2016.
03.06
Sun
住 所 : 栃木県足利市通6丁目3165(織姫公民館裏)
見 学: 4・5・10・11月の土休日、6月第2日曜日の9時~16時
見学料: 無 料
交 通: 東武足利駅~生活路線バス「通六丁目」下車、徒歩約3分
TEL: 0284-20-2230(足利市文化課)    ※詳しくはコチラ⇒【物外軒
物外軒1
 戦前まで足利の主要産業であった織物は、渡良瀬川の猿田河岸(やえんだかし)から船で運ばれ、海外へと輸出されました。
 この茶室は、北猿田河岸で回漕業を営む萬屋の3代目・長 四郎三(白翁)が、明治初年に建てたものです。 その後、柳田家(6代・柳田市郎右衛門)の所有となって明治34年に現在地に移築され、昭和26年から鈴木栄太郎(鈴木病院長)が買い上げ、昭和48年に足利市に寄付しました。
この鈴木栄太郎は、田崎草雲旧宅と作品も寄付しています。
物外軒2
物外軒: 平成3年に修復。 竣工当初の屋根はこけら葺きであったが瓦葺きに変更され、現在は銅板葺きになっている。
物外軒3
蹲踞・内路地の飛び石などは、太田道灌の江戸城・富士見亭の礎石を使ったものと伝わる。
物外軒・中潜門
中門の扁額「無心」は古筆了仲の書。 この茶室の設計監修をしたと伝わる。(※2)
物外軒・雪隠
雪隠: 当初は実際に使用したと思われるが、現在は使用不可。
他の茶室で見られる砂雪隠も古くから茶庭の飾りとなってしまった。
物外軒・裏
物外軒の裏側の方が景色の良い庭に面する。 茶事で席入りすると貴人口や躙り口は閉めてしまい、景色を楽しむ窓もなく、お茶だけを楽しむ空間となる。
物外軒・中
物外軒内部: 3帖台目・次の間3帖・水屋の構成。 床柱はこぶし。
この茶室は貸室として使用できる。
物外軒・天井
物外軒天井: 手前座が一番低い天井高
物外軒・扁額
「物外」の扁額は長 四郎三の直筆。 本人が彫ったものか?
物外軒・寄付
物外軒の隣りにある建物。 茶会の客が足袋を履き替え、身支度を整える為の寄付として使用。 
物外軒寄付・玄関
寄付の玄関。 タイルは貼り換えたか?
物外軒寄付・建具
左: 寄付の建具の唐紙は貼り換えてある
右: 結霜ガラスから大正末~昭和前期に建てられたと思われ、白翁の時代のものではない。
物外軒寄付・照明
寄付の照明
物外軒寄付・座敷
寄付: 台所や浴室はないが押入れもあり、住宅としても機能する。
物外軒・付属棟
付属棟も寄付と同じ時代?


 初代・吉右衛門〔信英〕は江戸で穀物や木材を扱う舟運で儲け、足利で回漕問屋「萬屋(万屋/よろづや)」を創めます。 川上不白に茶を学んだ粋な人物でもありました。 萬屋は足利の回漕問屋の中でも大店となり、江戸時代の関東長者番付に載るほど繁盛しました。
 3代目の四郎三〔信章〕は文政5年(1822)長男として生まれ、家業を継いでからは足利学校保存整備の寄付や、毛野村の初代村長(1889~ ※3)として地元に貢献しています。
 私生活では祖父と同じく表千家不白流の指導を受け、茶名を白翁に。 表千家・如心斎の辞世「物外の境風涼し大あぐら」から、この茶室を物外軒と名付けました。
 しかし、明治21年に両毛鉄道が開通すると回漕業は徐々に衰退し、副業の両替商を主体として東京で営業します。 屋敷絵図が本に載るほど明治時代前期まで栄えていた店も徐々に衰退し、長 四郎三(白翁)は晩年、「出もせず来る人もなきわが門は ひらくも閉ずも風にまかせて」という句を残しています。
物外軒・吊燈籠

【参考文献】
※1 「物外軒雑記」1998 長太三 著
※2 日本建築学会大会学術講演梗概集
   『足利市の茶室「物外軒」の平面構成と配置構成の特徴について』2005 長好江・中村恵三 著
※3 「栃木県町村公民必携」1889 三泉堂書店

【2014年11月 訪問】

スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://mosu3.blog.fc2.com/tb.php/142-42e1d2bd
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top