2014.
11.28
Fri
住 所 : 静岡県 熱海市 昭和町4-2
見 学 : 9:00~17:00(入館は16:30迄) 大人510円
      水曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始は休館
交 通 : JR熱海駅~「起雲閣前」or「天神町」バス停すぐ
TEL : 0557-86-3101
             ※詳しくはコチラ⇒【起雲閣
起雲閣2
 船会社を経営していた内田信也が、母の静養所として大正8年に建てた別荘です。
大正14年から東武鉄道社長・根津嘉一郎の所有となった後、昭和22年から平成11年まで旅館『起雲閣』として、志賀直哉・太宰治・谷崎潤一郎という文豪も訪れた宿で、平成12年に熱海市が購入し一般公開されています。 それぞれの棟が廊下で繋がり、一部の部屋は市民のための貸室になっています。
起雲閣・孔雀
孔雀: 大正7年(1918)着工、大正8年(1919)竣工。
当初は麒麟の隣(喫茶室付近)にあったもので、昭和28年(1953)音楽サロン付近に、昭和56年(1981)現在地にと2回移築。
ここで、舟橋聖一が「芸者小夏」「雪夫人絵図」を、武田泰淳が「貴族の階段」を執筆したと云われている。
起雲閣・麒麟
麒麟(きりん): 大正7年(1918)着工、大正8年(1919)竣工
加賀の青漆喰壁は、金沢の白雲楼の主人・桜井兵五郎が塗らせたもの
起雲閣・大鳳
大鳳(たいほう): 2階にある大鳳の間は太宰治が宿泊したと伝わる。
起雲閣の解説版では、この部屋で昭和23年(1948/3/18~)山崎富栄と共に滞在したと記載されている。 また、太宰治『人間失格』の奥野健男による解説では、はしがきと第一・第二手記は、起雲閣(1948/3/10~3/31)で執筆したとなっている。
起雲閣からの情報です。
【人間失格】をすでに取り壊された起雲閣別館(熱海市林ガ丘町)で、はしがきと第一・第二手記の執筆をされたと伺っております。 起雲閣へは昭和23年3月18日から2泊宿泊しております。

起雲閣・大鳳の床の間
大鳳の床の間には落とし掛けはない
起雲閣・大鳳の障子桟
大鳳の付書院の障子はサビ竹の組子 
起雲閣・玉姫
玉姫: 根津嘉一郎により昭和7年(1932)完成
起雲閣・玉姫天井
玉姫の天井には、当時の金唐革紙が残る
起雲閣・玉姫サンルーム
玉姫のサンルーム
起雲閣・サンルーム床
サンルームの床と腰壁               サンルームの扉
起雲閣・照明
玉姫の照明
起雲閣・玉渓
玉渓(ぎょくけい): 昭和7年(1932)竣工 
起雲閣・玉渓
玉渓の暖炉の、古材を使った丸柱の由緒は不明。 ベンチの座板が開閉し収納となっている。
起雲閣・金剛
金剛(こんごう): 根津嘉一郎により昭和4年(1929)完成。 何度か改装され、1989年の改築で浴室の位置と向きが変更。 ドアノブや蝶番は当初の物。
起雲閣・金剛2
金剛の浴室: 道路拡張のため1989年に移築。ステンドグラスや湯出口は当初の物。
起雲閣・金剛 窓&床
金剛の暖炉脇のステンドグラス                 床タイル
起雲閣・根津の大石
梅園付近からソリとコロを使って運ばれた、根津の大石(カグラ石)
※展示パネルより
起雲閣・廊下
渡り廊下も凝った造りとなっている
起雲閣1
~起雲閣の所有者たち~
内田信也(うちだのぶなり, 通称のぶや1880/12/6-1971/1/7)
 三井物産神戸支店 船舶部主任を経て、内田汽船(1914)を創業。 中古船の売買で利益を得て、大正6年には内田商事・帝国窯業㈱・内田造船所と3つの会社を創業します。
 そして母親のために熱海の地を購入し、大正7年(1918)宅地造成・別荘着工。 大正9年に隣の土地も買い足しています。 その他にも神戸病院や一橋高等商業学校への寄付、水戸高等学校に創設資金を提供。 恐慌を予見し、大正12年までに窯業と造船所を整理しますが、所有船が相次いで沈没し、この熱海の別荘も手放したようです。 その頃すでに政界に進出していた内田は、のちに鉄道大臣・農商務大臣・農林大臣に就任しています。 

 その後、東武鉄道社長であった根津嘉一郎(ねづかいちろう 1860-1940/1/4)が、大正14年(1925)にこの別荘を購入し、昭和2年に温泉を掘り当てます。 そして昭和4年(1929.3.31)金剛・浴室棟が、昭和7年(1932)玉姫・玉渓の棟が完成。 さらに昭和15年(1940)温室が完成。 その温室は駐車場の隅にありましたが、昭和39年(1964)に解体されています。 この別邸は昭和19年(1944)に手放されました。
 ちなみに根津嘉一郎は、武蔵大学(旧・武蔵高等学校1922)の創設者でもあり、東京の自邸(茶室のみ現存)に根津美術館が開設され、収集した美術品が展示されています。

 昭和22年(1947)からは、金沢の白雲楼ホテル経営者であった櫻井兵五郎(さくらいひょうごろう 1880/8/8-1951/2/11)の所有となり、旅館「起雲閣」を開業。 櫻井は、国務大臣・北陸毎日新聞社長・日本タイプライター㈱(現・キャノンNTC)常務取締役などに就任しており、昭和5年(1930)の著書『日本の情勢と産業合理化』によると、東京の大崎町字谷山に住まいがあったようです。

 その後の経営者が、起雲閣に宴会場(1981)、初霜・春風・有明・鶯・千鳥・雲雀(1990)を新築するも、熱海の観光客は減る一方で、平成11年(1999)廃業して競売に出されました。 林ガ丘町にあった起雲閣別館も、昭和60年(1985)に売却され、すでに解体しています。
起雲閣別館
起雲閣別館                     ※展示パネルより

 国の登録有形文化財であった金沢の白雲楼ホテル(1932-1999)も残念ながら解体されてしまいました。
この様に文化財に登録されても、様々な理由により消えていった建物は少なくはありません。 
※詳しくはコチラ⇒【文化庁HP

 この起雲閣は幸運にも熱海市により保存され、旧中山晋平邸杉本苑子旧宅・旧日向別邸などと共に、新たな観光客を惹きつけています。


【参考文献】
「風雲児 内田信也」 1935 イハラキ時事社編輯局

【2013年3月 訪問】

スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://mosu3.blog.fc2.com/tb.php/110-242a1c6b
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top