2012.
05.10
Thu
建築年:明治37年(1904)竣工、  大正・昭和・平成に改修
所在地:神奈川県横浜市中区南仲通5-60 TEL:045-201-0926
構 造:鉄筋補強レンガ造 石貼り 地上3階+地下1階 
設 計:妻木 頼黄(つまき よりなか)、遠藤 於莵(えんどう おと)担当
開 館:9:30~17:00(16:30までに入館) 有料
休 館:月曜日(祝日の場合は開館)・資料整理日・年末年始    

正金銀行
 横浜正金銀行は、外国商人との正金(現金)による外国為替銀行の役割と貿易の増進を促すために、福沢諭吉と大隅重信の力添えにより明治13年(1880)に創設。  歴代頭取には、原六郎(勤皇志士)・高橋是清(総理大臣)・相馬永胤(専修大学創立)・白州退蔵(白州次郎の祖父)など、錚々たる顔ぶれ。 海外の主要都市に支店を設け、各国で活躍した当時の日本人達の資金の窓口となりました。
 この本店は、明治32年(1899)3月に起工し、110万円の工費と5年半の歳月をかけて完成。 ※設計者の妻木 頼黄についてはコチラ→【旧 山口県会議事堂・県庁
遠藤 於莵は帝国大学工科大学校造家学科卒業後、神奈川県技師を経て正金銀行の技師として担当。 その後は独立し、三井物産横浜支店(1911)をRC造で設計しています。
 戦後はGHQにより横浜正金銀行は解体され、昭和21年に「東京銀行」(現:三菱東京UFJ銀行)となりましたが、昭和39年に神奈川県が建物と土地を買収し、博物館として公開しています。
正金銀行2
大正12年(1923)関東大震災で、横浜の川と沿岸部の周辺に大火災が発生。 ※詳しくはコチラ→【関東大震災・横浜】 (横浜市中央図書館)
正金銀行は、鉄筋で耐震補強したレンガ造であったため倒壊は免れたものの、そのレンガ造の外壁を残し、1階~3階の内装とドームが全焼してしまいました。
行員と近隣の人々が銀行の地下に逃げ込み、総勢340人余りの命が救われましたが、建物の周りには逃げ遅れた140人近くの焼死体があったといわれます。
 大正14年(1925)復旧工事が行われ銀行が再開。 昭和42年(1967)には、神奈川県立博物館とするために改修。 平成7年(1995)には神奈川県立歴史博物館として平成の改修が行われて現在に至ります。
正金マーク
柱や窓に茨城産の御影石(花崗岩)、2~3階の外壁は神奈川産の白丁場石(安山岩)を使用
右のマークは正金銀行のもの。 ハワイや中国に現存する支店の建物を探してみては。
展示室内窓
当時の営業室は1階から3階まで吹抜けで、他の銀行と同様にぐるりと通路が廻り、さらにガラスの天窓がある開放的な空間だった。 現在は各階に床をはり、古代~近代の歴史資料展示室となっている。
 特に、明治時代に外国へ輸出した「眞葛焼」のコレクションは必見。【眞葛焼】とは、宮川香山が横浜に開窯し、花瓶などに緻密で立体的な動植物を貼り付けた、まるで飛び出す3Dの様な焼物。 常設展示されているのでぜひご覧いただきたい。
ドーム1
ドームは昭和の改修で写真を元に復元。 創建当時の屋上は防水の都合上、陸屋根ではなく銅板葺きの寄棟屋根であった。【非公開区域】 
屋根
左:物見塔にしては小さ過ぎるので、通気口&避雷針飾り?
右:火災除けのシャチホコも西洋風なドルフィン 【非公開区域】 
ドーム3
昭和の改修で造られたドーム内部:現在はモルタル床だが創建当時は木製の床で、下階に通じる階段もあったはず。【非公開区域】 
ドーム4
ドーム内の天井 【非公開区域】 
シャッター
防火シャッターは創建当時はイギリス製であったが被災し、大正の改修で国産の「大野式シャッター」(不二サッシの前身会社)を採用。 一定温度以上になると自動でシャッターが降りるという優れ物で特許を取っていた。 しかし、シャッターを上げる時は手動でハンドルを廻さなくてはいけない。【非公開区域】
階段
左:階段の鋳鉄製の手摺    右:各階の階段ホールにあるパイプシャフト(配線など)の点検口
【非公開区域】 

 地下には当時の金庫が残っていますが、博物館収蔵庫のため防犯上、ここでは残念ながらお見せできません。
唯一当時の内部が現存する場所なので、新しい収蔵庫ができれば公開したいと職員は話していますが、それも予算次第。いつか一般公開が来る日を待ち望んでおります。
なお、年に1~2回、この非公開部分を抽選により見学できますので、応募してみてはいかがでしょうか。
 ※詳しくはコチラでご確認下さい。→【神奈川県立歴史博物館

【2012年4月 撮影】

スポンサーサイト

comment 0 trackback 1
トラックバックURL
http://mosu3.blog.fc2.com/tb.php/27-3de9cb28
トラックバック
建築年:明治37年(1904)8月    大正・昭和・平成に改修所在地:神奈川県横浜市中区南仲通5-60 TEL:045-201-0926構 造:鉄筋補強レンガ造 石貼り 地上3
まとめtyaiました【旧 横浜正金銀行本店(横浜市)】 | まとめwoネタ速neo | 2012.05.11 05:39
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top