2012.
11.25
Sun
建築年:昭和30年(1955年) 
所在地:千葉県 市川市 市川4-1-5  TEL:047-373-1003
構 造:木 造 (国の登録有形文化財)
設 計:ヴォーリズ建築事務所
交 通:京成本線・国府台駅~徒歩5分、JR総武線・市川駅~徒歩15分

市川教会
 ヴォーリズ建築事務所の設計による建物が、真間川の傍にひっそりと建っております。 ※ヴォーリズについてはコチラを参照→【記事
市川市は東京の隣にあり、物価も安くアクセスも便利で住む人が増え、現在は巨大な街となっています。
北部にある市川や八幡は、旧石器時代の遺跡や貝塚が発見されるほど遥か昔から人が住んでいた地域で、明治以降は富豪が別邸を構え、永井荷風や北原白秋などの文化人が多く住んでいました。
南部は昔は海だった場所で、海抜が下がってから人が住むようになり「行徳」と呼ばれ、採れた魚介類や塩などを川を使って江戸へと運び、佐倉街道沿いは成田山参りの宿場町として栄えました。
この教会は北部に位置し、建物前にある真間川は、万葉集にも詠われた手児奈伝説の「真間の入江」跡と云われております。
市川教会・塔屋外部
 ルーテル教会は、1517年にマルチン・ルターが、「聖書のみ、恵のみ、信仰のみ」と、ローマ・カトリック教会に対し、正しい福音信仰に立ち戻る事を訴えてドイツで誕生。 後に、北欧・アメリカにも広がり、全世界に存在するようになりました。
日本では、アメリカのルーテル教会から1892年に最初の宣教師が送られ、翌年に宣教師シエラーとピーリーにより九州の佐賀で礼拝したのが、ルター派の伝道の始まりと云われています。
市川教会・内部
 昭和30年に建てられたルーテル市川教会が2011年の震災による被害を受け、教会と信徒から依頼を受けて、補修と耐震補強が行われる事になりました。 設計監理は伝統技法研究会が担当し、僅かな予算による工事が計画されました。 
 その後、自治体から補助金が一部支給される事となり、2011年に工事を開始。 2012年10月に工事は完了し、先日、完成後の教会内で伝統技法研究会の研修会が開催されました。
 設計を担当した伊郷氏・衣袋氏によると、主な構造材を残して床を解体、2011年11月から杭工事を始めたのですが、川沿いの地盤の為、50cm土を掘ると水が出てくる状態だったそうです。 今回の耐震補強は、基礎はアンダーピニング工法で沈下を防ぎ、筒状の物を全面に並べて配筋で挟み、ベタ基礎としています。 さらに、既存柱に鉄骨を合わせてバットラスの様に仕上げたり、階段廻りに鉄骨の補強柱を入れています。
 腐朽のひどかった箇所は、煙突下部・トイレや神父の小部屋、細長い窓の床下周辺。 窓の下にある水切りが、3方枠の内側で切れていたためか、窓枠を伝わった雨水が壁の内部にまわり、土台等が腐ってボロボロになっていたそうです。
 また、堂内の腰壁(ラワンベニヤ)や漆喰壁は新しくなりましたが、聖壇の腰壁は既存のまま。 天井仕上げのテックス(軟質繊維板)は当時の物で、白くなった所は色付けして補修。 照明は竣工当初から蛍光灯でしたが、LEDに変更。 屋根は赤茶色の瓦葺きでしたが、今回は予算の都合上、カラー鉄板葺きとなっています。
 その他は大きな腐朽もなく、床材などはそのまま使っており、完成後の床を見ても基礎を造り直したとは思えない程。 よって当初との違いは、外部に関しては、外壁の仕上げと色・バットレスの追加・煙突の撤去・鉄板葺き屋根などでしょう。
 今回、限られた予算で始められた耐震補強工事のため忠実な復原はできなかったようですが、今後の補修工事により当初の様子に戻していく事も可能でしょう。 神父と信徒により守れられた、生きている教会建築といえるかもしれません。
市川教会・模型
構造模型:赤い柱は新設の鉄骨材。
市川教会・玄関
玄関扉は当時の物。 右の写真は撤去された外壁の一部で、御影石風の左官仕上げだった。
市川教会・内部改修
左:雨漏りで腐朽していた、聖壇脇にある神父用の小部屋。 ステンドグラスは新設。
右:階段廻りに補強の鉄骨材を入れ、狭くなるので隠さずそのまま見せている。
市川教会・バラ窓
2階にあるスチール製の丸窓。いつ頃か不明だが部屋が造られ、この窓が隠れてしまっている。
窓の内側にベニヤの飾り枠を取り付け、窓枠と同様のグレーの色を塗っていた。
市川教会・塔屋
アメリカから送られた鐘。 日曜礼拝の前に、下の部屋から紐を引っ張り、鐘を鳴らす。
梯子しかないため、神父さんは塔屋に登る事は殆どないという。
直径50cm程の小さな鐘でも、その音は物凄い。 通常は鐘の下の床は蓋をしているので、階下には余り響かない。
市川教会・屋根裏
塔屋の屋根裏:一部、新規の部材に替えられている。
市川教会・窓
塔屋の窓も新しくなった。 細かい切れ目を入れ円形にした窓枠が珍しい。
市川教会・現物
撤去された部材の一部。2階丸窓の額縁は茶色で、右端の様なクリーム色の壁面もあった。
市川教会・内部2
 神父さんによると、教会が建てられる以前、西洋人が住んでいた洋館があり、その洋館を曳き家して裏手に移動したそうです。(その洋館は近年に解体)
そして井戸に蓋をし、その上に現在の教会が建てられましたが、今回の改修で床下全てにコンクリートが打たれ、井戸は塞がれました。
堂内の後方にある地下室は防空壕を兼ねた物置として掘られたようですが、余りにも湿気が多く、現在は何も使っていないそうです。

第5土曜日にはミニコンサートが開催されており、一般の方も鑑賞が出来ます。 ◎詳しくはコチラをご覧下さい。→【日本福音ルーテル市川教会
※見学のマナーとして、神聖な場所である内陣には、むやみに立ち入らないようにしましょう。
また、どの教会にも献金箱が置いてありますので、献金を心掛けましょう。

【2012年11月 撮影】
スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://mosu3.blog.fc2.com/tb.php/54-e7131003
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top