2015.
08.23
Sun
建築年 : 江戸中期以降、  何度か増改築あり
住 所 : 静岡県 熱海市 泉191
設計施工: 不 明
交 通 : JR湯河原駅~(不動滝・奥湯河原行きバス)泉入口バス停~徒歩3分位
T E L : 0465-62-2354

福泉寺
 湯河原にある、謎多き青谷山福泉寺。
本堂と庫裡は茅葺き屋根の古い建物ですが、窓はサッシになっています。 ちょうど、奥様が本堂の窓拭きをしていらしたので、中を拝見させていただきました。
福泉寺・内部
 明治43年のガイドブックによると、この寺は保善院の末寺で、曹洞宗、本尊は釈迦、開基は養心信公。 開山した帰雲禅師は大永元年(1521)伊豆田中にて第を結び、大永7年から報恩におりましたが、晩年に保善院に帰ると竹葉軒に住まい、天文7年(1538)他界。 明和元年(1764 頃)9代目の時に竹葉軒が焼失し、明和8年(1771)2月に再建されたと書かれています。(※1)
 近年では、大正8年頃に庫裡の改築(※2)が行われ、本堂は平成19年に屋根改修工事(部材交換・全面葺き替え等)、平成25年以降に窓をサッシに改修。 土台や外壁などから、それ以前にも増改築が施されている事がわかります。
福泉寺・煙抜き
 昔は庫裡がなく、本堂内の右手の部屋を生活空間とし、囲炉裏が切ってあったという。
今は囲炉裏がなくなり、天井の煙抜きの穴が残る。
福泉寺・欄間
 欄間には「施主 湯河原温泉場 諸節(建具店)利一」と書かれている。
腕の良い職人が湯河原にいたようで、旅館の建具を手掛けていたのだろう。
福泉寺・広縁
広縁には古い部材が残っている。
福泉寺3
正面は改修された部分が多い。
福泉寺・彫刻
龍の彫刻。 創建当初のものかは不明。
福泉寺2
本堂左部分は増築?
福泉寺・庫裡
本堂の脇にある庫裡は、今でも生活されているので見学はできない。

福泉寺・首大仏1
 境内には『首大仏』と呼ばれる陶製の釈迦像の頭部があり、寺の解説書には、尾張藩・2代藩主の徳川光友が、出生時に亡くなった母の供養のために陳元贇に依頼し、瀬戸赤津村大仏山の土で製作したものと書かれています。
 戦中~戦後に寄進された首大仏ですが、これだけ大きなものを焼ける窯元も少ないですし、湯河原まで運ぶ時に話題となったでしょうが、その記録も残っていません。 陶土の成分を調べれば生産地は確定できるかもしれませんが、どこにあったのかは謎のまま。 文献など発見される事を期待します。
福泉寺・首大仏2
螺髪は所々補修されている。

【参考文献】
(※1) 「湯河原温泉療養誌」 著:牛山幽泉 1910 
(※2) 室伏厚子氏所蔵文書「163.青谷山福泉寺庫裡改築工事記念の写真(1919.5.4)」 
     神奈川県資料

【2014年10月 訪問】

スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://mosu3.blog.fc2.com/tb.php/130-b2c41f92
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top