2012.
01.29
Sun
建築年:大正15年(1926年)
所在地:杉並区高井戸西1-12-1 TEL:03-3334-2101
構 造:RC造 地上3階+塔屋
設 計:内田祥三(担当:土岐達人)
浴風会1
 京王井の頭線富士見が丘駅から、神田川の脇を通り、住宅街を8分ほど歩くと、新旧の建物がある大きな病院があります。
この病院は、関東大震災により老廃疾者、扶養者を失った人の救護ために、義援金や下賜金を基に大正12年(1923年)設立されました。
建設は内務省社会局が管理し、RC研究の権威であった内田祥三に設計を依頼し、大正15年に竣工されました。
 戦時中は軍に接収され、資金も凍結となりましたが、戦後に生活保護施設として復活、近代の養老事業・老年医学・ケアスクールなどの老人総合福祉施設としての先駆けとなりました。
旧本館は、東京都歴史的建造物に選定され、平成16年~17年にかけて、旧本館の外壁・防水層の改修がなされております。
           詳しくはコチラ→【浴風会
浴風会2
裏手の庭と池。日差しが入り眺めがよい部屋が並ぶ。手前の小塔は噴水。
浴風会3
池の反対側にある礼拝堂。2005年の訪問時は、礼拝堂の外壁は古いタイルであった。
浴風会5
バットレスで強度とゴシック教会の雰囲気を出している。階段が多いのは避難を考えてか?
浴風会7
正面玄関側は非対称のデザインで、照明器具は当時の物。スロープは後から新設。
浴風会6
 スチール製の玄関扉。バラの花のデザインで、庭にもバラが植えられている。
握り棒は使い手を選ばないユニバーサルデザインとなっている。
浴風会4
室内。大部屋だが左右に窓があり風通しが良い。この部屋は映画やドラマにたまに出てくる。

 内田祥三は、鉄筋コンクリート・防火の研究者であり、東京帝国大学の総長(1943年~)も務め、東京大学の安田講堂のほか本郷・駒場校舎、東京農工大学農学部本館、天理学園などを設計しています。
 内田氏は、大正9年・市街地建築物法の防火の項を担当し、近くで火事があれば必ず見に行くという、野次馬ならず放火魔と間違えられても仕方ないほどの熱心さであったといいます。
 震災後は、恩師であり建設局長となった佐野利器と共に復興指導し、同潤会理事として活躍。
大正13年には国により、防火地区建築補助規則:建築費の1/10~1/6の補助金と低金利長期貸付制度が発足され、住宅や商店にも準防火構造が奨励されました。
 内田氏らの研究から、隣家からの火が軒下にまわり、延焼してしまう事が解り、建築条例により防火基準が制定され、軒裏まで不燃材で覆うよう指導がなされました。
そして、正面が平らで銅板やモルタルに覆われた看板建築の誕生となりました。
 さらに内田氏は、木造建築の防火実験も開始し、昭和8年(1933)にモルタルの防火性能を
証明しました。
 この建物を担当した土岐達人は、門下生として当時は同潤会建築部に所属し、のちに鹿島建設にも在籍していたようです。

[2005年11月 訪問]
 
スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://mosu3.blog.fc2.com/tb.php/14-b577b98c
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top