2017.
01.08
Sun
建築年:昭和9年(1934)竣工、改修は何度かあり
設計施工:設計は岡田建築事務所、  施工は清水組など
構 造:RC造+木造など、3階建て+地階
開 館:9時~22時(受付は19時30分迄)
所在地:滋賀県大津市柳が崎5-35
交 通:JR「大津京駅」 or、 京阪「近江神宮前駅」~徒歩約15分
TEL:077-511-4187
    ※詳しくはコチラ⇒【びわ湖大津館
旧琵琶湖ホテル5
 かつて、皇室や各国の要人が宿泊した琵琶湖の高級ホテル。 平成10年(1998)浜大津への移転に伴って建物の保存運動が高まり、大津市が耐震改修保存工事を行い、平成14年(2002)から『びわ湖大津館』として開館しました。
旧琵琶湖ホテル・正面玄関
正面玄関
 本館の実施設計を担当した岡田捷五郎は、明治27年(1894.11.24)東京生まれ、大正9(1920)東京美術学校卒業。
滝川工務店に入社しますが、大正9年12月から一年ほど徴兵された後、兄・岡田信一郎の設計事務所に入所。
昭和2年(1927)から東京美術学校建築科講師となり、昭和18年(1943)教授となりました。 
昭和7年(1932)兄の信一郎が亡くなると岡田建築事務所を引き継ぎ、この琵琶湖ホテルの設計を担当しています。
琵琶湖ホテル新館(1953,木造)設計者の小河吉之助もかつて所員(1937独立)であり、この本館の設計業務にも関わっていたようです。
旧琵琶湖ホテル・唐破風
玄関の唐破風と大屋根の小屋組は木造
旧琵琶湖ホテル・鬼瓦
かつての鬼瓦
旧琵琶湖ホテル・1Fホール
1階ホール
琵琶湖ホテル・階段手摺
地下への階段手摺
旧琵琶湖ホテル・キーBOX
フロントのキーボックス
旧琵琶湖ホテル・両替所
両替所跡
旧琵琶湖ホテル・大食堂
大食堂『桃山の間』  ※使用中でなければフロントに言うと見学可能 
 オーケストラボックスを設け、ダンスホールとして利用できるようになっているが、実際に使用されたかは不明。
図面を見る限り、右手の空調ガラリがオーケストラボックスの出入口であったと思われる。
旧琵琶湖ホテル・貴賓室
3F貴賓室は現在は特別展示室になっている
旧琵琶湖ホテル・トイレ
かつての客室はトイレに改装
旧琵琶湖ホテル・屋上庭園
バルコニー(屋上庭園)
木造の欄干は塗装色も復元しているが、床のクリンカータイルは現存していない。
旧琵琶湖ホテル2


 多数の観光客が琵琶湖を訪れると予想し、昭和3年に国際ホテル計画が発表され、滋賀県が建設地を柳ヶ崎に定めて大津市に買収業務を委託、新会社設立も計画されます。 しかし地価高騰の為、滋賀県は面積を縮小して土地を買収し、大津市の所有地(無償貸与)と合わせて建設地としました。
さらに別館(ダンスホール)の建設が中止され、大蔵省の低金利融資も減額されてしまいます。 これにより県は電気・暖房・衛生設備費用も捻出できず、それらの工事費用とエレベーター・造園工事は会社負担となりました。 
名称は『仮称)国際観光ホテル』→昭和8年12月『琵琶湖ホテル』となり、昭和9年に会社が設立されると、取締役会長に藤井善助(藤井彦四郎の兄)が就任。
昭和9年に建物が竣工(10/25)、県との賃貸契約(10/26)、宿屋営業許可(10/27)、開業竣工式(10/27)と慌ただしくOPENしました。 
開業時の間取りは…1F:読書室・ラウンジ・宴会場(食堂)・酒場・理髪室・美容室など、 2F:客室・小宴会場、 3F:客室
その他に館内には、売店・ビリヤード場・卓球場・囲碁将棋室、外部にテニスコート、庭園には夏季限定で食堂を設置。
開業当時の定食は、朝1円50銭,昼2円,夜2円50銭、アフタヌーンティーセット75銭、という価格で提供されました。
 昭和10年に起きた水害と天候不順でしばらく営業不振に陥りましたが、その後は軍需景気で利用者が増大。
しかし戦況が厳しくなると景気も悪化し、金属類回収令でエレベーター接収、労務調整令でホテルスタッフは女性に交代しています。
 終戦を迎えると、建物は国と県が借り上げて進駐軍に提供。 昭和20年(1945/9/30)から琵琶湖ホテルは進駐軍専用宿舎となり、重役と経理は外へ出され、進駐軍が管理しました。
物資調達・改修工事も日本の終戦処理費で賄われ、水道殺菌設備や網戸の設置、キッチンや食品庫をタイル貼に改修。
さらにホテルの地下にバールーム・理髪室などが開店し、ベビーゴルフ場・25mプールも順次完成しました。
食材は主に缶詰で、肉は京都の公認肉屋から、野菜は肥しを使わない専用農園(タキイ種苗経営)から仕入れていたとの事。
 昭和27年(1952)接収が解除されると、半額の請負金で7月から米軍と直接契約。 建物は既に県より無償譲渡されており、改修品を買い取り、新館(木造2F+BF,小河吉之助建築事務所)が翌年(1953/10/29)に竣工。 昭和32年に米軍との契約が解除されると、12月1日から一般向けの営業を再開します。
御大典のため建設された京都の都ホテル第4・5号館と、什器備品の譲渡を受けて移築し、昭和35年(1960/8/1)木造+鉄骨造2階建て、2棟の旅館『びわこ』がOPEN。
さらに翌年には大浴場と客室を有する建物(RC造5F+BF)が竣工し、新館は移築して座敷に改修して『西別館』になります。
そして昭和44年にはRC造の東側を増築(RC造5F+BF)。 ※のちに本館以外は全て解体。
昭和天皇の行啓先と決まると、昭和48年~49年まで本館全室のバスルームと什器備品の交換、キッチン改良、電気設備工事が行われました。
 皇太子(今上天皇)も何度か宿泊された琵琶湖の高級ホテルでしたが、平成10年(1998/8/24)琵琶湖ホテルの浜大津への移転に伴い閉館。
翌年に滋賀県と大津市が買い上げ、大津市が耐震改修保存工事を行い、平成14年(2002/4/27)『びわ湖大津館』が開館しました。

【参考文献】
「琵琶湖ホテル五十年のあゆみ」琵琶湖ホテル 1984
琵琶湖ホテルのリーフレット(開業当時)
「大津市指定有形文化財旧琵琶湖ホテル本館修理工事報告書」大津市・大津市教育委員会 2002

【2015年10月 訪問】

スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://mosu3.blog.fc2.com/tb.php/167-a6fac604
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top