2013.
09.24
Tue
所在地:新潟県新潟市 中央区 1番堀通町 3-3
建築年:明治16年(1883)、修復2回有り
構 造:木造2階建て+塔屋付き
設計・施工:星野 総四郎
見 学:9:00~16:30(月曜・祝日・年末年始は休館) 無料
交 通:「白山公園前」バス停~徒歩1分、 駐車場は3台分(無料)
TEL:025-228-3607
  ※詳しくはコチラ⇒【新潟県政記念館
新潟県議会旧議事堂
 明治13年(1880)の大火で類焼したため、県会は西堀小学校や新潟学校百工化学部の建物を改修して使用。 県令・永山盛輝は議事堂の新築を提案し、明治15年(1882)着工、明治16年に37,000円を掛けて竣工しました。 延焼を免れるような場所として、白山神社の隣りで信濃川沿岸が建設地となりました。
新潟県議会旧議事堂・古写真
建物裏側の当時の様子で、擬宝珠風の棟端飾りが白い。 (所蔵:新潟市)
現在は信濃川の一部が埋め立てられ、県民会館や陸上競技場が出来ている。

 昭和7年(1932)新県庁舎内に議場が移り、昭和9年から新潟郷土博物館、昭和18年(1943)から海軍新潟港湾警察隊船舶警戒部宿舎、戦後は県庁分館などに利用された後、昭和47年~48年度に創建時の様子に復原され、昭和50年(1975)から新潟県政記念館として開館。
平成16年(2004)11月~平成18年(2006)9月にかけて、耐震補強と修復工事が実施されました。
 設計・施工を請け負った星野総四郎は、弘化4年(1845)西蒲原郡巻村(現・新潟市西蒲区)生まれ。 明治4年(1871)鉄道局に入り、新橋・大阪・神戸の駅舎建設に従事。 明治10年(1877)に退官して建築工事請負業を創業。 第四銀行本店(1882)や相馬子爵邸の設計・監督を手掛けました。
その他にも全国の鉄道関係の建物や橋梁の建設に携わり、大正4年(1915)9月12日に他界しました。
新潟県議会旧議事堂・内部
左:議 場
右:大時計はロンドンから取り寄せた物で、議事堂の竣工(1883)に合わせて備え付けられて、昭和9年(1934)から郷土博物館の展示品となった。
その後、海軍宿舎となったため(1943)大畑町の県立図書館に移り、昭和28年(1953)から倉庫に保管されていたが、昭和39年(1964)新潟大地震で大時計は泥の中に埋没。文字盤と機械の一部が見つかり保管されていた。 8ヶ月の期間と450万円の予算を掛けて、平成元年(1989)修復された物。(高さ:2,32m 幅:0,8m 重さ:70kg  修復者:長岡市の角屋祥次)
新潟県議会旧議事堂・委員室
常置委員(7名)、明治30年以降は参事会員(4~7名)の控室だった部屋。
常置委員会(参事会)は知事が議長となって毎月開催され、工事執行についての規定や緊急案件を県会に代わって議決できた。 その会議の傍聴は許されなかったという。
新潟県議会旧議事堂・天井飾り
左:守衛室の天井中心飾り「梅」       右:傍聴受付室「猿に栗の木」
他に書記室「松に帆掛け舟」が現存
新潟県議会旧議事堂・展示品
英国製の水濾器(浄水器):明治43年まで新潟市には上水道がなかったため、議事堂に信濃川の水を入れた水濾器を6個設置した。
新潟県議会旧議事堂・階段
左:屋根裏・塔屋は非公開区域だが、許可を得て拝見させて頂いた。  足場板の様な所は高所恐怖症にとって大変怖い。 何故か水濾器が置いてある。
右:塔屋への階段は当時のものと思われる
新潟県議会旧議事堂・材料
塔屋下の小部屋に保管された当時の部材(右端の尖った物は塔屋の屋根飾り)
新潟県議会旧議事堂・屋根裏
小部屋にある小さな扉を開けると屋根裏が現れる
新潟県議会旧議事堂・塔屋
小部屋からさらに梯子を登ると塔屋内部に辿り着く
新潟県議会旧議事堂・屋根
右:塔屋の窓には、雨水の侵入対策で下部に水抜き管を付けた水切り板を設置している
左:擬宝珠風の棟端飾りの真下にも同じ飾りが付いている


 1代目県令の平松時厚(1845‐1911公家 出)は明治3年6月から新潟県知事、明治4年11月から県令となりましたが、変革と負担による大河津分水騒動で退任。 外務大丞の楠本正隆(1838‐1902肥前大村藩中老 出)が明治5年5月から2代目県令になりました。
楠本は明治7年には議長となって初の県会を開き、新潟学校・新潟病院を設立。 明治8年8月に内務大丞、明治10年に東京府知事などを経て、明治26年より衆議院議長を4期務めました。
 新潟県令3代目には、筑摩県(長野県中南部・飛騨地方)最初の権令・永山盛輝(1826‐1902鹿児島藩士 出)が明治8年(1875)から10年間在任。
永山盛輝は、筑摩県内を巡回して教育の現状を知り開智学校(松本市)を創設した人物で、新潟においても全国最下位であった小学校就学率を向上させ、1郡1中学校も目指しました。 また女紅場や医学校・師範学校を設立した人物であり、退任後は元老院議官などを経て貴族院予算委員長となっっています。 永山自筆の書は新潟県立文書館に所蔵されています。 ※詳しくはコチラ⇒【新潟県立文書館

 ※ 展示品の解説をして下さった副館長、誠にありがとうございました。

【2013年8月 訪問】

スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://mosu3.blog.fc2.com/tb.php/76-b19c24c0
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top