2017.
07.24
Mon
所在地:新潟県柏崎市大字新道5212-4
公 開:9時~17時、 有料
休館日:月曜・12月~3月 
アクセス:JR信越線柏崎駅~ 北越後観光バス野田行き約30分~駐在所前バス停~約3分
TEL:0257-20-7120
  ※詳しくはこちら⇒【飯塚邸
飯塚邸
 柏崎の大地主・飯塚家の本家の屋敷であり、江戸時代末期に建てられた主屋を中心に増改築を重ね、大正時代の新座敷棟2階が昭和天皇の行在所となりました。
飯塚邸・庭園
昭和天皇が『秋幸苑』と名付けられた庭園
飯塚邸2
庭園側に式台がある
飯塚邸・式台
式台:昭和天皇はこちらを使用されたのだろうか
飯塚邸・玄関
表玄関も立派
飯塚邸・表座敷
主屋の座敷
飯塚邸・奥茶室
奥茶室(小間の茶室は別にある)
飯塚邸・茶室棟
左:奥茶室の前にある石は佐渡の赤石か?
右:奥茶室の便所
飯塚邸・茶の間
主屋の茶の間
飯塚邸・2階
昭和22年(1889.10.10‐10.11)昭和天皇の行在所となった新座敷棟2F
飯塚邸・2F御座所
家具も当時の物が残る
飯塚邸・2F古写真
当時の写真                    ※展示パネルより
飯塚邸・2F化粧の間
新座敷棟2F化粧の間
飯塚邸・2F書斎
新座敷棟2F書斎
飯塚邸・2F部材
新座敷棟2Fの天井材と床材
飯塚邸・新座敷1F
新座敷棟1F
飯塚邸・浴室
洗面所と浴室
飯塚邸・電燈昇降器
蔵に展示されていた大島式電燈昇降器


 柏崎の名士であった飯塚彌一郎(1852‐1923)は柏崎銀行の頭取、日本石油などの役員を務め、弟は山田順一(衆議院議員)と渋谷善作(長岡商工会議所会頭・県会議員)、親戚に関矢孫左衛門/忠靖(森林運動家・衆議院議員)や内藤久寛(日本石油社長・衆議院議員)がおります。
 内藤久寛の著書(※1)によると、彌一郎は父を早く亡くし家督を継いで色々苦労した人で、親戚に対しても親切に世話してくれたとの事。
彌一郎の長男が病死し、次男である知信が飯塚家の本家を継いだと書かれています。
 その飯塚知信は明治25年に生まれ、早稲田大学卒業。 高田村長や貴族院議員となり、東京牛込榎町に別邸もあったようです。
また柏崎農業高等学校のために所有地を県へ寄付するなど、数々の公的援助もしました。
飯塚邸・庭石
【参考文献】
「中支皇軍慰問行」1940 越後タイムス社
「刈羽郡案内」関甲子次郎 著 1976 柏崎市立図書館
※1「春風秋雨録」内藤久寛 著 1957 春風秋雨録頒布会

【2016年8月 訪問】

スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://mosu3.blog.fc2.com/tb.php/183-f5981298
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top