2015.
04.27
Mon
建築年 :昭和40年(1965)
平面計画など : 松山 政雄
見 学 : しょうざん庭園(北庭)は通年公開 (※庭園内の建物は非公開)
      9:00~17:00  年中無休 500円
所在地 : 京都市 北区 衣笠鏡石町47
交 通 : 市バス「北木ノ畑町」バス停~徒歩3分~裏門から入場
T E L : 075-491-5101
  ※詳しくはコチラ⇒【しょうざんリゾート京都
峰玉亭・玄関
 しょうざん庭園にある峰玉亭(ほうぎょくてい)が、2014年に「第39回 京の夏の旅」で特別公開されました。 着物メーカー『しょうざん』の接待・貴賓客のための建物です。
 この地は『しょうざん』の創業者・松山政雄が、着物の展示場を兼ねた観光施設としてOPEN。 約3年の歳月をかけた峰玉亭の完成(1965)を見ずに、松山政雄は亡くなっています。
 現在は高級プールやボーリング場、結婚式場が併設され、『しょうざんリゾート京都』と呼ばれています。 この『しょうざん』の名は松山を音読みしたもので、『羊』のマークは、開発したウール着物から由来します。
 バス+徒歩で来た場合は、裏門から駐車場を抜け、ボーリング場の横の総合案内場でリーフレットをもらった方が良いでしょう。さらに宴会場の廊下を通り抜け、ホテルの庭園の様に整備された山道を歩いていくと、北庭に辿り着きます。
 峰玉亭は通常非公開ですが、毎年6月頃に催される『華しょうぶの会』で、過去には聞香席や茶席として開かれたようです。 詳しくはHPでご確認を。
峰玉亭・玄関の間
玄関の間 
峰玉亭・玄関内装飾
前衛的な数寄屋建築。 松山政雄のデザインかは不明。 
峰玉亭・玄関内
上: 玄関の天井      下: 玄関の床タイルは織部焼
峰玉亭・栖鳳の間2
竹内栖鳳の掛け軸があるので、栖鳳の間と呼ぶらしい。
峰玉亭・栖鳳の間1
栖鳳の間
峰玉亭・栖鳳の間・床脇
左: 栖鳳の間の床脇の明り取り            右: 南天の床柱
峰玉亭・廊下
広縁にある鶏の襖絵は、伊藤若冲と云われる
峰玉亭・照明
広縁の照明
峰玉亭・吉井勇の間
吉井勇の間: 床の間に歌人・吉井勇の歌が掛かる
峰玉亭・丸山応挙の間
次の間にも丸山応挙の襖絵が。
峰玉亭・座敷1
栖鳳の間と同じ南天の材を使用した床柱。  富岡鉄斎の絵があるので「鉄斎の間」か?
峰玉亭・座敷天井
鉄斎の間の天井
峰玉亭・廊下1
広縁の床板は栃。 奥様と2人で並んで歩けるよう設計変更したという。 若い頃「フンドシ一本と女房だけは残してくれ」と言った松山政雄は、最後まで奥様を大事にしたようだ。
峰玉亭・内便所
左: 男子便所                     右: 女子便所
峰玉亭
正門から見た峰玉亭。 正面の壁は外便所であり、内部も贅沢な造りとなっている。
峰玉亭・犬走り
犬走には萩焼きのタイル
正門・腰掛
上: かつての正門          下: 正門脇の腰掛待合


 創業者の松山政雄は、西陣の撚糸屋の三男として誕生。 8歳の時に父を亡くし、丁稚小僧となって25歳まで西陣で働きます。 戦地から復員すると、闇屋で1億円ほど稼ぎ、その資金で鷹ヶ峯の3万坪の土地を購入し、残りは紙糸の衣料を作る研究費に充てます。
 しかし、戦後の物資統制が解除されて紙糸の用途は無くなり、さらに1300万円の負債を抱え、「フンドシ一本と女房だけは残してくれ」と、裸一貫から再スタート。 開発したウール着物に、松山を音読みして「しょうざん」織と名付けた商品で、年商10億円以上を稼ぐまでになります。
 そして鷹ヶ峯の土地に、風情ある宿泊所や着物の展示場を設置。 織物工場で試作品を織る様子を見せるという‘動の観光施設’を計画しました。 
松山政雄は完成を見る事なく、昭和40年(1965)に他界しましたが、 その遺志は受け継がれ、結婚式場・ボーリング場も完成し、「しょうざんリゾート」として市民にも利用されています。
                         ※その他の建物はコチラ⇒【 しょうざん庭園②
【参考文献】
オール生活⑯4 「『心』数学の新商道成功法」 松山政雄 著 1961/04 実業之日本社
オール生活⑲9 「自然密着からのアイデア湧出経営戦法」 松山政雄 著 1964/09 実業之日本社

【2014年9月 訪問】

スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://mosu3.blog.fc2.com/tb.php/121-5e4fd54e
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top