2014.
05.25
Sun
旧制弘前高校外人教師館
旧制弘前高校外人教師館1
 大正14年(1925)に完成したこの建物は、旧制弘前高等学校の外国人教師館です。 戦後は弘前大学の一般教官宿舎として利用された後、道路の拡幅工事に伴い解体されました。 卒業生の献金により平成16年(2004)移築復元され、現在は資料館として公開されています。
 竣工当初は富田町(現:富田3丁目)に2棟並んで建てられ、工費は合わせて11,680円。 外壁は1階が下見板張り・2階がスタッコ塗で、屋根は石綿盤と亜鉛メッキ鉄板葺き、靴履き用に室内の床はリノリウム敷きでした。
 学生の校舎は川元重次郎が元請け(棟梁:田中忠五郎)となり、大正12年に竣工。 弘前大学になってからも利用され、昭和40年代の新校舎建設にあたり解体されましたが、近年になって人文学部の中庭に井戸が復活しています。
川元重次郎の手掛けた他の建物には、青森県尋常中学校があります。
旧制弘前高校外人教師館・室内
復元された大理石風の漆喰仕上げの暖炉
旧制弘前高校外人教師館・パネル
旧制弘前高校の配置図  (展示パネルより)

 大正8年に高等学校令(勅令第389号)施行によって官立の他に公立・私立も高等学校として認可され、大正9年(1920)公立の弘前高等学校が設立されました。
この学校は高等科3年制で、解説板によると文甲(英)・文乙(独)・理甲(英)・理乙(独)の4クラスあり、大正10年~昭和20年まで招聘された外国人教師(英語:9名、独語:6名)の創設期の平均月収は425円との事。
校内には普通教室・化学室・物理室・博物室・講堂・図書室・学生寮・運動場・雨天体操場・剣道場・器械体操場・テニスコート・野外バスケコートの他、銃器室という時代ながらの部屋もあったようです。 そして若者達が戦争へと駆り出され、優秀な人材も露と消えていきました。
 終戦後の学制改革では、昭和24年(1949)青森師範学校・青森青年師範学校・青森医専・弘前医大と共に『弘前大学』に包括され、弘前高校は文理学部に継承されました。 その後、旧制弘前高校は昭和25年3月で閉校となり、最後の入学生は1年で修了します。
 なお、現在もある青森県立弘前高等学校は且つての尋常中学校でした。 その変移については旧 青森県尋常中学校の頁をご覧下さい。
旧制弘前高校外人教師館2
〔 旧制弘前高等学校外国人教師館 〕
所在地:青森県 弘前市 大字 文京町1
見 学:9:00~16:00 (年末年始の他、臨時休館有り) 無料
      非公開と記載されていますが、扉が開いている時は自由見学出来ます。
TEL:0172-39-3980        ※詳しくはコチラ⇒【弘前大学
     


太宰治まなびの家
 弘前大学から歩いて10分位の所に太宰治の下宿先が移築されており、近くには旧弘前偕行社(弘前女子厚生学院記念館)もあります。
この旧制弘前高校には太宰治(本名:津島修治)が昭和2年~5年まで文甲科(第1外国語:英語、第2外国語:ドイツ語)に在籍していました。
金木町の大地主・津島源右衛門の六男であった修治(太宰治)は病弱を理由に入寮せず、親戚の藤田家に下宿。 藤田豊三郎は酒造業を営む高嶋屋の分家で、妻が津島家の親戚でした。
 長男・藤田本太郎の手記※によると、修治は弘高1年の8月頃から義太夫に興味を抱いて稽古に行くようになり、10月には青森の花柳界に出入りし、紅子(小山初代)と知り合ったといいます。 そして、学費・下宿代として藤田家に送金された中からお金を引出し、毎週土曜日に青森市へ出掛けて1泊。
2年生になり同人誌を発行してから成績は下がる一方で、弟・礼治の急逝などもあり、3年目の12月に睡眠薬による自殺未遂を起こします。
 現在の部屋に、本太郎の日記(昭和2年)を表にしたものが展示されています。 それによると、合格発表(4/11月)の翌日には藤田家は下宿を頼まれ、木曜日に畳屋と障子張りが、土曜日に修治が来て、4/18月曜日には入学式と、慌ただしい様子が窺えます。
また、蛾を捕まえてくれと言った修治の手元に蛾が飛んで行き、彼が椅子から転げ落ちた等のエピソードも記載されています。
本太郎が撮影した写真にはポーズを撮る前の修治が写っており、親しみを感じる1枚となっています。
※参考文献  「弘高時代の修治さん」藤田本太郎(筑摩書房 1991 太宰治全集)
2F太宰の部屋
修治が居た2階の角部屋:手前の部屋には藤田家の長男・本太郎が居た
夏・冬休みに東京へ出掛けた修治が麻雀・チェス等のお土産をくれたという
2F太宰の部屋2
上:当時の文机と黒柿材の箪笥が現存
下:同人誌が山積みになっていたという押入れの長押には、修治が残した計算式の傷跡が
太宰治まなびの家1
2階角が修治の居た部屋
旧藤田家住宅は大正10年(1921)旧碇ヶ関村の村長宅を移築したと伝わる

〔太宰治まなびの家・旧藤田家住宅〕
所在地 :青森県 弘前市 大字 御幸町9-1
見 学 :10:00~16:00 (年末年始のみ休館) 無料
交 通 :JR弘前駅前~徒歩20分 (貸自転車お勧め)
TEL :0172-39-1134         ※詳しくはコチラ⇒【弘前市

【2013年7月 訪問】

 ※太宰治と山崎富栄が滞在した熱海の旅館についてはコチラ⇒ 【起雲閣

スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://mosu3.blog.fc2.com/tb.php/96-93ef1ed8
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top