2
2F階段ホール:手摺柱などは水車の部材を転用
宇喜世・水車の間1
2F水車の間:こちらにも水車の部材が
宇喜世・水車の間2
水車の間の装飾(左:囲炉裏、 右:飾り棚)
宇喜世・月の間 床の間
2F 月の間
宇喜世・春の間
2F 春の間
宇喜世・春の間 装飾1
春の間 床柱の飾り
宇喜世・春の間 装飾2
春の間 障子の飾り
宇喜世・階段3
3階への階段(右の写真は手摺柱のダルマの飾り)
宇喜世・桜三階
3F 桜三階
宇喜世・桜三階 地袋
桜三階の地袋:柱にはダルマのマスコットが
宇喜世・桜三階 装飾
出窓の装飾
宇喜世・桜三階 床の間
桜三階 床の間
宇喜世・玄関
宇喜世・看板
 特定の場所で営業権利を持つ町座は、越後には村上と高田にあったようです。
高田城下で町座の特権があったのは、小町・田端町・春日町・長門町・直江町・善光寺町など福島城下(直江津)から移転してきた町で、移転の代償として高田藩から許可されたもの。
そして宇喜世がある田端町(現:仲町3丁目)は鮮魚や四十物などの販売権を持っていました。
 新潟県の年表(※1)によると高田藩は慶長13年(1608)魚の売買権を、元和7年(1621)肴・四十物の専売権を田端町に与えますが、江戸中期以降になると城下町以外でも商業が盛んになり、城下商人と在郷商人とのいざこざが勃発。 文政4年(1821)直江津今町の魚商人が、田端町の魚役衆を殴りつけ、両町が対立する事態となりました。
いつしか町座の恩恵も薄れ、明治に入って陸軍の駐屯地になると軍人向けの繁華街へと様変わりし、映画館や飲食店などもできて高田の町々は大いに繁盛しました。
※その他の高田の建物についてはコチラ⇒【旧今井染物店旧金津憲太郎桶店小林古径邸第13師団長官舎高田世界館
宇喜世1
【参考文献】
「新潟県のあゆみ」新潟県(越後佐渡デジタルライブラリー)
(※1)「新潟県史別編1 年表・索引」新潟県(越後佐渡デジタルライブラリー)

【2016年8月 訪問】


スポンサーサイト
comment 0 trackback 0
2017.
08.06
Sun
所在地:新潟県柏崎市緑町 3-1(松雲山荘内)
公 開:10:00~16:30、有料
休館日:月曜(祝日の場合は翌日)、12月~3月
アクセス:JR柏崎駅~車7分 or 徒歩約25分
TEL:0257-23-8061
   ※詳しくはこちら⇒【木村茶道美術館
木村茶道美術館
 木村茶道美術館は松雲山荘(飯塚謙三邸跡)庭園内にあり、寒香庵のコレクション等が展示されています。
有料茶席では館蔵品の茶碗で薄茶をいただけるという貴重な体験が出来ますので、茶道や工芸品が好きな方はお勧めです。 市内には旧家の飯塚邸が公開されていますので、そちらと併せて見学してみましょう。
木村茶道美術館・茶碗
月替わりの茶碗 『赤楽平(楽家7代 長入)』 ※替茶碗
夏用に口径の広い茶碗であったが、本元の楽茶碗で味わえるなんて夢のようであった
松雲山荘1
松雲山荘の建物は現存していないが、高低差を利用した庭と石像が特徴的
松雲山荘2
地元の庭師・蓮池親子(周作・軍一郎)が造園 
松雲山荘3
奇抜な庭である


 柏崎に財産を寄贈した二人の実業家は、共にアメリカ帰りの地元の名士でした。
 木村重義/寒香庵は明治29年(1896)北条村の旧家・木村重延の長男として誕生。アメリカのバルパライソ大学卒業。
帰国後は旧制長岡中学校や旧制柏崎中学の英語教諭となり、昭和4年~21年まで北条村の村長として活躍しました。
そして昭和58年(1983)山林や屋敷と株券、コレクションの茶道具等を柏崎市に寄付。
翌年に財団が設立され、木村茶道美術館がOPENしました。

 この美術館がある松雲山荘は、ガス会社を創業した飯塚謙三の邸宅跡で、長い年月を掛けて築庭されました。
飯塚謙三は明治15年(1882)金子茂右衛門の三男として柏崎に生まれ、明治38年~大正14年までアメリカに滞在し、ホーム洗染㈱の専務やサンフランシスコとロサンゼルスの『日米新聞』総支配人をしていたようです。
帰国後にガス事業を計画し、日本石油の協力を得て大正15年(1926)有志と共に柏崎瓦斯㈱を創業して、昭和20年まで専務に就任。
また在米新潟県人会の幹事長としても活躍しています。
そして昭和46年にこの庭園を柏崎市へ寄付。 昭和56年(1981.8.29)他界しました。

柏崎瓦斯株式会社…日本石油から天然ガスを供給する事で認可を得て業務を開始。 昭和2年から一般家庭に供給しますが、石炭ガスと違い副産物のコークス(昔の製造法は⇒記事)ができず利益は上がらなかったようです。
戦後には東京ガスとの合併話が持ち上がりますが、昭和20年に柏崎市が買収。
昭和27年から23年間は料金据え置きとなり、全国一安い料金で市民に供給されました。
そしてこのたび民営化される事となり、平成29年3月に北陸瓦斯㈱に事業譲渡されています。

【参考文献】
「在米日本人人名辞典」日米新聞社 T11
「越佐と名士」坂井新三郎 著 S11
「柏崎のガス」 創業60年市営40年記念 1985 柏崎市ガス水道局

【2016年8月 訪問】


comment 0 trackback 0
back-to-top