2016.
12.24
Sat
建築年:昭和3年(1928)竣工
設計施工:設計はヴォーリズ建築事務所、 施工は石倉工務店
構 造:木造2階建て+塔屋
所在地:滋賀県大津市末広町6-6
交 通: JR大津駅~徒歩約3分、or 京阪電鉄 上栄町駅~徒歩約7分
TEL:077-522-3634
    ※詳しくはコチラ⇒【大津教会
大津教会
大津祭りの喧騒を忘れさせるほど静かな教会。
訪ねてみると奥様がいらっしゃり、建物内を案内して下さいました。
大津教会・玄関
この建物は昭和3年(1928)大津同胞教会の『大津同胞会館』として竣工。
昭和21年(1946)2つの教会が合併し『日本基督教団 大津教会』会堂となりました。
大津教会・玄関装飾
表玄関の装飾
大津教会2
昭和32~33年に会堂内部の改築、外装・屋根の修復を実施。
昭和35年には幼稚園の改築も行われ、それ以降もサッシ・設備などの改修が施されている。
大津教会・玄関ホール
玄関ホール
大津教会・礼拝室
礼拝堂
大津教会・礼拝室2
礼拝堂後方
大津教会・ベンチ
修理して大事に使われているベンチ
大津教会・天井扇
古そうな天井扇
大津教会・1階回廊
左:幼稚園との境
右:礼拝堂裏の通路…現在は壁になっているが、当初は礼拝堂と幼稚園は戸で仕切られ、全て取り払うと幼稚園ホールと一体となり広い舞台になったという、まるで劇場の様な造り。 多目的に使えるよう、当初は『大津同胞会館』と名付けられた。
大津教会・旧外壁
上:下から見上げた内玄関のアーチ(穴は照明の跡)
下:内玄関に残る当初の外壁仕上げ
大津教会・2階回廊1
2階回廊
大津教会・2階回廊2
2階回廊
大津教会・塔屋


 同胞教会は、アメリカで発祥したプロテスタントの教会で、明治28年に日本へ伝来し、明治38年(1905)大津同胞教会が組織されました。
当初は借家を会堂とし、初代牧師はシカゴ大学神学部を卒業して膳所教会を創設した矢部喜好が兼牧。 
さらに大津同胞教会は、大正7年(1918)愛光幼稚園を創設し、大正11年(1922)には夜間学校も開設されました。
 愛光幼稚園(大津愛光学園)の初代園長・ベネ・ニップは日本同胞教会を総括していたエドガー・ニップの夫人で、5つの幼稚園(膳所教会聖愛幼稚園・草津教会信愛幼稚園・馬場同胞幼稚園・瀬田同胞教会昭愛幼稚園)の園長を兼任し、資金・物資支援を母国へ向けて募っていました。
 ところが戦争になると、近隣に住んでいたニップ夫妻は自由な外出も許されず、昭和16年に帰国。 この建物の窓に投石、保育室に人糞といった嫌がらせが続きます。 しかし地元の主婦にとって幼稚園は必須だったようで、休園していたのは僅かな期間でした。
 同じく、アメリカ発祥のプロテスタントの日本組合教会は、明治19年 (1886) 新島襄らを中心とする会衆派が集結した教会で、明治23年(1890)大津に設立された日本組合大津基督教会では、昭和3年と7年にヴォ―リズが特別伝道応援牧師として活動しています。
また、崇貞学園(北京)・桜美林学園(東京)を創設した清水安三が17歳の時(1908年)に受洗。 後に伝道師となって中国に渡り、戦争になると北京を守るため日中両軍の司令官に直談判しました。
 この日本組合大津基督教会(白玉町,1919.9.24献堂式)は昭和15年から伝道所へ格下げとなり、昭和17年~21年まで県の土建統制事務所に貸与された後、しばらくして解体されたようです。 
 昭和16年(1941)プロテスタントの教会が集結して日本基督教団が設立されると、2つの教会はそれぞれ『大津南教会(同胞教会)』、『大津教会(組合教会)』と改称していましたが、両教会は昭和21年(1946.7.18)一旦解散して合併し『日本基督教団 大津教会』となりました。

【参考文献】
「日本基督教団大津教会史」日本基督教団大津教会 1969 
「清水安三と北京崇貞学園」李紅衛 著 2009 不二出版

【2015年10月 訪問】

スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://mosu3.blog.fc2.com/tb.php/165-c5769e85
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top