2011.
11.27
Sun
住 所 :東京都葛飾区白鳥3-25-1 TEL:03-3838-1101
休館日 :祝日除く月曜日、第2・4火曜日、年末年始
開館時間:9~17時(祝日以外の金・土曜日は21時まで)

 葛飾区 郷土と天文の博物館にて、「小宮家のわざと人」展が平成23年12月4日まで開催されているとの事で、行って参りました。
京成線・お花茶屋駅から曳船川跡の遊歩道を歩いていくと、徒歩8分ほどで、右手に大きな近代的な建物が見えてきます。
 入館料100円を払って、2階の特別展示室へ。着物や型紙などが展示されていたのですが、ほとんどがガラスケースの奥に展示されているため、残念ながら極小の文様が見えません。
着物はぎりぎりに置くか、型紙は額縁に入れて壁に飾るなど、間近で見れるような工夫がほしかった・・・   ※小宮家の江戸小紋についてはコチラ→【江戸小紋】
 時間が余ったので、他の展示室を見ると、昭和30年代の町屋や工場を再現してあったり、船や井戸の展示などが。 戦国時代の葛西城の発掘資料では、小田原との交流があった事を裏付ける漆塗りの椀、斬首された女性の頭蓋骨のレプリカや復元頭像など興味深いものもありました。
 さらに3階へ行くと天文展示室があり、屋上の太陽望遠鏡から送信される、黒点やスペクトルなどをライブ映像で観る事ができます。 天体望遠鏡の公開日に、宇宙を見る事も可能のようです。
 ちょうどプラネタリウムが始まるというので、あわてて1階に戻り350円の券を購入しました。
「宇宙創造」という開館20周年番組。最初は、ドームシアターの様で船酔いする感じになります。30分位たった頃、東京の夜空が映し出され、「今日、21時頃の夜の空です。」と解説が流れました。 なんと、今まで流れていた声は、職員による生の説明だったのです!
毎日、今日の夜空を映してくれるのでした。
ちなみに、11月下旬に真上に見える、オレンジ色の大きな星は、木星だそうです。
        ※1本で55分の上映。気分が悪くなれば、途中退場も可能 。

 江戸小紋の展示がなければ、訪れる事がなかったであろう、この葛飾区の博物館。
目からウロコが落ちました。素晴らしいです。

プラネタリウム
プラネタリウム。1時間近く上を見て首が痛くなるので、後ろの席がお勧めです。

フーコー
地球の自転を証明したフーコーの振り子。
球が当ると周りのピンが倒れていき、軌跡が確認できます。

平成23年12月17日(土)19時~、18日(日)18時~
クリスマスVocal&Piano生ライブ・プラネタリウムコンサート
(予約制¥2000) ※通常のプラネタリウムは12/14~16休演
詳しくはこちらでご確認下さい。→ 【葛飾区 郷土と天文の博物館】

【2011年11月 訪問】
スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://mosu3.blog.fc2.com/tb.php/5-e0ce38de
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top