2016.
09.18
Sun
建築年:昭和4年(1929)竣工
設計者:司法省営繕課・蒲原重雄
構 造:RC造3階建て+監視塔
住 所:東京都葛飾区小菅1-35-1
交 通:東武線「小菅」駅~徒歩約5分、東京メトロ「綾瀬」駅~徒歩約15分
TEL: 03-3690-6681 
  ※開催についてはコチラ⇒【2016矯正展
小菅刑務所1
 年に1回、東京拘置所(法務省所管)の敷地を一般向けに解放し「矯正展」が開催されます。
ここには造形的に素晴らしい建物が現存しており、賑やかな行事を尻目に鑑賞してきました。
小菅刑務所2
 この建物はかつての小菅刑務所の一部で、現在は使用されていません。
明治21年頃に煉瓦造で建設された小菅刑務所が関東大震災で崩壊した後、総工費1,411,000円をかけてこの建物が昭和4年10月に落成します。
10年以上の長期囚1200人の収容施設として設計されており、この管理棟を中心として南北に対称形で3階建ての舎房が配置され、水洗トイレなども設置。 その他にも優良舎や木工場、各種の小工場がありました。 そして、囚人と接する教務室・医務室などは構内、一般事務室は区域外に設置し、作業を円滑に進めました。 東京拘置所と小菅刑務所が同居となった時には、中塀を境に未決・既決に分け、木造で増築したり、工場を舎房に改造しています。
小菅刑務所4
 この地は伊奈家の下屋敷でしたが、将軍家の鷹狩りの休息所、家重(9代)の養育所として「小菅御殿」と呼ばれ、その絵図には濠が描かれ、将軍は川づたいに舟で訪れていました。 御殿は元文6年(1741)全焼し再建しています。
その後は代官役所→小菅県庁となり、その跡地に小菅煉瓦製造所が建設され、その煉瓦は銀座・丸の内の煉瓦街などに使用されます。 さらに獄舎を建て、M11小菅監獄(警視局)→M12東京集治監(内務省)→M36小菅監獄(司法省)→T11小菅刑務所となっていました。
 一方で東京拘置所の歴史は…市谷刑務所が巣鴨へ移転→S15東京拘置所と改称→空襲で焼け出された司法省に建物を渡して中野の豊多摩刑務所へ移転(囚人は府中へ)→S21にGEQ接収で小菅刑務所へ移転→S33東京拘置所が巣鴨(池袋)へ移転→S46東京拘置所が再び小菅に戻り、小菅刑務所は無くなります。 再び小菅に戻った理由は、池袋を再開発するための東京拘置所の移転先として、青梅や那須が候補地に上がり、住民の反対にあった事が原因のようです。
ちなみに、解体された東京の刑務所の設計者は、巣鴨監獄:妻木頼黄と山下啓次郎、豊多摩監獄(中野):後藤慶二、府中刑務所:浜野三郎、巣鴨プリズン(池袋):成尾清となっています。 解体された巣鴨監獄の表門(煉瓦造2F)の扉は、現在も府中刑務所に保存されています。
小菅刑務所・監視塔2
監視塔は見る角度により様々な形に変化する
小菅刑務所・監視塔1
監視塔の地中深くに有馬四郎助が定礎箱を埋めたという
小菅刑務所・車寄せ
中2階にある正面玄関の車寄せ。 館内の奥に進むと講堂があり、エレベーターもあった。
小菅刑務所・格子
当時の窓はスチールサッシ
小菅刑務所6
南区画への出入口:ここから入所したのだろうか
小菅刑務所・中庭2
北区画の内部
小菅刑務所・開かずの門1
明治時代の東京集治監の門扉を記念に残した「開かずの門」
小菅刑務所・開かずの門2
「開かずの門」表側
小菅刑務所・中庭3
北区画の無線部
小菅刑務所・中庭通路1
北区画の通路から外を見る
小菅刑務所・中庭通路2
通路にある階段と出入口
小菅煉瓦
桜マーク入りの小菅煉瓦製造所のレンガが庭に飾られていた
小菅刑務所・食堂1
窓から覗いたところ、食堂らしき部屋が
小菅刑務所・厨房
タイルの水槽
東京拘置所
高層マンションの様な現在の東京拘置所
小菅刑務所3
 小菅刑務所設計者・蒲原重雄は明治31年に生まれ、帝国大学卒業後は司法省営繕係に勤務し、刑務所建設に携わるようになります。 昭和2年の文献には、所在地が小菅刑務所官舎となっている事から、現場に常駐していたと思われます。 そして小菅刑務所が昭和4年10月竣工。 その完成前に法政大学・松室致学長の依頼を受け、北軽井沢の山荘の設計をする事になり、11様式100種のプランを構想していたようです。 昭和2年の夏に地縄を張り、翌年夏に第1期が完成。 現在「大学村」と呼ばれている地に一部が現存しています。
その後の蒲原は病気を患ったため北軽井沢で静養に入り、昭和7年10月に結核により逝去。 それでも最後の年に、平塚の住宅8軒を設計していたようです。
小菅刑務所5
【参考文献】
「小菅の歴史」五藤喜一郎 著 1973
刑政52-2「小菅刑務所見学記」本橋逹 著 1939
刑政65-10「行刑建築小史」楠冨士太郎 著 1954
東商264「東京拘置所跡地の再開発」桑原大行 著 1969
「風雪五十年」東京拘置所開設五十周年記念誌編集委員会 1987
「建築年鑑. 昭和2年度版」建築世界社
「北軽井沢大学村」山川真吉 著1938
論文「史料としての竣工年代と設計者記名方式 : 小菅刑務所と蒲原重雄」近江栄 著 1971

【2015年10月 訪問】

スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://mosu3.blog.fc2.com/tb.php/158-4c1a873f
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top