2012.
01.08
Sun
西福寺・開山堂〔新潟・浦佐〕
 建築年:安政4年(1857)
 構 造:木造 茅葺き屋根
 所在地:新潟県魚沼市大浦174
 TEL:025-792-3032
西福寺
 浦佐駅~車で10分の所にある、曹洞宗・赤城山西福寺(せきじょうざんさいふくじ)は、室町時代後期(1534年)に開山。
幕末の頃、開祖道元禅師を祭る為、5年の歳月をかけて本堂脇に建造されました。
西福寺2
天井・欄間の彫刻は石川雲蝶によるもの
西福寺3
欄間には道元禅師の教えが彫刻で施され、子供でも理解ができる
西福寺4
鬼婆を見て驚く侍と、偏見を持たず鬼婆に接する禅師
西福寺1
波と雲の上に、烏天狗・象・獅子の彫刻

【見 学】
時 間:9:00~16:00(受付は15:40まで) ※都合により変更あり
休 み:無 休 ※都合により変更あり 
拝観料:500円(高校生以上)
TEL:025-792-3032      ※詳しくはコチラ→【西福寺・開山堂】

 【2010年9月 訪問】


清津峡〔新潟・湯沢〕
 所在地:新潟県十日町市 
清津峡
 西福寺~45kmの所に、意外と知られていない素晴らしい渓谷がありますので紹介致します。 この2箇所を訪れるなら、浦佐~越後湯沢付近に泊まり、車で巡るのがよいでしょう。
 この清津峡は、名勝・国の天然記念物に指定され、柱状節理による渓谷美が楽しめます。  柱状節理とは、溶岩が隆起し冷えて固まり、規則的に割れ目を起こした岩山の事ですが、この地では永年の川の流れにより深い谷間を形成しました。
紅葉の季節には多くの人々であふれる観光スポットですが、夏の季節には観光客も少なく、2~3組の個人客の姿が見える程度。 延々と続くトンネルの中を歩いていくと、時折ぽかりと外部に開いた空間に辿り着きます。 そこはガラス窓もなく、雄大な柱状節理の渓谷を見渡せるようになっています。
 昔は、渓谷の下の細い道を歩くことができたそうですが、昭和63年の落石事故で1名が亡くなってしまった為に、さらに増水などの危険性があるため、このトンネルを造ったようです。 冬も観光ができるようになった分(冬は休業となりました)醍醐味がなくなってしまったのがとても残念。 昔の遊歩道を整備し、自己責任による通行ができれば、夏も賑わう観光地となるでしょう。
【見 学】
料 金:600円(高校生以上)、300円(小・中学生以上)
時 間:8:30 ~ 17:00(受付は16:30まで)
休 業:1月中旬 ~3月下旬まで
TEL:025-763-4800     ※詳しくはコチラ→【清津峡

 【2010年9月 訪問】

スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://mosu3.blog.fc2.com/tb.php/11-09d63bcc
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top