2013.
02.28
Thu
所在地:秋田県 仙北市 角館町
交 通:JR角館駅~徒歩20分

石黒家
 石黒家は、現存する角館武家屋敷の中で一番古いと云われ、唯一室内に上がれる建物です。
勘左衛門直起を初代とし、佐竹義隣に仕えて勘定役となりました。 現在の屋敷は嘉永6年(1853)8代目当主が蓮沼七左衛門邸を買取ったものです。
石黒家は代々、佐竹家のお共として江戸へ参り、学問にも秀で、先代の石黒直次氏は、2005年の選挙により仙北市・初代市長となった家柄です。
現在も子孫の方がこの屋敷を守り、観光客の案内もしています。
◎公開:9~17時、無休、300円 TEL:0187-55-1496 ※詳しくはコチラ→【石黒家
石黒家・広縁
石黒家の広縁から見た景色
河原田家
河原田家:会津時代から蘆名家の家臣であり、後に佐竹北家の家臣となりました。
雨戸を独立させ、広縁との間に空間を設け、使用人などは土足のままで主人との応対が可能。
雪国に多く見られ、新潟の旧笹川家住宅も同じ様な造りとなっています。 
 ※詳しくはコチラ→【旧笹川家住宅
河原田家・蔵
河原田家の蔵:この地方独特の造りで、深い軒の出に屋根の荷重を支える持送り材、雪・泥除けの下見板張りが特徴。
◎公開:9~16:30(4月中旬~11月末のみ公開)無休。無料 TEL:0187-43-3384
青柳家
青柳家:蘆名家の家臣から、後に佐竹北家の家臣となりました。
◎公開:9~17時(11月~3月は16時まで)無休。500円 ※詳しくはコチラ→【青柳家
青柳家・玄関間
青柳家の玄関の間:狭いながらも控えの間や寄付きとして使えるような凝った造りで、床の間・書院・飾り棚が並列になっています。
青柳家・蔵
青柳家の蔵:雪が積もっても2階から荷物の出し入れが出来るようになっています。
小野田家玄関
小野田家:佐竹北家の家臣であり、家の脇に道場がありました。
土間への入口が二重になっており、冬には風除室の役目をはたしています。
◎公開:9~16:30(4月中旬~11月末のみ公開)無休。無料 TEL:0187-43-3384
岩橋家
岩橋家:蘆名家の家臣から、後に佐竹北家の家臣となりました。
映画「たそがれ清兵衛」のロケ地で有名。
◎公開:9~16:30(4月中旬~11月末のみ公開)無休。無料 TEL:0187-43-3384
松本家
松本家:佐竹氏の重臣・今宮家組下の家柄で、常州から角館へ来ました。
内町(武家地)から離れた田町に住んでいましたが、佐竹北家の組下となってから現在地(小人町)に移転。 身分が低いながらも、郷校・弘道書院の教授を勤めた家柄です。
現在は、イタヤ細工の実演を行っており、映画「たそがれ清兵衛」のロケ地になりました。
◎公開:9~16:30(4月中旬~11月末のみ公開)無休。無料 TEL:0187-43-3384


 角館は、戦国時代は戸沢氏が統治しておりましたが、関ヶ原の戦いの後、慶長7年(1602) 常陸多賀郡へ転封。 入替わりに常陸国の佐竹義宣(よしのぶ)が出羽国秋田へ転封・減封となり、久保田藩主になります。 そして戸沢氏が治めていた角館を実弟の蘆名盛重(のちの義勝)に与えます。
蘆名家は相模国三浦郡の出で、源頼朝の平泉征伐で功名を成し、文治5年(1189)会津の地を与えられて黒川城(若松城)を拠点としてから、後に70万石の大名となっていましたが、蘆名家が絶えたため佐竹家から養子として入ったのが義広(=蘆名盛重、義勝)です。 天正17年(1589)摺上原の戦いで伊達政宗に敗れて常陸へ逃れますが、天正18年(1590)秀吉のもと小田原征伐が成功し、常陸国江戸崎を拝領。 
 しかし関ヶ原の件で、兄・佐竹義宣と共に秋田へ転封されてしまいます。 蘆名義勝と改名して角館の所預りとなりましたが、元和元年(1615)一国一城令が発令され、久保田藩は元和6年(1620)に小松山(古城山)北麓にあった角館城を廃城。 これを機に、蘆名義勝は山の南麓に御殿を移し、城下町の工事を開始しましたが、石垣や堀の建設が許されなかったため川を外堀に見立て、山や丘を障壁の役割としました。 そして外側を寺町で囲み、外町(町人地)と内町(武家地)の間は、延焼防止のため空地にして土塁を築き、さらに塀で区切って門を設けました。 その内町は、上・中級武士が住む表町と下級武士の住む裏町に分かれていたと云われます。
 蘆名家は後継ぎが病気や事故で早世し、寛永8年(1631)義勝が没した後、断絶してしまいました。 その後、角館は佐竹北家が統治し、蘆名家の家臣は減封させられ、佐竹北家の家臣となりました。 現在も残る武家屋敷は、蘆名家の家臣であった家系も多いようです。
 北家の当主・義廉の亡き後は、佐竹義宣の甥で、京の公家・義隣(よしちか)に継がせ、北家を再興させました。 それにより京都との交流が生まれ、角館に華やかな文化が育まれたのです。
明治以降は中心地が大曲に移りましたが、新たな開発を免れた武家屋敷の街並みが昭和51年(1976)国の重要伝統的建造物群保存地区に指定され、角館は観光地として再び栄えるようになりました。

【2011年7月 訪問】

スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://mosu3.blog.fc2.com/tb.php/62-ac3c8a6f
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top