2017.
04.02
Sun
建築年:明治18年(1885)竣工、昭和46年(1971)曳家・復原
設 計:牛田方造(土木課掛)
所在地:福島県南会津郡南会津町田島字丸山甲4681-1
交 通:会津鉄道・会津田島駅~徒歩約10分
開 館:9時~16時、有料
休 館:火曜日(祝日の場合は翌日休)、年末年始
TEL:0241-62-3848
    ※詳しくはコチラ⇒【旧南会津郡役所
旧南会津郡役所1
 会津の擬洋風建築で知られる建物。 時代により用途・名称も変わり、南会津郡役所→福島県の支所→現在地に曳家されて奥会津地方歴史民俗資料館→平成6年度に資料館が移転し、現在は『旧南会津郡役所』となっています。
 明治12年(1879)郡区町村編制法により会津が南北に分断されて南会津郡が誕生。 それまで田島陣屋(1790年竣工,現:南会津町役場の地)を役所としていましたが老朽化のため新築する事になり、建設費のうち福島県からは3千円、残りは地元が負担する事になったために戸長が寄付金を集め、お金のない住民も工事を手伝う等して建設されました。
設計・目論見書は土木課掛の牛田方造で、本館の施工は古川源治と貝瀬鉄吉が請負いました。 明治18年(1885)5/15着工、8/15竣工、8/23落成、9/5開庁。 設計案では望楼付きの3階建であったようですが、設計変更して現在の姿になっています。 竣工時の屋根はトタン葺きでコールタールが塗られていました。
 さらに大正3年(1914)改修工事が実施され、外壁に下見板が貼られています。 そして田島合同庁舎新築のため昭和46年(1971)現在地に曳家され、復原工事が実施されました。
旧南会津郡役所・玄関
玄関
旧南会津郡役所・会議室
2階 会議室
旧南会津郡役所・ベランダ
2階ベランダ 窓と柱
秋田に旧 日新館(宣教師館)というよく似た建物がある
旧南会津郡役所・階段1
階段
旧南会津郡役所・階段2
急勾配の階段は当時としては当たり前
旧南会津郡役所・事務室
1階 事務室
旧南会津郡役所・郡長室
1階 郡長室
旧南会津郡役所・回廊1
回廊
旧南会津郡役所・回廊2
回廊:洋と和の雰囲気が混在する
旧南会津郡役所・中庭
中庭
旧南会津郡役所・出入口中
左:人民出入口              右:官史出入口
表玄関は郡長や貴賓客(議員も?)出入口で、この他に事務室・人民控室にも出入口がある
旧南会津郡役所・出入口外
左:人民出入口(手前は人民控室の出入口)    右:官史出入口
旧南会津郡役所・古写真2
移築前の写真  ※展示パネルより
旧南会津郡役所・古写真1
※展示パネルより
旧南会津郡役所・古写真3
左:竣工当時の間取り
右:昭和46年(1971)曳家の写真  ※展示パネルより
旧南会津郡役所・曳家
昭和46年(1971)曳家の写真  ※展示パネルより
旧南会津郡役所2
現在の様子
六地蔵尊
隣りにある六地蔵尊:6名の南山義民を供養するため、南山義民地蔵尊建立会により平成7年に再建された。
 幕府が享保7年(1722)百姓一揆の首謀者とする6名をさらし首にした。 その顛末を分かりやすく解説した絵本があり、館内にも展示されている。
当時この地は南山という地域で幕府直轄地(御領・幕領)であり、田島陣屋で受理されなかった年貢軽減や廻米・米納の強制中止を求める直訴状を以て、百姓の代表者が江戸へ提出。 幕府は6名を一揆の首謀者として打ち首に処し、領地を会津藩への預け支配に切り替える事で百姓の願いを一部受け入れたという。
そして文久3年(1863)会津藩へ京都守護職の手当てとして南山5万5千石が与えられた。

【参考文献】
「福島史学研究17号」1970-11 福島県史学会

【2015年5月 訪問】


スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://mosu3.blog.fc2.com/tb.php/177-41f84eb2
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top