2016.
04.24
Sun
日本丸
 2015年5月末に『横浜開港祭2015』が開催されました。 様々なイベントも実施され、横浜港の魅力を満喫! 今回はその時の様子と横浜港の歴史を紹介します。
※今年も6月に『横浜開港祭2016』が開催されますが、同じ内容のイベントがあるとは限りません。 詳しくはコチラ⇒【横浜開港祭
総帆展帆
 日本丸メモリアルパークに係留されている初代日本丸で、全ての帆を広げる総帆展帆が実習生によって行われた。
本来は波のある沖合で行われるもので、高所恐怖症の私にとっては想像するだけでも恐ろしい。 見学者の注意事項としては日焼け・脱水症対策を念入りにする事。
船の模型
 横浜みなと博物館の帆船模型展に展示されていた、仏1669年100門艦『ル・ソレイツ・ロワイヤル』の断面模型。 村石忠一氏がパリ海洋博物館の写真から図面化して製作したというから驚き。
護衛艦やまゆき1
護衛艦やまゆきの一般公開は長蛇の列
ランチャー
ランチャーが動いた!
船用電球
揺れに強い船用の電球。 東京の旧岩崎久彌邸の屋根裏から船用の電球が見つかっており、船で実際に使用される姿を見る事ができて嬉しい。
やまなみロープ
索(縄)の収め方がアート作品の様
新港埠頭8号バース
新港埠頭8号バースの先端:関東大震災以降の工事箇所か?
ハンマーヘッドクレーン
50t定置式起重機(ハンマーヘッドクレーン):英国コーワンス セルドン社製で当時価格95,555円。 基礎工事は政府直営で行い、据付け組立は石川島造船所が請負った。関東大震災では倒壊を免れたが修理を行っている。(※3)
象の鼻
 開港時に造られた2つの突堤の一つで、荷降ろしの際の波避け形状から『象の鼻』と呼ばれるようになった。
運上所の役人が沖合に停泊中の外国船へ出向き、積荷検査と料金徴収後、小船に移して荷揚げされた。
横浜税関3
 「クイーンの塔」と呼ばれる横浜税関本関:明治18年の庁舎(煉瓦造2階建1885)が関東大震災で倒壊し、昭和9年に完成。 終戦直後マッカーサーに使用された歴史を持つ。 横浜三塔の一つとして保存が決定し、平成15年に増改築工事完了。


~横浜港の歴史~
 安政6年6月2日(1859/7/1)開港後の歴史は、元治元年に2つの波止場が構築された後、本格的な第1期工事(明治22年9月起工~29年5月竣工)が実施され、東と北の水堤と鉄橋などが完成します。 さらに、明治31年の議会で繋船岸拡張工事が可決し、臨時税関工事部が設置されます。
 そして、古市公威を中心に中山・丹羽らが港湾の全体設計を行いました。 その構造は、基礎は海底の砂質擬灰岩を堀盤し、コンクリートブロックの内部に割栗石を詰め、外部は切石積みとしたもので、東南埠頭の鉄橋は回転式で計画されました。 当初は明治36年度完成予定でしたが、実際には…
◆第2前期工事(明治32年5月~38年12月)埋立て岸壁延長・萬国橋。 日露戦争で緊縮。
◆第2後期工事(明治39年4月~大正6年11月)大蔵省臨時建築部へ移管され、明治44年に埋立て岸壁延長完了。 新港橋・煉瓦造の新港事務所2棟・煉瓦造3階建て倉庫2棟・木造や鉄骨造の上屋15棟・煉瓦造の発電所などは大正6年までに随時完成。
 この時に新築された船舶繋留・貨物取扱事務用の中央事務所(新港右突堤事務所)は、明治44年起工~大正3年5月竣工。 鉄骨煉瓦造3階建て+塔屋で、1Fには事務室と外航・荷扱船用の貸し事務室、2Fは事務室と特別応接室、3Fは会議室・小食堂・脱帽室など。
萬国橋の事務所は、大正2年2月起工~大正3年3月完成。煉瓦造2階建て+高低差を利用した半地下で、検査場や事務室を設置。
2階建て木造上屋は1Fが貨物置場、2Fが待合室。それに手荷物検査の上屋が付属し、鉄骨造の上屋は貨物の荷揚場などに使用しました。
◆第3期工事(大正10年4月~)は、埋立て岸壁延長・上屋・道路・鉄道引込線が昭和11年度に完成予定のところ、関東大震災が横浜港を直撃。
北防波堤と岸壁第3~5・7~13が沈没、桟橋も猛火で崩壊。鉄骨上屋1・5・7・10号は半倒壊、その他は半倒壊+火災。木造上屋い・ろ・12号は全焼。3階建て煉瓦倉庫2棟のうち、甲は火災で内部の1/3焼失。事務所・鉄道・橋梁・発電所・水道も被災。可動起重機18基は全て倒壊しましたが、50tと20t定置起重機は倒壊を免れています。
◆震災復興工事では、大正12年6月に臨時建築課横浜出張所が設置され、港湾は大正12年10月起工~14年9月竣工。上屋・倉庫・道路・鉄道などは大正13年6月起工~随時竣工し、昭和6年3月に完了しています。
◆終戦後は港や倉庫が接収され、GHQは大桟橋を、SCAJAPは新港埠頭・瑞穂埠頭・高島町二号桟橋を使い、日本は川崎埠頭・東洋埠頭石炭バースと認用された高島町二号桟橋を使っていました。 その殆どが日本に返還されていますが、いまだに戻っていない所もあります。
旧帝蚕倉庫
 旧横浜生糸検査所倉庫(旧帝蚕倉庫:横浜市中区北仲通五丁目)1926年,地上3階+地下1階
遠藤於菟の設計により、関東大震災後に建設された旧横浜生糸検査所(現・横浜第二合同庁舎)の倉庫。
「北仲通北再開発等促進地区地区計画」A-4地区にあり、この倉庫は解体され、旧横浜生糸検査所倉庫事務所(旧帝蚕倉庫事務所)の後ろへ移される予定。 三井不動産2016/3/1ニュースリリースによると、倉庫跡地には三井不動産レジデンシャル㈱・丸紅㈱・森ビル㈱の3社共同で、地上58階建の超高層タワーが計画され、予定では解体着工2016/6/1~、新築着工2016年10月~、竣工2020年1月となっている。
 煉瓦造やRC造の解体移築はとても難しいですが、なるべく多くの部材が残る事を期待しています。 ちなみに、事務所棟は解体せずに耐震補強されるようです。 どちらも内部は公開されていませんが、最後の姿は見ておきたいものです。
(手前の岸壁の切石はいつの時代のものだろう?)

【参考文献】
※1「横浜税関一覧」1900 横浜税関
※2「横浜税関新設備報告」1917 大蔵大臣官房臨時建築課 編 
※3「横浜税関新港設備概要」1917 大蔵大臣官房臨時建築課
※4「横浜税関陸上設備復旧工事概要」1925大蔵大臣官房臨時建築課横浜出張所
※5「横浜港概覧」 1930・1934 横浜税関
※6「横浜開港150年の歴史」横浜税関 2007

スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://mosu3.blog.fc2.com/tb.php/146-59bb0acb
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top