2017.
04.16
Sun
建築年:昭和3年(1928)竣工
設計施工:設計は藤井厚二、施工は酒徳金之助
所在地:京都府乙訓郡大山崎町
交 通:JR山崎駅 or、阪急大山崎駅~徒歩約10分(上り坂)
見 学:水・金・日曜日の時間限定で予約受付(人数制限あり)
  ※詳しくはコチラ⇒【聴竹居
聴竹居
 大山崎の高台に佇むこの建物は、住宅の改善に取り組んだ藤井厚二の5軒目の自邸です。
それまで平屋と2階建てに住んだ結果、藤井は平屋が最適と判断し、それに適する敷地として現在地を選びました。
実は伊東恒治(大阪船場の青山ビル設計者)も大山崎に住んでいました。 昭和3年の文献(※1)には、伊東恒治は京都帝国大学営繕課嘱託、住所は乙訓郡大山崎山崎駅上と記載されおり、その頃の藤井は京都帝国大学の教授。 近所としての親交もあったのでしょうか。
聴竹居・玄関
聴竹居・玄関 (細かい工夫がなされているので現地で確認してほしい)
外壁はクリーム色の漆喰、腰積みはRC造に靑龍石粒の洗い出し仕上げ。
当初の屋根は野地板(軒・ケラバ等を除く)を二重にした銅板葺きで、屋根裏の通風口の上だけ瓦葺き。 屋根は現在、着色鉄板葺きとなっている。
聴竹居・勝手口
勝手口と風呂釜
小さな戸を開ければ風呂の湯加減をチェックできる。 洗濯に使う残り湯も運べて便利。
聴竹居・ゴミ箱
台所前にある生ゴミのダストシュートBOXは、洗い水も少々流すため下水管を設置。 床下通気口もかなり大きい。
※室内の様子はコチラ⇒【聴竹居②
聴竹居・閑室
本屋の隣にある閑室(かんしつ:昭和3年) ※非公開 
書斎・接客用で、建物の角に2枚の玄関戸を設置した珍しい設計。 
藤井によると『閑室』とは、茶道の古い伝統にこだわらず和敬静寂を楽しみ、閑寂を旨とする室の意味との事。
聴竹居・下閑室
敷地内にある下閑室(茶室):昭和5年頃 ※非公開 
茶席・接客用として利用。 1畳台目中板敷きの茶室・座敷・板の間・立ち流しの水屋・便所などがある。
当初は腰掛待合(写真に写るベンチ)の前に小さな滝と浅い池があり、小川となって下の家に流れていたという。
座敷の床の間は少々変わっており、細長い地袋付きの棚に陶磁器や生花などを配列し、地袋の襖を開いて膝を入れて座り、間近に鑑賞できるよう工夫されている。 
聴竹居・彫刻
左:聴竹居の霊獣石像              右:伝道院の霊獣石像
竹中工務店が施工した伝道院(1912.伊東忠太設計)と同じ彫刻が庭の片隅にあるが、その由来は不明。

【藤井厚二の自邸】
1軒目…大正6年(1917)神戸市葺合区熊内で、2階建ての典型的な間取りで母と暮らす。
2軒目…大正9年(1920)大山崎町竜光の平屋建て。 その頃に高台の土地を取得し、後に防火水槽を兼ねた25mプールやテニスコート(戦時中に芋畑に変更)も完成。
3軒目…大正11年(1922)大山崎町の2階建て。 譲渡後、昭和36年の第二室戸台風で鉄板屋根が飛ばされ仮屋根で凌いでいたが、昭和30年代に解体。
4軒目…大正13年(1924)大山崎町の平屋建てで、屋根はセメント瓦葺き。 家族は住まなかったというが、解体部材は保管されているらしい。
5軒目…昭和3年(1928)平屋建ての聴竹居。 その他に閑室・下閑室・大工小屋・陶芸窯などがあった。

 藤井厚二は明治21年(1888)広島県福山の富豪で、造り酒屋「くろがねや」藤井家の次男として生まれ、大正2年(1913)東京帝国大学工科大学を卒業後、竹中工務店に入社。
大正7年(1918)千家尊福男爵の娘・壽子と結婚。 翌年に退社して欧米視察へ出掛け、帰国後に京都帝大の講師となり、大正15年(1926)教授になります。
竹中工務店時代には朝日新聞大阪本社(1916)・村山社長宅和館(1918)等を担当。 独立後は大覚寺心経殿(1925)・八木邸(1930)等の設計を手掛け、住宅研究に勤しみ、昭和13年(1938)他界。 自らデザインした墓(二尊院墓地)に葬られました。
大覚寺・心経殿
藤井厚二が設計した大覚寺心経殿:大正14年(1925)RC造
殿内には薬師如来立像と、天皇が書かれた般若心経の写経が納められており、60年に一度開封されるとの事。
次回は2018.10.1~開封で、嵯峨天皇が写経した年から1200年目に当たる。 
(建物内部や仏像が公開されるかは不明)  ※詳しくはこちら⇒【大覚寺

【参考文献】
「床の間」藤井厚二 著 1934 田中平安堂
「聴竹居 実測図集」竹中工務店設計部 2001 彰国社
「聴竹居 藤井厚二の木造モダニズム建築」松隈章 著 2015 平凡社
※1)「昭和3年 建築年鑑」1928 建築世界社

【2015年10月 訪問】

スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://mosu3.blog.fc2.com/tb.php/174-d5e351ea
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top