2016.
01.24
Sun
建設年 : 昭和5年(1930)11月竣工、翌年4月給水開始
設 計 : 足利市上下水道部
見 学 : 個人の場合は、足利市文化財一斉公開(秋)で見学可
住 所 : 栃木県足利市緑町1丁目3780
交 通 : JR両毛線 足利駅~徒歩35分位
TEL : 0284-20-2206   
※詳しくはコチラ⇒【足利市上下水道部
緑町配水場
 足利市で最も古い配水場で、昭和5年に今福浄水場と共に建設されました。 低地にある浄水場からポンプで送水し、山の上にある配水場に貯めて、高低差を利用して各地に配水する上水道施設です。 中高層マンションの水道も、一旦ポンプで屋上まで上げ、貯めてから各家庭へ配水するので、これも巨大な給水タンクといえるでしょう。(総容量5,100㎥)
水道施設全体の土木設計は、東京の八王子市水道部から招聘した、中島貞一郎工務課長と中谷繁治(後に足利市職員になる)。
 そして昭和4年(1929.5.15)着工し、翌年12月竣工(緑町配水場は11月竣工)昭和6年4月に給水開始。 創設時の計画では、給水人口:55,000人、1日最大給水量:11,550㎥、1人1日最大給水量:210ℓ。
 しかし町の合併で人口が増え、第1次拡張工事(昭和28年~33年3月)で、緑町配水場の配水池(管理事務所付近)を増設し、昭和31年に完了しています。 現在は、地震などを感知し水の流出を防ぐ緊急遮断機も設置されています。
緑町配水場・旧管理事務所1
水道山記念館(旧管理事務所): フランス瓦葺き屋根、木造平屋建て
緑町配水場・玄関
玄関内部
緑町配水場・会議室
大広間
緑町配水場・貴賓室
昭和9年11月の天皇行幸のために貴賓室が増築された。
緑町配水場・旧管理事務所廊下
廊下: 窓には結霜ガラスがはめ込まれている
緑町配水場・旧管理事務所照明
古そうな照明。 黒いブツブツはテントウムシの仲間で越冬するために部屋の中に入ってくる。
踏んだり触ったりしなければ特に被害はなく、アブラムシを食べる益虫なので殺さないでほしい。
緑町配水場・庭
左上: 門柱                右上: 建物は西洋風だが庭は和風
下: 玄関脇の日本庭園
緑町配水場・解説板
解説板
緑町配水場2
 1段上がった所が配水地で、内部は3池に区切られている。
奥に見える建物は保守点検入口棟。 さらにその奥に同じ形の水位計室がある。
緑町配水場・点検入口棟
保守点検入口棟と水位計室の前に、階段とバルブがある。
緑町配水場・接合井
接合井: RC造
緑町配水場・水量計室
水道計量室: RC造
緑町配水場・銘板
上: 竣工時の定礎板
下: 当時の市長・木村浅七の書による「清澄無比」-この水が澄みきって清らかであり、比較するものがないほど優れているという意味を表す。 第1次拡張事業の竣工記念に伴い、水位計室の前に昭和31年に設置された。
緑町配水場・地層
配水場の脇にある層状チャートの崖。 ふもとの蓮台寺川付近でも見られる。
足利の工場
山の上にある緑町配水場へ向かう途中、屋根の形が珍しい古い工場があった。

【参考文献】
「あしかがの水道 : 足利市水道80年のあゆみ」2011 足利市上下水道部
足利市上下水道部 HP

【2014年11月 訪問】

スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://mosu3.blog.fc2.com/tb.php/139-ac1bf820
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top