2015.
05.11
Mon
建築年 : 大正11年頃(1922)
構 造 : 鉄筋コンクリート造、3階+地階
設 計 : 愛仁建築事務所、  改修はNEO建築設計室
所在地 : 京都市 下京区 七条通新町西入 夷之町721
交 通 : JR京都駅(バス乗り場方面)~徒歩8分

富士ラビット1
 京都のタクシーでお馴染みのヤサカグループ。 この建物は、創業者・粂田幸次郎が起業した日光社の旧社屋です。
現在は富士ラビットビルとして、1階の貸店舗は『なか卯』が営業、3階は住居となっているようです。
2階の『 CAFÉ Rabbit 』という喫茶店では、月1回の夜にクラシックライブコンサートが行われています。(毎月第三金曜日 20:30-21:30、チャージ¥1000 +Drink代)
Cafe Rabbit … 11:00~18:00 営業 ㊡土休日 (TEL)075-361-6241 ※ライブについてはコチラ⇒【Rabbit Live
富士ラビット3
 戦後は、富士ラビットスクーター㈱ という、ラビットスクーター販売特約店が使用し、その名は全国ラビット販売特約店のリストに載る。
ラビットスクーターとは、アメリカ軍のスクーター『パウエル』を手本に、富士産業㈱が昭和22年から販売開始した2輪車(S-1型)。 昭和43年のS-211A型を最後に生産が終了した。(※3)
ちなみに、富士産業㈱の前身は中島飛行機㈱で、戦闘機を製造していた会社だった。
富士ラビット4
1922年~2002年2月まで使用したという事だろうか?
富士ラビット2
建物の側面と背面。 『カフェ・ラビット』の入口はこちら。
富士ラビット5
正面にある照明
富士ラビット・欄間
1階店舗内から見たステンドグラス。 上: 左手の欄間、 中:中央の欄間、 下:右手の欄間


 大正5年(1916)粂田幸次郎が、京阪伏見桃山~明治天皇御陵間で路線バス事業を開始。 翌年、営業用自動車鑑札第1号・第2号を取得、京都初のハイヤーを営業します。(※1)
そして日光社を創業し、大正7年9月から自動車付属品やフォード自動車の輸入販売を開始。 昭和13年に株式会社 日光社を設立し、戦時中は自動車修理に専念。 
現在の株式会社 日光社は、フォード、フォルクスワーゲンの販売特約店として、東九条に本社を構えています。(※2)
 一方の「日光社自動車部」となっていたハイヤー部門は、昭和8年(1933)京都合同自動車 株式会社となり、現在はヤサカグループ(基幹:彌榮自動車 株式会社)として様々な事業を展開しています。(※1)
 この建物を手掛けた愛仁建築事務所の担当者については不明ですが、昭和30年~40年代の近畿建築士会会報に事務所名が出ており、所長・坂尻一郎の作品として、京都学園(現:京都光楠学園)宇多野学舎寄宿舎・中坊邸・山本邸があります。 坂尻一郎は茶室も手掛けていたようで、「茶道の四季. 冬の巻」(六月社1957)という雑誌に、「誰にも出来る簡単な茶席の作り方」という記事も載せています。 また、ヤサカグループの社章をデザインしたのも坂尻一郎でした。
富士ラビット・欄間2
 七条通りには飲食店が少なく、グルメサイトに出る店はどこも込んでいるので、近隣を一回りした後、なか卯に戻って昼食を取りました。
洒落た建物に入ったなか卯での鴨葱つけ蕎麦、乙な体験となりました。

【参考文献】 ※クリックすると、各HPへ飛びます。
    NEO建築設計室
※1) ヤサカグループ HP 
※2) 株式会社日光社 HP 
※3) ラビットハウス HP (ラビットスクーター愛好会) 

【2014年9月 訪問】

スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://mosu3.blog.fc2.com/tb.php/123-2f1e740e
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top