2012.
06.24
Sun
建築年:明治38年頃(1905年)
所在地:〒157-0061 東京都世田谷区北烏山5-15-1  
構 造:木造2階 (世田谷区指定有形文化財)
見 学:内部非公開   
交 通:京王電鉄・千歳烏山駅~「寺院通4番」バス停~スグ or 久我山駅~徒歩18分

客殿1
 この建物は、子爵・鍋島直柔(なおとう)邸の屋敷の一部であり、昭和2年に麻布区飯倉狸穴町(現:港区麻布台2丁目のロシア大使館)から移築したものです。
明治37年12月に上棟し、翌年に竣工したと考えられています。
 下見板張りの外壁と、桟瓦葺き入母屋造りの屋根を持つ家屋を、移築後に玄関を増築して、庫裡としました。
そして、内部は書院造りであり、当時の高級建材であった栂(ツガ)を柱などに用いております。
客殿4
 この寺院は、寛永8年(1631)谷中清水町で、法華宗本門流「妙感寺」として開基しました。
寛文2年(1663)に本所猿江村に移転し、のちに稲荷社と合併し「妙壽寺(みょうじゅうじ)」と改名。
しかし、関東大震災(1923)で全焼し、同年12月この北多摩郡千歳村大字烏山へ移転しました。
 その後、千歳村(江戸時代は烏山村)に数多くの被災した寺社が移転し、この一帯は烏山寺町と呼ばれるようになりました。
1階客間1
1階の角にある二の間。 雪見障子が入り、とても明るい。
2階大広間1
2階大広間は24帖で、12帖の次の間が付く。折上げ格天井・蟻壁長押で1階より格式が高い。
妙喜寺・広縁
 関東大震災で建具が壊れた可能性があり、ガラスは大正12年以降とおもわれる。
左:1階の広縁。当時の技術・運搬では作れるガラスの大きさに限界があった。大きいほど高価。
右:2階の広縁。手摺が低いのは、畳に座った時に視界を妨げないため。
妙喜寺・階段
多くの来客に対応できる、ゆったりした階段。

  ※詳しくはコチラ→【妙壽寺

 鍋島直柔は、佐賀藩主10代目・鍋島直正の八男で、慶應義塾大学卒業後、イギリスに留学。
蓮池藩(佐賀藩の支藩)9代目藩主・鍋島直紀の娘と結婚し、養子となりました。
そして子爵を継承し、46歳でこの建物を建てましたが、5年後の明治43年(1910)に亡くなっています。

【2009年11月 撮影】
スポンサーサイト

comment 0 trackback 1
トラックバックURL
http://mosu3.blog.fc2.com/tb.php/33-e28d5eca
トラックバック
建築年:明治38年頃(1905年)所在地:〒157-0061 東京都世田谷区北烏山5-15-1  構 造:木造2階 (世田谷区指定有形文化財)見 学:内部非公開   交 通:京王電鉄・千歳
まとめtyaiました【妙壽寺客殿 〔東京・千歳烏山〕】 | まとめwoネタ速neo | 2012.06.27 22:21
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top