2012.
04.22
Sun
建築年: 明治45年(1912)  昭和56~57年に修復
所在地: 秋田県秋田市大町3-3-21     TEL:018-864-6851
構 造: レンガ造2階 天然スレート屋根 (国指定重要文化財) 
設 計: 山口直昭(外部)、 星野男三郎(内部)
開 館: 9:30~16:30    休館日: 年末年始・展示替え
入館料: 200円

旧秋田銀行
 この建物は、明治42年(1909)6月に着工し、5万円の工費と3年の歳月をかけて完成。
昭和44年(1969)3月まで、秋田銀行本店として営業していました。 (一時的にアメリカ進駐軍や日本銀行秋田支店が利用)
 そして、昭和56年に秋田市に寄贈され、昭和60年(1985)より、「秋田市立赤れんが郷土館」として公開されております。
 この地は川に近く軟弱な地盤であった為、地固め・杭などの基礎工事を重点的に行い、男鹿沖地震(昭和14年)、日本海中部地震(昭和58年)でも、影響を受けずに今日まできました。
 外部設計の山口直昭は、明治15年に工部美術学校彫刻学科卒業後、内務省土木局・台湾総督府民政局を経て、秋田県技師に就任。秋田県公会堂(明治38年)、伊勢の神宮皇學館大学本館(大正8)、【赤坂離宮】の設計にも参加。
 また、内装設計の星野男三郎は、明治31年に帝国大学工科大学建築科卒業後、 旧足利学校遺蹟図書館設計のほか、日光東照宮の修復工事にも参加しております。
 現在は「秋田市立赤れんが郷土館」として建物が公開され、鍛金の人間国宝・関谷四郎や、版画家の勝平得之の作品が展示されています。
旧秋田銀行・営業室3
吹き抜けの営業室。 2階の窓を開けるために通路をぐるりと廻している。
1階出入口の囲いは風除室で寒い地方ならではだが、後から取り付けた様なデザイン。
旧秋田銀行・営業室照明
営業室天井は、青白色の漆喰仕上げ。 楕円のオリーブバンドがバロック調。
旧秋田銀行・営業室2
アメリカ製のラジエーター。 ボイラー室で湯を沸かし、床下の配管から全室に蒸気を循環させる。 配管の向きから本来は違う場所にあった物。
旧秋田銀行・金庫
金庫室。 奥にはさらに厚い扉があり、二重の防犯性を備える。
脇には小さなマンホール扉。 コチラを参照⇒【旧 三井銀行下関支店
旧秋田銀行・暖炉
左: 営業室の暖炉は福島産の霰石。      右: 頭取室は岐阜産の薄雲石と紅縞石。
旧秋田銀行・貴賓室
2階の貴賓室。 2階床下の根太の間に漆喰を塗り、防音性を高めている。
左: 腰壁には人工皮革「金唐革紙」を使用。 窓には当時の鉄製防火シャッター(国産)が現存。
右: 暖炉は埼玉産の蛇紋岩。 

 【秋田市立赤れんが郷土館】は、秋田駅から中央交通バスに10分ほど乗り、「交通公社前」 下車~徒歩1分。 そこから、さらに7分歩くと「金子家住宅」などもあります。

【2011年7月 訪問】

スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://mosu3.blog.fc2.com/tb.php/25-fc150b2e
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top