2015.
11.17
Tue
構 造 : 木造平屋建て
建築年 : 不 明
設計施工: 不 明
住 所 : 東京都調布市緑ヶ丘1-25
交 通 : 京王線仙川駅~徒歩10分
見 学: 通常非公開
TEL : 03-3326-5050
    ※詳しくはコチラ⇒【白百合女子大学
めぐみ荘
 白百合女子大学の構内にある古民家は、かつては歌人・菊池袖子の生家でした。
修善寺熊坂村の豪農・菊池家の主屋を、昭和8年(1933)頃に津村順天堂創業者である初代・津村重舎が、北多摩郡神代村仙川(現:調布市緑ヶ丘1丁目)の津村薬用植物園内に移築し、茶会や宮家のご休憩所として使用。 第2次世界大戦中は、杉山元などが秘密会議に使ったとも云われています。 離れ座敷(居室)や長屋門などは、そのまま現地に残し熊坂村に寄贈したとの事ですが、その所在は不明です。 昭和33年の狩野川台風で浸水した後に解体されたのかもしれません。
 津村順天堂の当時の本社は日本橋に、研究所と津村家別邸は上目黒にあり、この津村薬用植物園は、大正13年(1924)に開設。 最初3,600坪の土地から、近隣の飛び地を買い足し、終戦前には23万坪に拡大。 本館・標本館・標本園・温室を備え、ムサシノフローラ計画のための武蔵野の野生植物保護区域もありました。 標本園では染料・香料・局方原料・和漢薬用の植物132種類、民間薬用植物52種類を栽培していたようです。 さらに、昭和12年に日本皇民高等塾も設置されています。
 しかし、戦後の農地解放により植物園は土地を売却して縮小。 昭和24年に高松宮妃殿下や東久邇氏の来訪もありましたが、昭和30年12月に植物園は公開中止に。 売却された跡地は新川団地・三鷹市立第5中学校・第一処理場などになりました。
 また、開園当初の土地は昭和30年に売却されて帝国石油㈱の保養施設となり、宿泊所・プール・テニスコートを設置。 昭和39年に白百合学園の所有(翌年に九段から移転して4年制大学となる)になり、この建物はめぐみ荘と名付けられ、後に本館が新築された際にテニスコートの脇(現在の芝庭付近)から現在地に曳家されました。 なお、学生寮となっていた帝石の宿泊所は解体され、図書館が新築されています。
 かつての土間・囲炉裏の間・納戸(寝間)という古典的な農家の間取りに、式台の設置が許された家でしたが、帝石時代に増築し、昭和60年に改装され、その式台は撤去されて広縁になっています。 
めぐみ荘・越屋根
煙抜きの越屋根
めぐみ荘3
左: 玄関横の増築部                  右: 建物裏手
めぐみ荘・玄関
玄関
めぐみ荘・土間1
土間は現在、床が張られている
めぐみ荘・土間2
左手が板の間、右手が座敷
めぐみ荘室内
土間方向から見た様子。 真ん中の部屋が玄関の間(現在の中ノ間)
めぐみ荘・板の間
板の間: かつて囲炉裏があった場所
めぐみ荘・中の間の床の間
中ノ間: 昔は玄関の間で 外側に式台があった
めぐみ荘・広縁
広縁
めぐみ荘・上座敷の床の間
上座敷の床の間
めぐみ荘・水屋
左: 裏手にも廊下が廻り、部屋が増築されている    右: 水屋は新設


 菊池袖子は熊坂村の菊池安兵衛武教の長女として天明5年(1785)に生まれました。 菊池家はかつて北条氏に仕えた郷士であり名主を務めた家柄で、父・武教は漢学者でした。 いつしか袖子は和歌に興味を持つようになり、加藤千蔭や竹村茂雄から国学を学び、歌人として実秋卿や公家の方との文を通しての交流が始まります。
 養子の武恭と結婚し、菊池家の跡を継いだ袖子は一男三女を儲けますが、29歳の時に長女を、翌年に長男と相次いで亡くしてしまいます。
その時の歌が… 夕されば帰りや来ると門に立ちて待ち習ひたる我ぞ悲しき …
主婦として家事をこなし、農作業の合間に『菊園』として歌を詠んだ袖子は、天保9年(1838)8月に病に伏し、9月5日に他界、熊坂の自得院に葬られました。
めぐみ荘2

【参考文献】
「調布市域の文化財と津村薬用植物園」 赤城高志
「静岡県郷土研究 第6輯」 1936 静岡県郷土研究協会
「歌人菊池袖子について」 室城秀之

【2014年11月 訪問】

スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://mosu3.blog.fc2.com/tb.php/135-12c54c18
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top