2017.
04.30
Sun
建築年:昭和3年(1928)竣工
設計施工:設計は藤井厚二、施工は酒徳金之助
所在地:京都府乙訓郡大山崎町
交 通:JR山崎駅 or、阪急大山崎駅~徒歩約10分(上り坂)
見 学:水・金・日曜日の時間限定で予約受付(人数制限あり)
 ※詳しくはコチラ⇒【聴竹居
聴竹居・サンルーム
藤井厚二の自邸・聴竹居では、藤井夫妻+子供3人+女中1人(計6人)が暮らしました。
細かいところまで工夫された空間と、当時の最先端である住宅設備を見てみましょう。
聴竹居・居間
居間:天井は杉柾板+鳥の子紙貼 
聴竹居・客間
客間:床面を広く、床の間を深く見せるため、落し掛けの位置より床の間の奥行を狭くしている。
部屋の片隅に蓄音機も設置
聴竹居・読書室
読書室:藤井と娘2人の机があるが、藤井は閑室にいる事が多かった
聴竹居・食堂
食堂:自邸2~3軒目の食卓は畳坐+椅子の併用、それ以降は椅子+ベンチに変わっている
聴竹居・流し
台所の流しと生ゴミのダストシュート  ※外部の様子はコチラを参照⇒【聴竹居①
聴竹居・冷蔵庫
電気冷蔵庫(右の写真はスイッチ)
上部に載っているモーターは、スイスのエッシャー・ヴィス社(Escher Wyss & Co.)製で、戦艦のタービンも作っていたメーカー
聴竹居・分電盤
分電盤:全室に電灯とコンセント、浴室にはシャワー用貯湯式電気湯沸し器を設置
ところが戦時中は電気もそれほど使えず、座敷3帖の上り框に襖を入れて火鉢を使っていたとの事
聴竹居・浴室
左:浴室           右:シャワーは貯湯式電気湯沸し器
聴竹居・便器
高島製陶の便器:大正4年(1915)9月に瀬戸で高島製陶が設立され、衛生陶器などを製造。
千葉の化研病院恩賜館にも同じメーカーの便器が現存している。
高島製陶にて徴用された人の話(※1)によると、戦時中に高島製陶は軍需工場となり、B5の紙より少し大きめの薄い磁器板を生産。
それは隔膜という物で、ロケット部品に関係があったという。
聴竹居・換気
上:居間座敷下の導気口         下:サンルームの天井排気口
木陰のある箇所に外気取入口を設け、導気口を通して室内に涼風を取り入れていた。
台所や廊下などにも天井排気口がある。


 現在、藤井厚二の設計の住宅で見学可能なのは、聴竹居(この建物)・後山山荘(鞆の浦・旧くろがねや別荘)・八木邸(寝屋川)となっており、藤井厚二の住宅志向を感じる事ができます。

【参考文献】
「床の間」藤井厚二 著 1934 田中平安堂
「聴竹居 実測図集」竹中工務店設計部 2001 彰国社
「聴竹居に住む : モダニストの夢」 高橋功 著 2004 産経新聞ニュースサービス
「聴竹居 : 藤井厚二の木造モダニズム建築」松隈章 著 2015 平凡社
※1)瀬戸地下軍需工場・戦時下の証言「海綿鉄について」加藤琢也 → 瀬戸地下軍需工場跡を保存する会HP

【2015年月10月 訪問】

スポンサーサイト

comment 2 trackback 0
トラックバックURL
http://mosu3.blog.fc2.com/tb.php/175-df847abc
トラックバック
コメント
聴竹居の内部写真はネット公開禁止ではなかったですか・・・
たろ | 2017.05.19 13:05 | 編集
> 聴竹居の内部写真はネット公開禁止ではなかったですか・・・
2017年から聴竹居は竹中工務店の所有となりました。
掲載許可を得て、記事の内容も校正を受けて掲載しております。
掲載不可の箇所もありますので、必ず審査を受けた方がよいでしょう。

「美珍麗・探訪」モス | 2017.05.20 07:09 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top