2017.
01.22
Sun
建築年:昭和14年頃に竣工
構 造:鉄筋コンクリート造2階建て
所在地:東京都東大和市桜が丘二丁目、都立東大和南公園内
公 開:毎月第2日曜日、13時~16時、無料 (※1階のみ)
交 通:西武鉄道・多摩モノレール「玉川上水」駅~徒歩約5分、都立東大和南公園内

                 ※詳しくはコチラ⇒【旧日立航空機㈱変電所
旧日立航空機㈱変電所
 子供達が遊ぶのどかな東大和南公園の一角に、廃墟のような建物が残っています。
これは変電所の跡で、この一帯が日立航空機㈱立川工場の敷地であり、昭和20年の空襲の際、多くの従業員がこの工場で亡くなりました。
特に2月17日は78名もの死没者が出ており、その年の初め頃から空襲が激しくなっていた事がわかります。
普段は立ち入り禁止となっていますが、毎月1回この建物1階が公開されています。
旧日立航空機㈱変電所3
モダニズム的な建築
旧日立航空機㈱変電所・入口
 この変電所は小松ゼノア㈱が平成5年(1993)まで使用していた建物で、昭和53年に都有地となり、後に都立東大和南公園の一部となりました。
その後、東大和市が東京都より分割購入し、戦争遺跡として平成7年(1995)土台・柱の補強、屋根の修復、爆撃痕の接着補強工事を実施。
旧日立航空機㈱変電所・内部2
1階内部の壁は補修されている
旧日立航空機㈱変電所・内部4
左:正面出入口           右:小部屋の壁は当時のまま
旧日立航空機㈱変電所・内部3
コンクリートの壁に残る、弾が貫通した痕 
旧日立航空機㈱変電所・階段

旧日立航空機㈱変電所・内部1
終戦の日(8月15日)多くの人が訪れ、ビデオを見ていた
旧日立航空機㈱変電所・配置図
日立航空機㈱立川工場の配置図 (※展示パネルより)
旧日立航空機㈱変電所・被弾跡
日立航空機㈱立川工場の被弾跡 (※展示パネルより)
旧日立航空機㈱変電所・古写真2
空襲後の写真 (※展示パネルより)
旧日立航空機㈱変電所・空襲被害
左:日立航空機㈱立川工場での死没者
右:多摩地域の昭和19年~20年の空襲  (※展示パネルより)
旧日立航空機㈱変電所・銃痕


 日立航空機は昭和14年(1939.2)東京瓦斯電気工業㈱より経営権の譲渡を受け、同年5月に独立した会社で、5つの工場(千葉・立川・大森・羽田・川崎鋳造所)があり、大森と立川工場は主に発動機(エンジン)の製造を行い、羽田工場で部品を製造し、千葉工場で零式練習用戦闘機A6M5-K等を完成させていたとの事。
 戦況が厳しくなると、材料品質の低下、熟練工不足により製造も困難になります。 工場には空襲用の塹壕や防空壕が掘られ、建物は迷彩色に塗られました。 さらに昭和19年(1944.12)から、生産品・設備などの疎開計画が実施され、地下や学校に疎開施設が設置されます。
立川の疎開工場は八洲に設置される事になりますが、まだ疎開が完了していない昭和20年(1945)空襲に遭い、操業不能となりました。
立川工場及び社宅において、昭和20年の空襲3回での犠牲者は、従業員と家族、勤労学徒など計111名が亡くなっています。
その犠牲者の内訳は2月17日78名(内、学徒9名)、4月19日5名(内、学徒1名)、4月24日28名(内、学徒5名)となっています。
(※上記の数字は展示パネルから。アメリカ合衆国戦略爆撃調査団の資料では2/17・4/24の2回空襲とあり、犠牲者数の記載なし)
かつての多摩地域は軍需工場が多く、昭和19年~20年(1944.11.24~1945.8.15)まで30日以上の空襲を受けており、多くの犠牲者が出ました。 この変電所の弾痕が、戦争を経験していない人々に悲惨な記録を伝えています。
旧日立航空機㈱変電所2
【日立航空機】
 明治43年(1910)東京瓦斯工業㈱が設立、大正2年に東京瓦斯電気工業㈱と改称。 大正7年(1918)初の国産自動車の生産を開始。
しかし、経営破たんして解体され、自動車部が独立・合併・改称を繰り返し、現在の日野自動車・いすゞ自動車となっています。
解体された他の部門は、一部が日立製作所に吸収合併され、昭和14年(1939)日立航空機㈱として独立。(他にも日立工作機・日立兵器が独立)
 戦後、日立航空機㈱の技術は、日興工業㈱→㈱日興製作所を経て、新)東京瓦斯電気工業へと継承されますが、その後は合併を繰り返し、富士自動車㈱→ゼノア㈱→小松ゼノア㈱となって、この変電所を最後まで使用。
チェーンソーなどを製造する農林・造園機器メーカーである小松ゼノア㈱は川越に拠点を移し、現在はスウェーデンのハスクバーナの傘下に入り、社名がハスクバーナ・ゼノア㈱となっています。
戦後、中島飛行機の技術を受け継いだ富士産業がラビットスクーターを製造したように、日立航空機の技術は富士自動車のフジキャビンに受け継がれました。 現在、2つの会社は無くなってしまいましたが、丸みを帯びた愛らしいフォルムの車両が、新たなファンを獲得しています。

【参考文献】
「太平洋戦争中の日立航空機株式会社」1990 日立鵬友会
「東大和市新学校給食センター建設に係る概況調査の結果について(平成25年)」東大和市

【2015年8月 訪問】

スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://mosu3.blog.fc2.com/tb.php/169-e30843a8
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top