2014.
02.02
Sun
所在地:秋田県仙北市角館町
交 通:JR角館駅~徒歩10分位


 武家屋敷で有名な角館には、生活の基盤を支えていた町人地(外町)もありました。
元和元年(1615)一国一城令が発令され、久保田藩は元和6年に小松山(古城山)北麓にあった角館城を廃城。これを機に、蘆名義勝は山の南麓に御殿を移し、城下町の工事を開始しました。
石垣や堀を建設することが許されなかったため、川を外堀に見立て、山や丘を障壁の役割としました。
 そして、外側を寺町で囲み、外町(町人地)と内町(武家地)の間は、延焼防止のため空地にして土塁を築き、さらに塀で区切って門が設けられていたという事です。


株式会社 安藤醸造 
 角館町下新町27  TEL:0187-53-2008

安藤醸造元
店内奥にある黒漆喰の土蔵(明治17年)の中では味噌汁などの試飲も可能。
安藤家・蔵
安藤家の煉瓦造の蔵座敷(明治24年)では西宮礼和の襖絵が見学可能。
安藤家・蔵座敷
 安藤家は享保からの地主であり、副業として質屋や煙草の卸店、味噌醤油の醸造『丸上安藤屋』としても営業しておりました。
 店内に残る「常陸傳、生醤油」の木製看板は、久保田藩の好みに合うよう常陸(茨城県)まで出向いて研究した事を表しています。 戦後の農地解放後も『株式会社 安藤醸造』として、味噌・醤油の製造が現在も続けられています。
安藤醸造元・蔵
 主屋・土蔵(明治17年)、煉瓦造の蔵座敷(明治24年)の建物は、明治15年(1882)の大火後に建設されたものです。


旧角館製糸工場  田町下丁14-3  
旧角館製糸工場
 太田蔵之助が明治後期に建てたと云われる製糸工場。 角館製糸合資会社(明治31年~明治40年)から、角館製糸所(明治44年~大正7年)として操業した後、太田家は地主となり、建物は農協の倉庫として賃貸されました。
 昭和40年代に道路の拡張工事のため、90度回転して北側の現在地に曳家され、現在も倉庫や車庫として利用。 ※内部非公開   詳しくはコチラを参照⇒【フィデア総合研究所
 
【2011年7月 訪問】

スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://mosu3.blog.fc2.com/tb.php/84-e2152f47
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top