2012.
05.27
Sun
建築年:大正4年(1915)  
所在地:山口県下関市南部町23-11  TEL:083-231-4141
構 造:RC造3階・地下1階・塔屋、 屋上家屋:木造  
施 工:関門商事(監督:新富直吉)
開 館:9:30~17:00(入館は16:30まで)  入館料:無料
休 館:年末年始    
交 通:JR下関駅~バス7分「唐戸」バス停下車スグ

秋田商会・入口
 西日本で最初の鉄筋鉄骨コンクリート造といわれ、屋上には日本庭園と和館を備えます。
秋田商会は、明治38年(1905)4月に創立し、材木取引と海運業で、台湾・朝鮮・満州にも進出。
 この建物の施主:秋田寅之助については、『大正5年 時事新報社・第3回50万円以上の資産家調査』に記載されています。
「五十万円・・・秋田寅之助(材木運送業)下関市東南部町、 財産種別:不動産五万円、営業資金:四十万円、有価証券其他:五万円、略歴:明治8年4月1日を以て生れ35年3月秋田家の養子となる夙に実業に志し曩に合資会社秋田商会を創立し其の社長となりて木材売買運送及海外貿易の事業に従事す。又市会議員、商業会議所議員海事会員等に推され業務の傍ら公共事業に尽す事少からず 」と、記されています。
※詳しくはコチラ→【大正5年 時事新報】 神戸大学電子図書館より
秋田商会
左:角地にある正面玄関は、曲線の外壁と塔屋を持つ。 右:アールデコ調の外観はタイル貼り。
秋田商会・屋上
屋上には、日本庭園と日本家屋が。 日本の屋上庭園とペントハウスの先駆け。〔非公開区域〕
「棲霞園(せいかえん)」と名付けられ、土を50cmほど盛って松や梅を植え、庭石を配して池も造られた。
秋田商会・店舗1
まるで銀行の様な造りで風除室も持つ。 現在は、下関観光情報センターとして使用。
※詳しくはコチラ→【旧秋田商会ビル
秋田商会・時計
アメリカ製の時計はいまだに現役。 漆喰の彫刻で縁取り、時計を壁に埋め込んだ珍しい形。
秋田商会・大広間
2~3階は、日本的な生活空間。座敷や居間も全て和室。
秋田商会・2階
左:屋上に上る階段   右:正面玄関上は廊下になっており、洋と和の切り替え空間。

 近隣には、旧赤間関郵便電信局(1900)、旧下関英国領事館(1906)、旧宮崎商館(1907)、旧三井銀行下関支店(1920)が点在しており、建物好きには1日滞在しても飽きないほど。
 また、唐戸市場もあり、吹抜けになった2階の通路から活気ある市場全体を眺めることも可能。
食堂も数件あるので、ここで朝食・早昼食を食べてからの建物巡りをお奨めします。

【2009年5月 訪問】



スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://mosu3.blog.fc2.com/tb.php/29-510958b7
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top