2017.
02.19
Sun
取手の長禅寺三世堂に続いて、会津の珍しい御堂を紹介します。
御三階
御三階(ごさんがい) 
建築年:江戸後期、 何度か移築・改修有り
所在地:福島県会津若松市七日町4‐20
公 開:通常非公開
交 通:会津鉄道・七日町駅 or 七日町駅前バス停、下車すぐ
御三階・東面
江戸時代に鶴ヶ城本丸に建造された櫓で、明治3年に阿弥陀寺に移築し本堂として使用された。
道路沿いにあったが、昭和49年に本堂新築のため現在地に移築している。
御三階・裏と西
左:裏側              右:西側
御三階・唐破風
向拝には本丸御殿の唐破風が付けられている
御三階・1階
平成27年(2015/4/2~6/30)1階のみ公開された時の様子 ※入場不可
九代 会津藩主・松平容保の肖像画:秩父宮勢津子妃殿下は容保の孫(松平節子)
御三階・解説板1
鶴ヶ城本丸の配置図   〔展示パネルより〕
御三階・解説板3
平面図    〔展示パネルより〕
御三階・解説板2
断面図    〔展示パネルより〕
2階~3階の間に這いつくばるほど天井の低い部屋が存在し、3階は梯子階段がないと上がれない。
阿弥陀寺
阿弥陀寺:慶長8年(1603)良然により開山。 戊辰戦争の遺骸1300余りが埋葬されている。


円通三匝堂(さざえ堂)
建築年:江戸後期、 何度か修復有り
所在地:福島県会津若松市一箕町八幡弁天下1404
公 開:8:15~日没、無休、有料
交 通:会津若松駅~まちなか周遊バス~「飯盛山下」下車、徒歩5分
TEL:0242-22-3163   ※詳しくはコチラ⇒【会津さざえ堂
さざえ堂
 会津の観光名所である『さざえ堂』の正式名は「円通三匝堂(えんつうさんそうどう)」という観音堂で、寛政8年(1796)飯盛山の正宗寺境内に建立したと伝わる。
さざえ堂2
 さざえ堂形式の堂宇は幾つかあるが、この円通三匝堂はスロープと六角形の平面から、よりサザエに近い形状をしている。
昭和28年(1953)補強材・金具締め等により傾斜修正された。
さざえ堂・向拝
向拝の屋根
さざえ堂・内部1
入口:さざえ堂を建立した正宗寺・郁堂和尚の像が祀られる
かつて西国三十三観音像が安置され、二重螺旋スロープによって上り下りの順路が交わる事なくお参りできたが、明治の神仏分離令によって正宗寺は廃寺され、三十三観音像は取り外された。
さざえ堂・内部2
左:上り               右:疲れた人は下りへ抜ける事ができる
さざえ堂・心柱
塔の中心は柱6本で支えている
さざえ堂・内部3
頂上は太鼓橋の様
さざえ堂・宝珠
石の宝珠:平成6年(1994.2.22)突風で剥がれた展望休憩所のトタン屋根が飛来し、宝珠石250kgが落下、大屋根に穴が開いた。
当初の屋根はコケラ葺きであったが、昭和7年その上に重ねて銅板が葺かれ、昭和47年から3年かけて屋根の大修理(垂木・野地板・銅板)、平成6年に宝珠石落下の補修工事が実施されている。

【2015年5月 訪問】

スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://mosu3.blog.fc2.com/tb.php/171-e90a8bfd
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top