FC2ブログ
2019.
09.09
Mon
建築年:明治21年(1888)竣工、改装・修復は何度かあり
設 計:山添喜三郎、  棟 梁:三島秀之助・佐藤朝吉
所在地:宮城県登米市登米町寺池桜小路6
アクセス:東日本急行.高速乗合バス『仙台駅』→『とよま明治村』下車スグ
開 館:9:00~16:30(年末年始は休館)
見学料:有料(6施設共通券有り)
TEL:0220-52-2496
 ※詳しくはコチラ⇒【教育資料館
旧登米小学校1
 昭和40年代に小学校が移転してから仮校舎として小中学校や高校が一時使用していた建物で、現在は『教育資料館』として公開。
設計者の山添喜三郎はウィーン万博.日本館の大工を務めた人物で、近くにある登米警察署も設計しています。→【旧 登米警察署
 山添は全ての木材や瓦の検品を行い、多くの不合格品を出した業者が夜逃げしたほど仕事に厳しかったと云われています。
棟札にある2名の棟梁のうち、三島秀之助は気仙沼今泉村出身で、佐藤朝吉は登米生まれ(1852)の地元の大工でした。
川に近い地盤のため基礎工事は地中まで木杭を打ち、割栗石を敷き詰め、石灰・砂利・粘土を突き固めて礎石を乗せています。
その工事のおかげか昭和53年の宮城県沖地震では壁の亀裂や剥離、桟瓦がずれる程度。
昭和末期に行われた保存工事の調査で、束石や狭間石、正面玄関の石階段は多少の沈下が見られたものの、柱の礎石はあまり沈下がなかったとの事。
しかし東日本大震災では一部損壊となっています。
改装工事は以前にも何度か行われており、大正末期には附属棟が増築されて2F中央バルコニ-床の金属板の張り替え。
昭和30年代には外階段をコンクリートに変更して、漆喰壁がカゼインやプラスターで補修されました。
文化財としての保存修復工事は➀昭和62年(1987)~平成元年(1989)、②平成24年(2012)~平成25年(2013) の2回、実施されています。
旧登米小学校2
六方と呼ばれた生徒用玄関は建物の左右に有り、当初は男女別であった
旧登米小学校・玄関天井
六方の屋根裏
旧登米小学校・土間
土間は割栗石の上に石灰・砂利・粘土を突き固め、稲井石の上に土台をのせている
旧登米小学校5

旧登米小学校・教室1
大正時代の再現教室
旧登米小学校・教室2
昭和時代の再現教室
旧登米小学校・和室
2F裁縫室兼講堂(昭和18年頃の様子に復元)
可動式の板壁で仕切られた教室2室を昭和17~18年に床の間と畳がある教室に改装したが、昭和30年代に普通教室に戻された。
昭和末期の修復工事で板壁を外し、床・違い棚・畳を復活。
旧登米小学校・欄間
板壁で隠されていた欄間
旧登米小学校・校長室
校長室
旧登米小学校・バルコニー
2F中央バルコニ-床は当初から黒亜鉛板敷き
旧登米小学校・装飾
同じ意匠の柱頭飾り(左:登米高等尋常小学校,右:登米警察署)
旧登米小学校6
左:窓の敷居の水抜き穴,      右:傘立て
敷居の水抜き亜鉛管は紛失または破損のため昭和末期の修復工事で全て交換済
旧登米小学校4

 この小学校が明治21年に建設された後、小学校の建設に関する全国区の条例が制定されました。
これは明治23年の小学校令(勅令第215号)第19条の細則である、小学校設備準則(文部省令第2号)として明治24年4月に公布されたものですが、同年11月に改正されています。
既に明治6年には奨励する学校建築として「文部省制定小学校建設図」で凹凸+-口工の形で玄関3ヶ所、片廊下or中廊下という平面図が提唱されていました。
 さらに文部省は明治24年に小学校設備準則を決めたのですが、建設費が掛かり過ぎると反対意見が多く出たため、生徒数に対する最低床面積も無くし、9条→4条と項目を減らして改正しました。
この文部省令を基に各県が「小学校設備規則」を定め、地域の条件に合わせたようですが、その当時は資産家らの寄付により建設された学校が多く、地域によりバラツキがありました。
宮城県では『学校建築心得(明治16年)』にて、四間×五間の長方形で生徒30人迄の教室を推進していました。
 登米高等尋常小学校は当時の理想とする学校建築であったようで、明治20年に文部省視学官の中川元が訪問した記録があり、森文部大臣の東北巡視先として推薦したようです。
当時の奥州日日新聞によると、小学校は10月末か11月初旬に完成で、建築中の登米警察署と合同落成式を行う予定でしたが、文部大臣が来るとの事で10月9日に急きょ落成式が行われました。
しかし暴風雨のため文部大臣は登米まで来れなかったとあり、午後2時に始まった落成式で山添が落成報告書を朗読し、蒔き餅や男子高等生の柔軟体操が行われた後、2階で招待客に日本料理が饗応されたと書かれています。
旧登米小学校3
【参考文献】
「重要文化財 旧登米高等尋常小学校校舎保存修理工事報告書」文化財建造物保存技術協会 1990
「登米郡史.上」登米郡1923

【2018年7月 訪問】
スポンサーサイト



comment 0 trackback 0
2019.
08.25
Sun
建築年:大正13年(1924)年、洋館は昭和初期
所在地:宮城県塩竈市宮町5-5(鹽竈神社東参道=裏坂の途中)
アクセス:JR本塩釜駅~徒歩(階段あり)約580m
開 館:10:00~15:30(休館日:火~木ほか)
見学料:無 料
TEL:
022-364-0686  ※詳しくはコチラ⇒【亀井邸
亀井邸
この建物は三陸沿岸の総代理店であった亀井商店(現:カメイ株式会社)創業者・亀井文平の住まいとして建てられました。
亀井邸・玄関タイル
玄関タイル
亀井邸・玄関
上:玄関の天井  下:式台の傷補修なのか埋木象嵌されている
亀井邸・座敷
座敷
亀井邸・離れ1
奥座敷
亀井邸・洋館
新館と呼ばれていた洋館(寝室)
亀井邸・金庫
左:洋館(寝室)金庫          右:奥座敷の金庫
亀井邸・内玄関
洋館側にある内玄関
亀井邸・手洗い
廊下の途中に風呂を増築(左の写真は手洗い場)
亀井邸・2F座敷
2F座敷
亀井邸・2F床の間
2F座敷の床の間(違い棚の海老束がくり抜いてある)
亀井邸・2F次の間
2F次の間
亀井邸・2F小部屋
2F書生部屋:得意先の子を書生としていたので良い部屋である
亀井邸・引手
左:亀井邸の書斎部屋        右:旧 斎藤彦太郎邸(新潟)
新潟の孝順寺に移築された旧斎藤彦太郎(本名:実寿)邸と同じ意匠のコウモリの引手が。
コウモリ印の日本石油 三陸沿岸.総代理店であった亀井商店は、山北こうもり会(三陸コーモリ商友会)を設立しており、2階で接待したのだろう。
また、安田村長・新潟電気㈱社長であった斎藤彦太郎も、新潟で創業した日本石油と関係があったのかもしれない。
亀井邸・欄間
欄間(上:2F座敷、中と下:1F座敷)
亀井邸・階段
左右に分かれた階段の下はさらに二手に分かれ、鉢合わせせずに行き先を変えられる。
料理は台所のリフトで運んだという。
亀井邸・丸窓


 亀井文平は明治16年(1883.4.23)岩手県伊手村で麻糸の漁網を作っていた四郎治の長男として誕生。
先祖は江戸時代に濁り酒を製造販売したと云われ、家印のヤマキタが後の亀井商店の社章に使用されました。(現在は違うマーク)
文平は仙台で髪油・蝋燭を扱う高野商店の奉公を経て独立し、明治36年に鹽竈神社の門前町で亀井商店を開いて、油・砂糖・小麦・石鹸販売や蝋燭製造を行いました。 その頃の店は嫁のヤスに任せて、自分は外廻りを担当していたとの事。
そして両親と妹を呼び寄せ、父は材木店を始めています。
文平は日本石油に何度も交渉し、明治41年に三陸沿岸の総代理店契約を結ぶと、それ以降もビール・焼酎やサイダー等の代理販売店となります。
娘のタマが塩竈生まれの土井運蔵と結婚すると、大正13年に新築したこの建物に転居。
昭和12年(1937.3.18)熱海の別荘で他界しました。
 それ以降も亀井商店(現:カメイ株式会社)は事業を拡げ、セメントや車などを販売する他、昭和57年にカメイスポーツ(現:カメイ・プロアクト株式会社)を創業しています。 ※詳しくはコチラ⇒【カメイ㈱
 この建物は2011年3月の東日本大震災では被害が少なく5月1日から公開されましたが、9月21日に台風が直撃し、その二日後に和館/洋館の境にある洋間の壁の亀裂部分が剥落。 洋館の見学を中止して修復を始め、2012年4月に再開されました。
亀井邸・洋館屋根
【参考文献】
「風調雨順 : 亀井商店の八十年」亀井商店社史編纂委員会 1984
東北開発研究 ’93秋季「東北開発120年-人物篇(VIII) 亀井文平」岩本由輝(東北学院大学教授)著
「宮城県の近代和風建築」宮城県教育委員会 2016

【2018年7月 訪問】

comment 0 trackback 0
2019.
08.04
Sun
 前回21年と8ヶ月ぶりに公開された旧博物館動物園駅。 その駅舎を見逃した方に朗報!
アートイベントの展示と共に見学出来ます。
大洲大作 未完の螺旋」 
開催日時:2019/8/10(土)~8/18(日)13時~18時 
所在地:東京都台東区上野公園13番23号(東京国立博物館の横)
入場料:無料(整理券必要)
整理券配布:会期中毎12:30~会場前の上野公園内にて
※整理券待ちは長蛇の列になるので熱中症に注意
※ちなみに前回は並んでいる人に各1枚だけ配布であった
主催:art-Link 上野-谷中 実行委員会  ※詳しくはコチラ⇒【art-Link
旧博物館動物園駅
ここからは前回の様子をご紹介
旧博物館動物園駅10
アナウサギを追いかけて』 2018/11/23~2019/2/24金土日のみ公開
演出:羊屋白玉, 美術:サカタアキコ, 技術協力:森健人 他 
この日の限定ツアー案内ウサギ:山田あさこ
旧博物館動物園駅・ドーム
出入口のドーム
旧博物館動物園駅5
左:シャッターの鍵穴         右:天井の廻縁のペンキは剥げている
旧博物館動物園駅1
階段上
旧博物館動物園駅・窓
換気用のスチール建具
旧博物館動物園駅・天井
天井の照明跡
旧博物館動物園駅12
昔の窓口
旧博物館動物園駅6
木製のカウンター
旧博物館動物園駅11
動物の頭蓋骨と糞のモデルが展示されていた(中央は本物のパンダ・ホァンホァンの頭蓋骨)
旧博物館動物園駅9
21年振りに賑わう構内
旧博物館動物園駅8
上:このイベントで配布されたリーフレット(案内ウサギが検札鋏でパンチ)
下:廃止時の落書き
旧博物館動物園駅7
改札への階段は閉ざされている
旧博物館動物園駅・改札
ガラス越しに見えた改札とホームへ続く階段
イベント時は京成電鉄の車内から照明に照らされたホームを一瞬だけ観る事ができたという
旧博物館動物園駅4
建築年:昭和8年(1933)  設計:鉄道省建築課
 昭和7年(1932.3.26) 日暮里―上野公園間の工事が認可され、9月3日から着工。
この上野公園一帯は世伝御料地(寛永寺本坊跡地→明治19年移管)であったため、御前会議(1933.3.8)で昭和天皇の勅許を受けて駅舎を建設。
昭和8年(1933.12.10)日暮里―上野公園間が開通し、博物館動物園駅が開業。
戦時中から休止して昭和28年(1953.5.1)再開するが、利用者減少・短いホームという事で平成9年(1997.4.1)再び休止。
平成16年(2004.4.1)廃止になってしまった。
しかし東京都選定歴史的建造物に選定されたのを機に、東京藝術大学と協同で昨年(2018.11.2)リニューアルして公開された。
旧博物館動物園駅2
 駅から離れた博物館に向かうためには、徒歩か台東区循環バス「めぐりん」orタクシーしかない。
いつかこの駅が再開されると良いが、ひとまず駅舎が残されて安心した。
※参考→ 【京成電鉄HP】 

【追記】 「大洲大作 未完の螺旋」 参照↓
続きを読む
comment 0 trackback 0
2019.
07.30
Tue
建築年:公民館は昭和26年(1951)落成、講堂は昭和32年(1957)竣工、平成26年(2014)改修完了
構 造:公民館は混合造(RC/木造)、講堂は木造(木骨編板構造)
講堂設計:松本治男、木骨編板構造考案:都築好郎
所在地:宮城県塩竈市本町8−1
開 館:公民館9:00~21:00、杉村惇美術館10:00~17:00
休 館:月曜日(休日の場合その翌日、GW等の長期連休の場合は除く)・年末年始
アクセス:JR本塩釜駅~約800m(登坂あり)
TEL:022-362-2555(塩竈市杉村惇美術館)
  ※詳しくはコチラ⇒【美術館HP
旧塩竈市公民館・講堂1
 この美しい木造の建物は、近年に改修されて塩竈市公民館本町分室の講堂として使用されています。
さらに公民館2階には杉村惇美術館も開館しました。
当初は塩竈市立第三中学校の体育館として設計されたようですが、公民館に増築される形で実現しました。
旧塩竈市公民館1
公民館入口
旧塩竈市公民館・玄関
玄関ホール
旧塩竈市公民館・談話室
玄関ホール脇にある談話室
旧塩竈市公民館7
左:この堅牢な鉄扉は何だろうか            右:玄関ホールの照明
旧塩竈市公民館・日本間
日本間
旧塩竈市公民館・廊下
講堂へ続く廊下
旧塩竈市公民館・講堂3
講 堂:改修前は薄緑色の壁に灰色の天井であったが、白色に塗り替えられた。
木骨編板(集成材)の構造が見えるようになっている。
旧塩竈市公民館・講堂2
ステージの天井部
旧塩竈市公民館・講堂4
左:ステージ袖                  右:ステージ下の通路
旧塩竈市公民館5

旧塩竈市公民館3

旧塩竈市公民館2

旧塩竈市公民館4

旧塩竈市公民館・外壁
1F外壁:塩竈石貼
旧塩竈市公民館6

 塩竈市公民館が建設されたのは、GHQ民生局が推進した民主主義に基づく市民のための会合の場として、昭和25年(1950)社会教育部係長のヘンリー今岡中尉が強く要望した事に始まります。
第一小学校校舎を第一中学校図書館/特別教室として移築し、その跡地に市の予算で建設した公民館が昭和25年(1950.12)竣工、翌年に落成(1951.1.6)。
公民館の設計者の記載はないですが、文献によると施工は鎌田工務店となっています。
さらにこの講堂が昭和32年(1957.7)増築され、昭和40年代に公民館内部を改造したようです。
 展示されていた編板特許の書類(実用新案登録出願1951.2.21、公告1952.2.13)では考案者:都築市三(沼津市)の記載があり、講堂の図面には、設計者:松本治男(沼津市)、発明者:都築好郎となっています。
編板建築法の考案者と設計者は沼津にて仕事をしていたようですが、なぜか特許と図面の考案者の名前が違っています。
昭和3年の文献を調べてみると、都築市三は東京府馬込に住み、鉄道省工務局建築課に勤務していた事が分かりましたが、好郎は息子でしょうか?
松本治男(1級建築士)の名は出てきませんが、図面を観た感じでは数多くの仕事をしていたようで、どの様な仕事をしていたのか気になります。
旧塩竈市公民館・講堂図面
展示されていた矩計図
旧塩竈市公民館・講堂構造
左:特許の申請図(考案者:都築市三) 
右:号外として実施された編板は違う形になっている(発明者:都築好郎)

【参考文献】
市史6(資料編2)「市政の思い出」桜井辰治(当時の市長)1985
昭和3年・建築年鑑(建築世界社)

【2018年7月 訪問】

comment 0 trackback 0
2019.
07.11
Thu
鹽竈神社・志波彦神社
所在地:宮城県塩竈市一森山1-1
アクセス:JR本塩釜駅~表坂下(石鳥居)まで徒歩約15分
開 門: 5:00~20:00

塩竈みなと祭1
 前日に塩竈を訪れた際、塩竈みなと祭が行われると聞き、予定を変更して私が拝見したのは第71回の本祭(2018.7.16海の日)でした。
戦後間もない昭和23年(1948)産業復興と元気回復を願って始められたという祭りは、昭和39年(1964)志波彦神社の神輿が加わり、海の安全と大漁祈願、後に東日本大震災.復興の願いを込めた祭りとなりました。
202段もの石段を下りた2基の神輿が御座船に乗り、多くの御供船を従えて松島湾を巡る姿は海の祭りならではの爽快さがあります。
塩竈神社・階段1
202段の石段
塩竈神社-左右宮拝殿
鹽竈神社の左右宮拝殿:左宮に武甕槌神・右宮に経津主神という武神を祀る。
塩竈神社-別宮拝殿
鹽竈神社の別宮拝殿:塩の神・安産の神として庶民の信仰を集める主祭神の鹽土老翁神を祀る。

 鹽竈神社は歴代藩主が大神主として務め、現在の社殿は伊達綱村と伊達吉村が9年の歳月をかけ宝永元年(1704)竣工。
左右宮拝殿は古い拝殿を改造したもので、別宮拝殿は古い本殿を移築・改造したものと云われる。
それぞれの拝殿の後ろにある本殿は三間社流造りで、左右宮は本殿二棟に拝殿一棟、別宮は本殿一棟に拝殿一棟。
塩竈神社・本殿
本 殿:伊勢神宮と同じく20年毎に新築され、近年では平成23年に式年遷宮が行われた。
江戸時代、鹽竈神社には法蓮寺があり、僧侶が拝殿で読経を、神職が本殿で祝詞をあげていたとの事。
塩竈神社・御神鹽
食卓塩として使える御神塩
塩竈神社の神輿
鹽竈神社の神輿:享保18年(1733)に京都で造られたと云われている。(一説には京都の工匠を招いて仙台で造ったとも) 
白衣をまとった無言の氏子に担がれる神輿は、普段は志波彦神社の神輿と共に神社博物館に奉安されおり、御祭神を年に一度、海へお連れするのが今回の祭りである。
志波彦神社の神輿
志波彦神社の神輿:魚市場(1965)新設記念として昭和39年(1964)水産業界より寄進されたもので赤漆塗が特徴。
塩竈みなと祭・鳳凰丸
鹽竈神社の神輿が乗る現在の鳳凰丸は二代目(1965建造)
龍鳳丸
龍鳳丸(1964建造)水産業界より寄進された辰年に因んで龍の頭が付く
塩竈みなと祭4
 行きの神輿を観るポイントは、表坂下~太田屋前~西埠頭(マリンゲート塩釜の東側)でしょうか。
西埠頭を出港した二基の御座船は代ヶ崎浜で分かれて、鳳凰丸の神輿は松島湾を回遊し、龍鳳丸の神輿は一旦着岸して魚市場界隈を巡った後、二基が西埠頭に戻って夕方に表坂下へ帰ってくるというコースの様です。
表坂下~西埠頭までは歩ける距離で、先回りして西埠頭で待てば、神輿が到着する所も見る事が出来るでしょう。
もしくは西埠頭で夕方の到着を待って表坂下まで着いていき、階段を上がる神輿を見るのもお勧めです。
駐車場はどこも満車の恐れがあります。 電車で来た場合は、降りた時に帰りの切符を買えば、切符売り場で待つ事もありません。

第72回 塩竈みなと祭
【前夜祭】2019年7月14日(日)
【本 祭】2019年7月15日(海の日)

 ※詳しくはコチラ⇒【塩釜市観光物産協会


comment 0 trackback 0
back-to-top