2014.
04.27
Sun
所在地 :青森県 弘前市 大字 上白銀町8-1
見 学 :9:00~17:00 (入園は16:30まで)
開園日 :4月中旬~11月23日 (開園中は無休)
交 通 :JR弘前駅前バス乗り場~市役所前公園入口バス停など~徒歩5分位
TEL :0172-37-5525
    ※詳しくはコチラ⇒【藤田記念庭園
旧 藤田謙一別邸
 弘前公園の近くにあるこの屋敷は、大正10年(1921)に藤田謙一の別邸として完成。
洋館の施工は堀江彦三郎が請け負い、設計は堀江金造が担当しております。
堀江佐吉の長男である彦三郎は、旧弘前偕行社・旧第八師団長官舎を、6男の金造は佐瀧本店・別邸を手掛けております。
旧藤田謙一別邸・南面
 大東亜戦争後にこの屋敷は、明治法律学校の後輩である弘前無尽㈱ (現・みちのく銀行)の社長・唐牛敏世に譲渡され、接待用の倶楽部として利用。 昭和62年(1987)弘前市が買収し、市制100周年記念事業の一環で、平成3年(1991)7月に『藤田記念庭園』として開園しました。
高低差のある6600坪の敷地には、高台に正門・洋館・和館・倉庫などがあり、低地にある回遊式日本庭園には、新たに茶室 『松風亭』が建設されました。
 現在、洋館の1階ホールは無料音楽会の会場として、洋館2階と松風亭は会合などに有料で貸出されております。 また、洋館のサンルームは喫茶室として利用され、アップルパイ等が人気のようです。
枯木平の開拓事業事務所倉庫であった煉瓦造の蔵(1921.地上2F+地下1F)も『考古館』として、弘前市内で発掘された土器などが展示されています。 さらに、和館の横には見事な枝垂れ桜があり、低地には梅や菖蒲などが植えられ、季節が良ければ花も楽しめるでしょう。
旧藤田謙一別邸・庭園
日本庭園
旧 藤田謙一別邸・サロン
洋館1階の大広間
旧 藤田謙一別邸・
大広間の暖炉のあるコーナー
旧藤田謙一別邸・サロン暖炉
大広間 :大理石の暖炉。  この渦巻き模様は館内のあちこちに出てくる。
旧藤田謙一別邸・漆喰彫刻
大広間のドア上の漆喰彫刻
旧藤田謙一別邸・ステンドグラス
左:玄関                    右:大広間の暖炉脇
旧藤田謙一別邸・サンルーム
サンルームにある喫茶室で休憩もできる。
旧藤田謙一別邸・サンルーム仕上げ
サンルームは、人造石研ぎ出しとタイル仕上げ
旧 藤田謙一別邸・応接室暖炉
玄関脇にある応接室は、現在は展示室となっている。
旧 藤田謙一別邸・応接室
応接室の照明は当時の物。
旧藤田謙一別邸・結霜ガラス
 応接室の窓には、大正~昭和初期に流行した「結霜ガラス」が残る。
ニカワの収縮で霜の様な模様を付けたガラス。 レースカーテンの様な目隠し効果がある。
旧藤田謙一別邸・玄関ホール
玄関ホール
旧藤田謙一別邸・玄関ホール暖炉
玄関ホールの暖炉と、その壁の漆喰彫刻。 館内はアールデコ調となっている。
旧藤田謙一別邸・階段手摺
2階の階段手摺 (2階の貸室利用客のみ立ち入り可)
旧藤田謙一別邸・2階
通常は公開されていない2階の部屋。 第1会議室として有料貸出しされている。
旧藤田謙一別邸・第1会議室暖炉
左: 第1会議室の暖炉は、とてもシンプル。
右: 2階廊下にある小さな扉の用途は? 
   しかし、むやみに開けてはいけない。壊れてしまう可能性もある。
   「閉まっている所を開けたくなる」心理か、何もない押入れ等を開けまくる見学者がおり、
   手垢や傷が付くので、困っている施設も多いだろう。
   はたしてその対策とは …… ⇒〔 開けておく 〕という実に単純な方法。
   これだけで、多くの見学者はその場を素通りしてしまう。
旧藤田謙一別邸・展望室
今回は特別に許可を取り、展望室を拝見させて頂いた。 (非公開区域)
旧藤田謙一別邸・展望室の眺め
展望室からの眺め
旧菊池邸
 和館は昭和27年に失火により全焼。
この建物は、昭和36年に北津軽郡板柳町の菊池邸(1923)を移築したもの。
菊池邸とは、実業家でロシア文学者の菊池仁康に関係あるか?
旧菊池邸・床の間
格天井のある広間
旧菊池邸・床の間2
他にも大名屋敷の様に立派な座敷がある。
旧菊池邸・広縁と水屋
広縁:見事な床板は屋久杉。            水屋は奇抜な意匠
旧菊池邸・戸
左: 広縁の引き戸の彫刻
右: 引き戸の横にある、雨戸の戸袋扉も凝っている。
旧藤田謙一別邸・正門
冠木門と両袖番屋(1922)、煉瓦倉庫(1921)


 藤田謙一は、明治6年(1873)旧藩士・明石家の次男として弘前で生まれ、5歳で親戚の藤田家の養子となります。
明治法律学校(現・明治大学)卒業後は、栃木県職員を経て大蔵省専売局に入省。
 その後、岩谷商会(天狗煙草)に入社した事で、その会社経営に関する手腕が知れ渡り、台湾塩業・帝国火災保険・日本活動写真・箱根土地の取締役社長の他、太陽生命保険・東洋製糖・斗六製糖・後藤毛織・東亜煙草・千代田ゴム等の経営に参加しています。
 また、昭和3年(1928)には日本商工会議所初代会頭、貴族院議員となっています。
そして、国際労働会議の日本使用者代表に選出されたのを機に、欧州へ120日間の視察旅行をし、自著「訪欧余録」を昭和4年に出版。
昭和10年(1935)判決の『売勲事件』で貴族院を除名されて隠居した後、昭和21年(1946)に他界しました。


 岩木山の北麓や東麓は、縄文時代の遺跡が発見されるほど古くから人が住んでおりました。 弘前藩は西南にある枯木平も開墾しますが、放牧地や薪取・製炭場になる程度。
 明治15年から農牧社(大道寺繁禎と笹森儀助が設立)が、再び開墾しますが結果は同様であり、大正8年に放牧地(岩木村常盤野)約800町歩を藤田氏が買い取り、水田87.67町歩・畑185.74町歩に開墾し、残りは製炭用としました。 他県からの移住は30戸120人、家屋や馬の提供、トラクターを導入し、米・大豆・小豆・燕麦・ジャガイモを栽培しましたが、やはり収穫量は多くなかったようです。 その後、枯木平は東奥義塾に寄贈されたとの事。
 齋藤 主も近くにある川原平の開墾を志しており、山の開拓は弘前の人にとっては夢であったのでしょう。 枯木平周辺は作物の収穫はできなかったものの、登山口や温泉があり、現在は8合目まで津軽岩木スカイラインが開通し、岩木山の登山拠点となっております。

【参考文献】
 「事業乃人物(遠間平一郎 著)」 大正4年発行・中央評論社 
 「開墾地経営ニ関スル調査・第1輯」 大正14年発行・農林省農務局
 「〈論説〉岩木山麓の開発と集落」著:横山弘 (1965年)弘前大学レポジトリ

【2013年7月 訪問】

スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://mosu3.blog.fc2.com/tb.php/92-efd21868
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top