2016.
11.20
Sun
大津祭り・町屋
 ここのところ京都の宿は満室状態。 そこで予約の取れたホテルへ向かうためJR大津駅に降り立つと、駅前のテントで半被を着た人達がビラ配りをしていて、訊くと今夜は宵宮(夜祭り)との事。 よくある町の祭りかな…と思いつつ、地図をもらって訪ねてみる事にしました。
 大通りから脇道へ入ると提灯を下げた町屋が連なり、玄関が開け放たれた家には人形が飾られています。 それは明日の本祭りで曳山に乗せるカラクリ人形との事で、動きはしないものの間近で見る事ができました。
「人形好き」である私。 恥ずかしながらカラクリの山車が13基もある祭りが大津にあったとは知りませんでした。(すみません) 
大津祭り・狸山1
西行桜狸山(通称:狸山)鍛冶屋町
左から、都人・西行法師・狸・桜の精(仙人)。 狸は当日、屋根の上に載せられ、天気を守るため曳山の先頭を巡行。
大津祭り・狸山2
左:とても可愛らしい桜の精(仙人):西行法師との問答で登場する様子をカラクリで表現(前へ進み出て回ってしゃがむ)
右:桜の精が乗る西行桜狸山(狸山)
大津祭り・湯立山
湯立山(通称:おちゃんぽ山)玉屋町 
左から、飛矢(巫女)・市(巫女)・祢宜(神職)
まずは祢宜がお祓いをし、市が釜の湯の前で笹を振り、飛矢が首を左右に振りながら鉦を打つという動作で湯立神事を表す。
大津祭り・布袋練物
新町の布袋
人が被って練り歩いたという唯一残る練物。 現在は町内に飾るだけで実際に被る事はない。
かつては17ヶ町の練物があったと云われ、この布袋様が復活すると祭りが盛り上がるのでは。
大津祭り・源氏山
源氏山(通称:紫式部山)中京町
石山寺の紫式部の前に、牛車・舟などが次々と現れる仕組み。
大津・宵祭り
上:2階から狸山に乗り移る子供達     下:源氏山(通称・紫式部山)中京町


 翌日の予定を変更して、曳山を見るため天孫神社(四ノ宮神社)へと向かい、鳥居の下で待っていると、ロープが張られて囲われの身に。
そこは曳山が神社へ向けてカラクリ人形の奉納舞いをする場所で、曳山が回転して危険なので、子供やお年寄りは避けた方が無難でしょう。
 また、真下にいると人形の動きは殆ど見えず、少し離れた場所が良いかもしれません。 他にもカラクリ人形を動かす場所が何カ所もあり、目印の御幣が付けられた所で曳山の所望を見る事ができます。
天孫神社・神輿1
天孫神社の神輿:43年ぶりに蔵から出された『大宮』。 担ぎ手がいなくなり、蔵に収められていたという。
訪問時(2015/10/10)は境内の舞殿に展示されていたが、2016年には安全を期して台車に載せて巡行したそう。
天孫神社・神輿2
神輿の前の垂れ幕?の中にも神様がいらっしゃりそうだが…
大津祭り01
左:南保町の猩々山             右:湊町の石橋山
これらの曳山は江戸時代に製作した物が多く、補修を重ねて現代まで使用しており、祭りの翌日には解体して来年まで保管される。
大津祭り02
左:白玉町の西宮蛭子山(恵美須山)   右:中堀町の孔明祈水山(孔明山)
大津祭り5
神功皇后山:猟師町
皇后が弓で字を書く所作をすると、岩に文字が出現する。
大津祭り1
月宮殿山(通称:鶴亀山)上京町
謡曲「鶴亀(月宮殿)」に因んだもので、皇帝の前で男児と女児が鶴亀の舞を踊る。
大津祭り・桃山
左:本祭りで曳山から撒かれるチマキ。 食用ではなく、玄関先や軒下などに吊るしておくと厄除けになる。 地元向けに撒かれるので拾うのは中々難しい。
右:西王母山(桃山)丸屋町。 桃が二つに割れて、中から出て来た童子がしゃがむカラクリ。
大津祭り・信号
曳山が全て去った後、作業服を着たお兄さんが可動式の信号をロープで引いて元に戻した。


 毎年、体育の日の前日が本祭り。 13基もある立派な山車祭りですが、今年の2016年3月に重要無形民俗文化財になったばかり。 京都でも知らない人がいる事から、”知る人ぞ知る 祭り” であったのかもしれません。   ※詳しくはコチラ⇒【大津祭り曳山連盟

【2015年10月 訪問】

スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://mosu3.blog.fc2.com/tb.php/163-bfea016a
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top