2015.
03.15
Sun
建築年 : 不明、 増改築 何度か有り
構 造 : 木造平屋建て 
見 学 : 9:00~17:00 ※近年に閉鎖予定。
       休館は月曜日(祝日の場合は翌日)・祝日の翌日・年末年始
       貸室利用の際は見学出来ないため、事前に問い合せた方が良いでしょう。
所在地 :  神奈川県 横須賀市 津久井2-15-33
交 通 : 京急・津久井浜駅~徒歩5分
TEL : 046-848-0043
   ※詳しくはコチラ⇒【万代会館
万代会館
 2014年10月4日(土)横須賀の万代会館において、文化祭(主催:横須賀建築探偵団)が催され、茶会や落語、青山学院・杉浦教授による講演「万代順四郎と青山学院」などが行われました。
この建物は、帝国銀行会長、東京通信工業(現:ソニー)会長、青山学院理事長の経歴を持つ、万代順四郎の晩年の住まいでした。
トミ夫人の遺志(S53.5他界)により横須賀市に寄贈され、『万代会館』として昭和55年(1980/4/1)に開館。 貸室として市民のサークルや研修に利用されてきました。
 しかし、老朽化を理由に「横須賀市 施設配置適正化計画」の2015年度から10年以内に廃止する公共施設リストに含まれてしまいました。
民間売却など検討されているようですが、寄贈者の遺志を顧みず、歴史的価値がある建物を擲つとは…。 横須賀のお宝が消えないよう、只々 願うしかありません。
 
※2017年に廃止施設の対象から外れました! ホッとしました。

万代会館・玄関
玄関

万代会館・裏手1
北棟の西面

万代会館・釜場
左: 風呂釜があった場所で職員の方が中を見せて下さった。         右: その入口   
万代会館・裏手2
北東面

万代会館・裏手
北棟の北面

万代会館・鉄格子
左: 便所外側(北棟と西棟の繋ぎ部分)  
右: 窓には鉄格子が。 物騒な時代(2・26事件以降)に建てられた屋敷に見られる。
万代会館・棟
棟と谷: 屋根の谷から雨漏りしやすい
屋根材の茅も、カラスが巣作りのため抜いてしまう事もある。
万代会館・次の間(松)
広間(現在は松の間)定員15名
松・竹の間は、皇后様ご実家の部屋を移築したとの説がある。
万代会館・広間(竹)
広間(現在は竹の間)定員15名 
万代会館・座敷(梅)
座敷(現在は梅の間)定員15名
万代会館・座敷床の間
座敷の床の間: 杢目の床柱は栂か杉と思われ、床框はカエデかイチョウの様に見える
万代会館・応接間
サンルーム(現在は応接間)
万代会館・応接間天井
サンルーム天井
万代夫妻・遺影
サンルームに飾られている万代夫妻の写真
万代会館・便所
 西棟と北棟の繋ぎ目にある便所: 衛生陶器は交換済み
東棟の奥の8帖和室(現在は椿の間:定員15名)の前にも便所有り
北棟の部屋は訪問時に茶会の先生達が控えていたため写真なし
万代会館・台所
左: 東棟にある納戸         右: 東棟(椿の間の前)にある水屋


 万代順四郎(まんだい じゅんしろう)は、岡山県の勝間田町(現:勝央町)の農家の次男として明治16年(1883/6/25)に生まれ、『金蔵』と名付けられました。
青山学院卒業後、本多庸一の推薦で明治40年(1907)に三井銀行に入行。 先輩の米山梅吉がいる大阪支店に配属され、実地で銀行実務を学びます。 米山夫人が親の代わりとして見合いに同席し、大正3年(1914)棋士・広瀬平治郎の次女トミと結婚。
名古屋支店長になるとトヨタの創業を支援し、金融恐慌の際には愛知銀行も助けた万代は、「貸し剥がしの三井」と評判の悪かった大阪支店へ異動。 倒産寸前に陥った取引先の調査を行い、回生の見込みが有る者には援助を惜しみませんでした。 その業績が評価されて常務となり、昭和12年(1937)に会長となります。
 万代の提案により、昭和18年(1943)三井銀行と第一銀行が合併して『帝国銀行』になると、昭和20年(1945)帝国銀行会長に就任。 昭和21年12月に会長を辞任すると、夫人の療養の為に購入した横須賀の家で、野菜を育てながらの隠居暮らしを始めました。
数々の誘いを断っていた万代が唯一引き受けた仕事は、酒造業・盛田家の長男・昭夫が創業した、東京通信工業(現:ソニー)の相談役で、名古屋支店長時代の縁から引き受けたものです。 万代は後に会長となっています。   
その後の会長となった田島道治は、万代が援助した愛知銀行の常務でした。 歳が近い二人は盟友であったのかもしれません。
 万代は、青山学院理事長も務めていますが、電車に乗って東京まで通うほど横須賀の家を気に入り、離れる事はありませんでした。 杉浦教授の話によると、理事会が終わると宿直室に泊まり、食事はかけ蕎麦という質素な過ごし方であったようです。
 昭和34年(1959/3/28)永眠。 青山学院には、万代順四郎からの多大な寄付(退職金やソニーの株券)により、厚木キャンパスに『万代記念図書館』が建設(1982)され、『万代奨学金(無利子貸付)』制度が現在も実施されています。
民家
津久井浜の旧道沿いにある旧商家: 他にも立派な屋敷が点在する
タバコ屋
 同じ通りには、昭和のタバコ屋も(杉山ガラス店の一角) 
134号線沿いには、美味しいパン屋〔ブロートバウム〕がある

【参考文献】
● 法政大学イノベーションマネジメント研究センター・日本の企業家活動シリーズ№55
  「財閥銀行の大型合併に関わった銀行家-万代順四郎と加藤武男」 2012 堀峰生 著
● 米山梅吉記念館 館報24号「米山梅吉と万代順四郎の青年時代」 2014 堀峰生 著

【2014年10月 訪問】

スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://mosu3.blog.fc2.com/tb.php/118-a35082aa
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top