2012.
10.28
Sun
所在地:東京都文京区目白台3-25-14
見 学:10:30~18:00(予約制)  休 館:日・月・年末年始  
料 金:コースによる。    TEL:03-3941-0008
交 通:東京メトロ護国寺駅~徒歩3分

オルゴール博物館
 只今「妙技!オートマタ」展(2012/11/10まで)が開催されているとの事で、オルゴールの小さな博物館へ行って参りました。
『オートマタ』とは、ゼンマイで動くからくりオルゴール人形で、その精密な作りの為かなりの高級品であり、上流階級の大人達の楽しみとして、19C後半~20C初めにかけて多く作られました。
 私が、その『オートマタ』を知ったのは、今から20年以上前の都内の西武百貨店で開催された『オートマタ』の展覧会でした。全国のコレクターから寄せ集めらた人形達が、一堂に勢ぞろいした大規模な展覧会でしたが、もちろんガラスケースに入った状態です。
さらに、その中で実際に動かしていたのは僅か数体のみ。他はビデオで見るだけのものでした。
 今回は偶然この企画を知り、この博物館へ行ってみようという気持ちになりました。
HPを見てみると、何と30周年である2013年5月15日に閉館してしまうとの事ではないですか!
慌ててネットで、申し込みをしました。
 この博物館は少し変わっていて、演奏会コース(1300円)か博物館コース(2000円)に申し込まないと、展示を見学できないシステムとなっております。
さらに、マニア向けの館長コース(時間は無制限3500円)というのもあるようですが、予約で一杯。
私は、2つがセットになった演奏会&博物館コース(2800円)に予約をしました。
オルゴール博物館1
 まずは、受付で博物館グッズの土産をもらい、1階にある演奏ホールへ。
シリンダー式・ディスク式・パイプ式・オートマタなどのオルゴールが並んでいました。
参加者は6~7名ですので、スタッフの解説と共に、間近にそれぞれのオルゴールの動きと演奏を楽しむことができました。
オルゴールの博物館4
1階の演奏ホールに置いてあったオートマタ。
左:2匹の猫達が演奏する。    右:少女の持つバスケットの蓋が開いて犬が動く。
オルゴール博物館4
 次は6階にある展示室へ。ガラスケースに入っていない人形達がずらりと並べてあります。
驚いたのは、スタッフがオートマタを実際に動かし始めた事。 何と次から次へと殆どのオートマタを動かして下さったのです!
 さらにストリートオルガンのコーナーでは、参加者による体験も。
オルゴール博物館5
左:ファリボア工房(フランス)1870年頃の作品。 少女が綱渡りをする。
右:水煙草に火を点けると、口から煙が出てくる。 皮を貼った瞼の動きもリアル。
オルゴール博物館3
1900年頃のジオラマで13箇所が動く。 本来はガラスケースに入っている物。
下:ジオラマの裏側。からくりの仕組みがよくわかる。

 最後は、5階にあるカフェで自動ピアノの演奏を楽しみながらお茶を味わい、ゆったりと終了となりました。
「小さな博物館」と聞いていたので期待はしていなかったのですが、思ったよりも広くて、所蔵数も350台以上と多く、壁一面にある交換用のシリンダーやディスク盤(計4千曲以上)の数に驚くことでしょう。
 来期は「クリスマス特集」(2012/11/13-12/24)という事で、また一味違ったオルゴールの楽しみがあるでしょう。 是非とも訪れて頂きたい博物館です。
 ※詳しくはコチラ→【オルゴールの小さな博物館

 この博物館は、残念ながら2013年5月15日で閉館となってしまいました。
いつか、この博物館が復活する事を願っております。


【2012年10月 訪問】



スポンサーサイト

comment 2 trackback 0
トラックバックURL
http://mosu3.blog.fc2.com/tb.php/50-5f0c9002
トラックバック
コメント
オルゴール館の訪問記事拝見しました。
オルゴールの小さな博物館は本当に閉館残念でした。当館は2014年4月にオープンさせていただきました。
特色のあるアンティークオルゴール、自動演奏楽器、オートマタを規模は小さいですが展示.演奏しております。お忙しいとは存じますが
是非一度ご訪問下さい。
ミタカ・オルゴール館スタッフ | 2014.11.30 19:36 | 編集
情報ありがとうございました。
三鷹には、ジブリ美術館・山本有三記念館と、観る所が増えましたね。
いつか、ミタカ・オルゴール館にも伺います。

モス | 2014.12.01 11:40 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top