2012.
09.30
Sun
建築年:江戸後期(19世紀中頃)、一部改修あり 
所在地:新潟県上越市仲町4-6-7  
構 造:木造2階建て 
見 学:土日に不定期公開   TEL:025-526-6903(上越市文化振興課)
料 金:無料
交 通:えちごトキめき鉄道・高田駅~約200m

旧金津桶店
 この建物は高田の仲町通りにある町家で、桶職人の住いでした。
この一帯は城下町の中でも桶職人が住んだ区域で「桶屋町」と呼ばれ、桶屋が49軒・籠屋が2軒あったと記録されております。
しかし、プラスチックの普及にともなって桶の需要がなくなり、2軒だけ残っていた桶屋も昭和末期に金津憲太郎氏が亡くなって、現在は1軒(金津光雄氏)だけとなってしまいました。
旧金津桶店 室内1
この建物には金津憲太郎夫人が暮らしておりましたが、平成12年に亡くなったあと、遺族の厚意により上越市に寄贈されました。
旧金津桶店 室内2
 店の前の私有地には、通行客の通り道となる『雁木』が設けられ、その上は部屋や作業場として利用される場合もありますが、この家では収納となっていたようです。
間口三間に奥行の深い造りで、仕事場の奥には茶の間・座敷があり、玄関から裏庭まで土間の通り庭でつながっています。
そして平成10年代まで住宅として使われながら、水周りは昔ながらの状態を保っています。
   ※詳しくはコチラ→【旧金津憲太郎桶店
旧金津桶店 台所
左:通り庭にある台所に懐かしいポットが     右:台所の流しも石造り
旧金津桶店 便所風呂
左:木製便器も住人が使っていた物。 復元ではない!「ボットン便所」&ちり紙の組合せもベスト
右:風呂桶は歳を取った夫人には湯船をまたぐのが大変であったろう
旧金津桶店二階
座敷二階は客人用
旧金津桶店 表
昭和50年の桶組合の価格表:上記の風呂桶だと53,000円
高田小町
 高田には、江戸から大正にかけての古い町家が所々に残る。
本町通りにある『旧 小妻屋』は、明治時代の町家を再生し『高田小町』として、イベントや集会・ギャラリーとして利用されている。
冷暖房も効いているので、散策の休憩所として最適。 裏手に無料駐車場も有り。
近くには旧今井染物店旧金津憲太郎桶店高田 世界館がある。
 開館:9時~22時。 休館:祝日を除く第4月曜日と年末年始。TEL:025-526-8103
高田館
高田小町に展示されていた大正初期の古写真。 『高田館』という建物の用途は不明
よく見ると左右の塔の形が違う。
肉
 本町通りにある明治28年の建物はかつて牛鍋屋『牛丸』であった。 現在は「大島電機㈱」という電気屋。
当時は陸軍第13師団がよく利用し、密談に使われたドンデン返しの部屋もあったという。
※ 第13師団についてはコチラを参照⇒【旧師団長官舎
 今回 8月の暑い最中、旧今井染物店と旧金津憲太郎桶店の案内をして下さった、上越市文化振興課・小沼氏には、大変感謝しております。
誠にありがとうございました。

【2012年8月 撮影】

スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://mosu3.blog.fc2.com/tb.php/46-c361cbd3
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top