2012.
02.26
Sun
会場:パナソニック汐留ミュージアム
   東京都港区東新橋1-5-1パナソニック東京汐留ビル4階
会期:2012年1月14日(土)~3月25日(日)
開館:10:00~18:00(入館は17:30まで)
休館:月曜日   料金:大人500円

今和次郎展
 JR新橋駅・銀座口から昭和通りへ向かって10分程で、右手に石造風の建物が見えてきます。
これは旧新橋停車場を復元したもので全てが新しく、レストランや資料館があり、ガラスに覆われた箇所では発掘で見つかった旧ホームの縁石を見ることが出来ます。
 その旧停車場の隣りの大きなビルが、パナソニック東京汐留ビルで、建材などのショールームとして体験可能。4階にあるパナソニック汐留ミュージアムは、建築・インテリア関係の展示会で知られています。 今回は、人間観察で知られる「今 和次郎」という事で、楽しみにしておりました。
考現学採集
 今和次郎は津軽藩医の家系に生まれ、18歳まで弘前の東奥義塾(※詳しくはコチラ⇒東奥義塾外人教師館)で学びます。
その後、早稲田大学教授の佐藤功一の助手となり、大正6年には柳田國男・細川護立らの「白茅会 はくぼうかい」の活動に参加。 全国にある古民家の緻密なスケッチ調査を開始し、大正7年に日本初の「民家図集」を発行します。 さらに、早大教授となった後、大正11年には有名な「日本の民家」も出版しています。
 大正12年の関東大震災により焼け野原になった東京も、写真とスケッチで記録。 被災者が土管や卒塔婆を材料に小屋を建てた絵には、人間のサバイバル本能を感じます。
 同年9月には、絵描きや彫刻家と共にバラック装飾社(淀橋町柏木937番地)を立ち上げ、建物に奇抜なデコレーションを施していきます。 その中でも有名なのは「カフェ・キリン」で、建築史の写真で見た事がある方も多いでしょう。 明治屋の子会社でありキリンビールが飲めるカフェバーとして、曾禰中條建築事務所の設計・竹中工務店の施工により、今の銀座伊東屋の場所にありました。
 その後、吉田謙吉らの協力のもと東京のあらゆる物の統計調査を開始し、婦人公論で発表します。 銀座や深川の人間観察の他、「2時間歩いて見つかった犬の模様の調査」では→1位:赤ブチ27匹、最下位:白ブチ2匹など、全てにおいて奇天烈で気の遠くなる調査を続け、考現学・生活学を提唱します。
 昭和2年には新宿紀伊国屋で「しらべもの考現学」を開催。 茶碗の割れ方・オシメの模様・中学生の制服の破れ方・子供の鼻の垂らし方など、統計調査をスケッチで表しました。

 その後は建築家として数多くの設計もしており、昭和9年には東北大飢饉により天皇の命を受け、東北に4千棟余りの恩賜郷倉(共同貯蔵庫)を設計。 港区にある旧 渡辺甚吉邸の内装デザインでは、椅子やカトラリー(スプーンフォーク等)のデザインまで手掛けています。
 さらに、服飾・生活改善までの幅広い教育活動で人間研究の第一人者として認められていましたが、現地調査に限らずマッカーサーにもジャンパー姿で逢い、園遊会では庭師に間違えられ、摘まみ出されたといいいます。
 
 今回はスケッチ調査の現物や、渡辺甚吉邸の椅子やカトラリーなど、約270点が展示されております。 最低でも2時間前後かかりますので、時間に余裕をもたせましょう。 鑑賞後は、現在の新橋-銀座-京橋の人間観察をしてみるのも面白いかもしれません。
どうしても会場に行けない場合は、解説付きの本で楽しめますので、ぜひともご覧下さい。  「考現学採集モデルノロヂオ」・「考現学入門」・「ジャンパーを着て四十年(文化服装学院出版局)」・・・など
※汐留ミュージアムの詳しい情報は→【汐留M

スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://mosu3.blog.fc2.com/tb.php/17-8add25c7
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top