2015.
02.01
Sun
渡邉商店
渡邊商店
 落花生の産地といえば、今では千葉県が有名ですが、日本で初めて栽培されたのは神奈川県の大磯・秦野・二宮で、横浜で手に入れた落花生を植えたのが始まりと云われています。
この渡邉商店は、明治初期に落花生の卸問屋として創業。 ほとんどの商品が、地元で栽培された落花生を昔ながらの手法で加工し販売しています。
渡邊商店・洗い場
落花生を洗う年期が入った機械は、クリーニング屋でも使うドラム式洗濯槽

渡邊商店・干し場
洗浄後の落花生を天日干しするスペース

渡邊商店・選別室
手作業による落花生の選別

渡邊商店・工場1
作業場は、関東大震災でも倒壊しなかったという。
渡邊商店・機械
ご主人が整備しながら現在も使い続ける、豆の選別機。

渡邊商店・玄関
 関東大震災で被災し、その部材を利用して再生した住まい。
玄関の片隅に電話BOXがあり、渡邉家はこの辺りで一番最初に電話を設置したという。
近所の家の連絡先もこの電話番号としていたため、電話取次ぎ所の様な役目もはたしていた。
渡邊商店・落花生甘納豆
〔落花生甘納豆〕 落花生の深い味わいを楽しめる商品。 これなら歯の弱いお年寄りもいける。
私はあんこが苦手なのだが、新宿花園万頭の甘納豆を食して以来、甘納豆は好物となった。 塩味の柔らかい落花生商品があれば、さらにうれしい…。

渡邉商店
神奈川県 中郡 二宮町 二宮1347
営業時間: 9:00~19:00、 水曜日休み
TEL: 0463-71-0018    ※詳しくはコチラ⇒【渡邉商店



ヤマニ醤油株式会社
ヤマニ醤油
 江戸時代から続く醤油の醸造所で、天然酵母による醤油の他に、現在は様々な商品を製造販売しています。
ヤマニ醤油・蔵
土蔵と煉瓦蔵、裏手には近代的なタンクと、敷地内には新旧の建物が並ぶ。
ヤマニ醤油2
表門
ヤマニ醤油・内部
倉庫内部
ヤマニ醤油・屋根裏
倉庫の屋根裏。 鉄骨材で補強されているが、屋根の荷重に耐える松梁が美しい。
ヤマニ醤油・商品
現在は醤油以外に、味噌・麺つゆ・ポン酢・ソース!? が作られている。
ヤマニ醤油・つゆの素
 徒歩で来ている事もあり、醤油の小瓶にしようと思ったのですが、自宅の麺つゆが丁度なくなったので、麺つゆの小瓶を買ってみました。 その味は甘みがおさえてあり、豆腐にそのままかけても美味しくいただけます。
 ご高齢のご夫妻と従業員で営業しているとの事で先々心配ですが、頑張って二宮の醤油が作れるよう、ご健康をお祈りしております。

ヤマニ醤油株式会社
神奈川県 中郡 二宮町 山西838
営業時間:8:00~17:00 日曜・祝日休み
0463-73-0380   ※詳しくはコチラ⇒【ヤマニ醤油

【2014年12月 訪問】

スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://mosu3.blog.fc2.com/tb.php/115-c58ed34c
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top