2014.
05.18
Sun
弘前ねぷた作業
 鏡ヶ丘記念館(弘前高校)の見学を終え、貸自転車に乗って帰る途中、倉庫で何やら作業をしている人を発見。
それは、『ねぷた』を製作する作業場で、車なら見過ごしていたでしょう。
弘前ねぷた新寺町2013
 弘前ねぷたは扇型になっており、三国志や水滸伝などが絵師により描かれます。
弘前ねぷた2013 (新寺町ねぷた愛好会製作)
鏡絵:水滸伝「花和尚奮戦之図」, 見送り:「一丈青」,絵師:小野隆昌氏(高さ:7m 幅:6.4m)
弘前ねぷた構造
弘前ねぷたは町ごとに製作        内部は、現在は鉄骨構造となっています
昔のねぷたは蝋燭の明かりでしたが、現在は発電機+照明器具に、さらにナイロン入りの和紙が使用され、雨にも強くなっているようです。
弘前ねぷた・たか丸
前ねぷた(小型ねぷた)に乗っていた『たか丸くん』(弘前城築城400年祭 のマスコット)
大型ねぷた(扇)の前を進む小型のねぷたは前座的な物で、可愛らしいものが多くて人気となっております。
弘前ねぷた下絵
作業中の前ねぷたの下絵 「金太郎と熊 大相撲」 絵師:小野隆昌氏
なんと!熊が動くようになっていた! 
上記の完成品についてはYouTubeで動画が公開されております。 (新寺町ねぷた愛好会, 2013 で検索)
弘前ねぷた骨組
前ねぷたは木の骨組みとなっています

 弘前ねぷた祭りは毎年8月1日~7日まで開催されるとの事。
後で気付いたのですが、訪れた日はまさに最後のラストスパート、忙しい日であったのでしょう。
快く見学を受け入れ、解説までして下さった新寺町ねぷた愛好会の皆様、感謝しております。
 2014年の今年は、「水滸伝 李逵 二振りの板斧」の錦絵に決まっているとの事。 どの様なねぷたが完成するのでしょうか。
※詳しい活動の様子はコチラ⇒【新寺町ねぷた愛好会


弘前高校近くの家1
 再び自転車に乗っての帰り道、気になる建物があった。(絋文塾:新寺町55)
向かい合うように建つ2軒の建物は昭和前期か?
弘前高校近くの家2

【2013年7月 訪問】

スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://mosu3.blog.fc2.com/tb.php/95-dec70f8c
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top