2014.
04.17
Thu
松濤美術館
 以前ご紹介した「松濤美術館」   ※詳しくはコチラ⇒【記事
しばらく休館していましたが、トイレや空調などのリニューアル工事を終了し、このたび記念特別展を開催しております。
 特別展「ねこ・猫・ネコ」では、古代エジプトのブロンズ像から絵画や彫刻など、様々な『猫』の作品が全国から集められ、前期と後期に分かれて展示されております。
 私の一番のお勧めは、劉奎齢(りゅうけいれい)の「斑猫」。 墨で描かれた猫の毛並みに見入ってしまいました。 これは個人蔵なので普段は見る事は出来ないのでは。
 その他にも、原在正の「眠猫図」(大阪市立美術館 蔵)や、柴田是眞の「猫 鼠を覗う図」(板橋区立美術館 蔵)が、気になりました。 あなたも気になる猫の作品を見つけてみては?
ちなみに、飼っている猫の写真(L判サイズ以下)を持参すると入館料が割引に!
ネコ割

※今回から、企画展ごとに料金が変更します。
「ねこ・猫・ネコ」展… 一般1,000円(学生・団体・障害者の割引有り)
前期:2,014年4月5日(土)~4月28日(月)、  後期:4月29日(火)~5月18日(日)
時間:10:00~18:00(金曜日は19:00まで) 閉館30分前までに入館する事
休館日:4/7,4/14,4/21,5/7,5/12 
 ※詳しくはコチラ⇒【渋谷区立松濤美術館

【2014年4月 訪問】

スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://mosu3.blog.fc2.com/tb.php/91-21f487f6
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top