2013.
04.21
Sun
所在地:京都府 京都市 左京区 吉田上大路町34
建築年:江戸中期~昭和 その後も改修有り
構 造:木造 (一部、国の登録有形文化財)
見 学:予約制 10時(団体)、11時(個人)、14時(個人)、16時(他の時間が満員の時)
休 館:月曜・年末年始・整備・貸切時  
料 金:庭園書院=600円、庭園書院+好刻庵外観=800円、
    庭園書院+好刻庵入室=1000円(多人数・悪天候時は入室不可)
TEL:075-761-8776 重森三玲庭園美術館
交 通:市バス「京大正門前」~徒歩5分

重森邸・庭1
 京都大学吉田キャンパスに程近い住宅街の中に、重森三玲の旧宅があります。
この建物は、享保期(1716-1735)の主屋と、書院(寛政元年1789)から成る、吉田神社 吉田家の家老であった鈴鹿家の屋敷を、昭和18年(1943)重森三玲が譲り受けたものです。
 さらに、昭和28年に茶席「無字庵」、昭和44年に茶室「好刻庵」を重森三玲が設計。
この重森邸には、彫刻家イサム・ノグチ等、数多くの文化人が訪れています。
 現在は『重森三玲庭園美術館』として、好刻庵・書院・庭園が、予約制で公開されております。
※詳しくはコチラ→【重森三玲庭園美術館
重森三玲邸・坪庭
坪庭
重森邸・座敷
書院の間。 この部屋に上がり、庭を眺めながら重森氏(子孫)の解説を聞く。
掛け軸「林泉」は三玲の書。
重森邸・照明
照明はイサム・ノグチのデザイン。
床の間近くの天井は、格式の高い格天井となっている。庭側(下座)は竿縁天井。
重森邸・茶室外観
茶室「好刻庵」は、見学の度に雨戸を開閉し、気を使っている。
重森三玲邸・茶室
「好刻庵」は、建具・照明・釘隠しに到るまで、全てが重森三玲によるデザイン。
特別料金で、実際に室内に上がる事が出来る。
天井の竿縁が床刺しになっているのは、何か意図しての事か?
重森邸・蹲
蹲(つくばい)は灯篭を転用し、傘を反対に向けて手水鉢にしている。
重森三玲邸・中庭
 日本庭園に革命を起こした重森三玲は、斬新な作庭で知られていますが、「日本庭園史図鑑」26巻(有光社)や「日本庭園史大系」(社会思想社)等の著者でもあり、古来の日本庭園の研究を元に、そのデザインは哲学と日本文化の融合から生まれたと言えるでしょう。
 ちなみに『三玲』という名は、ジャン・フランソワ・ミレーに影響を受けて改名されたものです。
 重森三玲は、明治29年(1896)『重森計夫』として岡山県上房郡吉川村(現・加賀郡吉備中央町)で生まれました。 幼い頃から茶道を習い、大正2年(1913)生家の茶室・天籟庵を設計。 開設まもない日本美術学校で日本画を学んだ後、東洋大学で哲学を専攻しています。
 その後、茶の湯・茶庭・生け花など、日本文化を学ぶための学校を創設しますが、関東大震災で夢は絶たれ帰郷します。 大正14年(1925)東京からの客人を招く為に改修した天籟庵の庭が、初めての作庭と云われております。
 その後、昭和8年(1933)から京都に移り、勅使河原蒼風らと前衛的な生け花の創作を開始。
庭園研究をまとめた「日本庭園史図鑑」26巻(有光社)が発刊され、庭園史家としても有名になります。
昭和14年(1939)永代供養を条件に、無償で京都 東福寺[八相の庭]を手掛け、その斬新さが話題となり、その後も数多くの庭園を手掛けました。
 京都 光明院[波心庭(1939)]、大阪 岸和田城[八陣の庭(1953)]、長野 北野美術館(1965)、京都 松尾大社[松風苑(1975)]等、一般公開されております。
 また、重森三玲が生まれた岡山県加賀郡吉備中央町舎には、京都友琳会館の庭が移築され、重森三玲記念館には資料展示の他、三玲設計の茶室・天籟庵(1913)と生家の庭も移築されています。
(無料。 月~金:9~16時、日曜・祝日:10~15時。 土曜日・年末年始は閉館)
※詳しくはコチラ→【重森三玲記念館
重森三玲邸・玄関
 京都の重森三玲邸の一部は、現在は近江商人(五個荘)の血を受け継ぐ塚本氏の所有となり、主屋を改装して、ツカキグループが結婚式場『招喜庵』として管理・運営しているようです。
 なお、庭園見学の基本として、ヒールのある靴を履かない、肌の露出を避ける、苔や植栽を踏まない等、訪問者として心掛けましょう。

【2013年3月 訪問】

スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://mosu3.blog.fc2.com/tb.php/66-dd24a2d6
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top