2012.
07.29
Sun
建築年:明治40年(1907年)、 昭和10年(1935年)移築改修、 平成19年(2007)修復 
所在地:近江八幡市 為心町 中 31
構 造:木造2階建て (国の登録有形文化財)
設 計:W.M.ヴォーリズ   施 工:木曾田 梶之助
見 学:介護予防施設のため外部見学のみ

アンドリュース記念館1

 この建物は、ヴォーリズのコロラド大学時代の友人で、若くして他界したハーバート・アンドリュースの遺族からの寄付と、ヴォーリズの貯金全額を合わせ、総額3600円の工費をかけて、ヴォーリズが自ら設計した最初の建物でした。
そして、明治40年(1907)2月10日に竣工し、「ハーバート・アンドリュース記念 近江八幡基督教育青年会館(近江八幡YMCA会館)」と命名。 近江ミッションの活動拠点となりました。 
これがきっかけとなり、ヴォーリズは滋賀県立商業学校(現:八幡商業高校)の英語教師の職を失ってしまいます。
 しかし、建築事務所と「メンソレータム」の輸入販売をする会社を設立し、事業が飛躍的に発展して行きます。 ※詳しくはコチラ→【旧ヴォーリズ邸
アンドリュース記念館2
 その後、会館は昭和10年(1935)6月、12m東側に移築し、一部改築もされています。
2階には和室と洋室があり、ヴォーリズが過ごした書斎と小部屋は当時のまま保存され、「祈りの部屋」と呼ばれるようになりました。
残念ながら、その部屋の写真を撮影しておりませんが、とても落ち着く場所という印象が残っております。
 昭和62年(1987)にはYMCA会館としての使命が終わっていましたが、平成19年(2007)に、「近江兄弟社 創立100周年記念事業」として保存再生が実施されました。
そして、アンドリュース記念館『いきいきサロンヴォーリズ』となり、高齢者・障害者等の介護予防施設として、現在は利用されております。 ※詳しくはコチラ→【いきいきサロンヴォーリズ
アンドリュース記念館4
屋根は赤い瓦葺き、外壁はモルタル塗り
八幡教会牧師館1
 YMCA会館近くにある、ヴォーリズ事務所が設計した、近江兄弟社の独身寮『地塩寮』(昭和初期に竣工)名前の由来は、聖書の垂訓のひとつ「地の塩」からきている。 現在は、近江八幡教会(日本基督教団)が牧師館として利用。
そばにある近江八幡教会もヴォーリズ事務所により大正13年(1924)に竣工されたが、その後の火災により焼失し、再建されている。
八幡教会牧師館2
住まいとして維持管理され、屋根瓦や雨樋も交換されている。ポーチも新しい。
八幡教会牧師館3
【2009年10月 撮影】

スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://mosu3.blog.fc2.com/tb.php/38-d7a3af5d
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top