FC2ブログ
2018.
05.27
Sun
【チャグチャグ馬コ】 毎年6月の第2土曜に開催
行 程:滝沢市鬼越蒼前神社9:30~盛岡駅前~中津川~盛岡八幡宮13:45頃 
チャグチャグ馬こ1
 建物メインで旅をしているので、祭りの事を当日に知る。
その日は朝から小雨であったが、子供の乗り手と共に盛岡市内を行進していたようだ。
14時頃に終着地の盛岡八幡宮に行ってみると馬たちは餌を食み、13kmの道のりを歩いた飼い主・引き手も一息ついた様子。
しばらくすると馬は装束を外され、車に乗って帰って行った。
チャグチャグ馬こ4
農業・馬の守り神を祀る「駒形(蒼前)神社」に参詣するため馬と飼い主が集まるようになり、寛政の頃には小荷駄装束(参勤交代の輸送馬隊)を着けて参加する馬も現れ大流行したのが、チャグチャグ馬コ装束の原型といわれている。
蒼前詣での帰りに盛岡八幡宮へ詣でるようになったのは昭和5年からとの事。チャグチャグ馬こ2
仔馬も多い
チャグチャグ馬こ3
輸送や農耕の主力として南部の曲り家で大事に飼われていた馬だが、今では外国種もいる。
噛む/蹴る馬がいるかと思って最初は遠くから見ていたが、飼い主の許可を得てビロードの様な鼻づらを撫でる事が出来た。


【三ツ石神社】
三ツ石神社1
三ツ石の神にお祈りをして羅刹という鬼を捕えて三ツ石に縛り付け、二度とこの地方にやってこないと約束させて石に手形を押して逃がした。
これが県名『岩手』の由来と云われている。
また、鬼の退散を喜んだ住民達が神に感謝し、幾日も踊った事から『さんさ踊り』が生まれたという。
三ツ石神社2
裏手に廻ると石が三つある事がわかる
三ツ石神社3
本 殿
三ツ石神社・御神木
ちょうど御神木の枝打ちをしており、会長に許可を得て小枝を頂いた


【鳩峰山 報恩寺】
報恩寺・山門
山 門
報恩寺1
羅漢堂は嘉永4年(1851)再建
IMGP0048-1.jpg
左:土蔵造り・なまこ壁仕上げ         
右:内部の敷き瓦は表面が剥げて素材が見える。 地元の土で作ったのだろうか(明治時代に盛岡では煉瓦も生産していた)
報恩寺・本尊
本尊は廬舎那仏
報恩寺・五百羅漢1
五百羅漢の造立には4年程かけて享保20年(1735)に落慶
報恩寺・五百羅漢2
木彫の羅漢像は京都の仏師9人が制作している
報恩寺・天井画
龍の天井画
報恩寺・彫刻
渡り廊下には高橋萬治(本名:萬次郎,南部鋳金研究所職長)作の鋳造原型が並ぶ
報恩寺2

【2017年6月 訪問】


スポンサーサイト
comment 0 trackback 0
2018.
05.13
Sun
所在地:神奈川県横浜市中区山下町18番地
公 開:9:30~17:00(入館は16:30迄)
休 館:月(祝日の場合は翌日)・年末年始
料 金:有料(企画展による)
電 話:045-671-9361
アクセス:みなとみらい線「元町・中華街」~徒歩約3分
  ※詳しくはコチラ⇒【横浜人形の家
横浜人形の家2
 今年で15周年を迎えるファッションドール・プーリップ。 過去~未発売品、カスタムドールまで約500体の人形が勢揃いしています。
また、館蔵『人間国宝 平田郷陽』展も同時開催中で、2つの企画展を同時に楽しめます。

◆『ファッションドール プーリップ 15周年♥アニバーサリー 〜星空の夢〜』
 会 期:2018.4.21日(土)〜6.24(日)
 撮影可能(フラッシュ・三脚使用不可)
 ※観覧料(平田郷陽展.入場可):大人800円、小人400円
プーリップ
プーリップファミリー:それぞれの目の色・まつ毛・ヘア・洋服等を変える事で印象が変わる。
身長:プーリップ31㎝(リトル12㎝)、テヤン34㎝、ナム34㎝、イスル29.5㎝、ダル26.8㎝、ビョル26.3㎝ 
ドールデザイナー:MANGO Park
プーリップ1
プーリップ/NELLA 2011 & イスル/JOHAN 2011
とても可愛いJOHAN(右)は凄く人気があり、別バーションが再販された。
プーリップ2
左:テヤン/Kain 2010      右:プーリップ/Aurora 2012 他プーリップ3
左:イスル/Glen 2013 
右:テヤン/Twilight Destiny 2013 & プーリップ/Princess Dahlia Cinderella 2013
プーリップ4
左:イスル/Apollo 2011他  
右:プーリップ/Kore 2014& Blanche 2007
プーリップ5
左:プーリップ/Romantic Alice Monochrome ver.2016   右:イスル&プーリップ&テヤン
1~2万円以上(リトル除く)でもすぐに売切れる  ※販売元→【㈱グルーヴ.ブログ

◆横浜人形の家コレクション展 『人間国宝 平田郷陽』
 会 期:2018年4月25日(水)~7月22日(日)
 撮影可能(フラッシュ・三脚使用不可)
平田郷陽4
『粧い』  昭和6年 43.8㎝
こちらは人間国宝・平田郷陽の作品で、生き人形と言われる精巧な作りの一点物。
平田郷陽5
とても妖艶な人形
平田郷陽1
児と女房』 昭和9年(1934) 79.8㎝
平田郷陽3
『這い稚児』 昭和初期 16㎝
平田郷陽2
『児戯興趣』 昭和14年(1939) 14.5㎝

既製品のプーリップと平田郷陽の人形を比べる事は出来ませんが、どちらも名品である事はたしか。
人形好きには見逃せない企画展となっています。

【2018年5月 訪問】


comment 0 trackback 0
2017.
12.24
Sun
千葉県市川にある赤煉瓦建物の保存に関するイベントです
国府台旧陸軍武器庫1
 この建物は旧陸軍工兵隊の武器庫であったもので、近年まで千葉県血清研究所が倉庫として使用していました。
血清研究所では有用な『LC16m8』等の各種ワクチンを開発していましたが、平成14年(2002)閉鎖。
千葉県衛生研究所が業務を引き継ぎますが、施設はそれ以降ほとんど使用されていません。 ※訪問記録⇒【国府台旧陸軍武器庫
年1回この建物が『赤レンガをいかす会』主催により公開されてきましたが、売却計画があるため公開は現在休止となっております。
残念ながら今回は見学できませんが、ルーテル市川教会(ヴォーリズ作品)が会場となり、煉瓦倉庫の歴史的価値や他の保存例などのお話が伺えます。
市川教会
※訪問記録⇒【日本福音ルーテル市川教会


赤レンガ・フォーラム2018
◆開催日:2018年1月26日(金)
 第1部(15:00~自由見学)教会堂見学
 第2部(18:30~20:50)フォーラム
◆会 場:日本福音 ルーテル市川教会(千葉県 市川市 市川4-1-5)
◆申込み:予約不要・参加費無料(募金のみ)
◆主催:赤レンガをいかす会  ※詳しくはコチラ⇒【赤レンガをいかす会


comment 0 trackback 0
2017.
10.29
Sun
やみけん・3兄弟
                                                ©YAMIKEN
 コマ撮りアニメ『BUBBLE HEADS(バブルヘッズ)』の制作支援、募集されています!
30分の短編作品「JUNK HEAD1」は堀 貴秀氏が、建築内装業などの仕事をしながら4年間かけて自主制作した作品で、その後は出資を受けて115分の長編作品「JUNK HEAD」が完成し、各国の映画祭で上映されています。
人形を少しずつ動かしながら撮影していくコマ撮りアニメーション(ストップモーションアニメ)で、気の遠くなる程の制作日数がかかります。
 人形好きの私、チェコ等の昔のコマ撮りアニメもよく観ていました。 偶然ネットで情報を見つけた先行上映会(2017.6.25秋葉原UDXシアター)で「長編JUNK HEAD」を鑑賞。 グロテクスでありながらブラックユーモア溢れる作品に引き込まれました。
そこに登場する人気キャラクター3兄弟(3ばかトリオ)が、今回制作される『BUBBLE HEADS(バブルヘッズ)』の主役になるようです。
今までの制作過程はホームページで詳しく紹介されていますので、そちらをご覧下さい。 ⇒【YAMIKEN
ただいまクラウドファンディングで制作費を募集していますので、気に入った方は参加してみてはいかがでしょうか。
※支援額により特典が異なります ⇒【キックスターター

受賞歴
 (短編)
・ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2014:短編部門グランプリ
・第36回クレルモンフェラン短編映画祭(仏):ベストアニメーション
 (長編)
・ファンタジア国際映画祭2017(加)特別賞
・ファンタスティック映画祭2017(米)NEXT WAVE部門 最優秀監督賞

【2017年10月】


comment 1 trackback 0
2017.
09.24
Sun
所在地:板橋区東新町2-30-23
アクセス:小茂根三丁目バス停~徒歩約3分 or 東武鉄道・上板橋駅~徒歩約15分

 ※詳しくはこちら⇒【板橋区
安養院・本堂
 いたばし文化財ふれあいウイーク2016(10月末~11月初)にて数日だけ公開された旧松平基則邸。
公開されている事が知られていないのか訪れていたのは数人だけで、案内人と二人だけで廻る事になりました。
※2017年度は公開されないようです
その建物がある 武王山最明寺 安養院で、普段は間近で見る事の出来ない仏像も拝む事ができました。
 ※建物についてはこちらをご覧ください⇒【安養院①
安養院・本堂内1
本堂内部
安養院・本堂内
普段は近付けない場所を案内人(檀家さん)と一緒に廻る
安養院・阿彌陀如来坐像1
紅頗梨色 阿彌陀如来坐像(江戸初期)
前立ち本尊であるこの仏像は、孔雀に乗って舞い降りたかのように華やか
赤い肌色から『紅頗梨色(ぐはりじき)』の名が付いたのだろうか
安養院・客殿2F
客殿(旧松平基則邸)2階の広縁へ向かうと、そこには箱が…
釈迦四面像は四面に扉が付いた厨子の中に、誕生仏・説法像・涅槃像を配し、お釈迦様の生涯を表す。
時計回りに発心門・修行門・菩提門・涅槃門の四門になぞらえているという。
安養院・釈迦四面像3
釈迦四面像 発心門
厨子内三面の扉と天井に描かれた仏画には狩野探幽らの落款がある
安養院・釈迦四面像4
釈迦四面像 修行門
巌室には説法像、その扉に弟子の坐像、下方の鬼面を開くと誕生仏が安置されている
安養院・釈迦四面像5
思わず「うわぁ」と言ってしまった
触れる事は出来ないが、岩の扉が開くとお釈迦様が現れる仕掛け
安養院・釈迦四面像6
誕生仏:素人が作った様な仏像が愛らしい
安養院・釈迦四面像2
釈迦四面像 菩提門
左下の仏像が彫られた多面体は回転するのだろうか
安養院・釈迦四面像1
釈迦四面像 涅槃門
安養院・釈迦四面像7
巌室には涅槃像が安置され、扉を下に開くと蓮池が現れる
素晴らしい仏像と建物を拝見させていただき、ありがとうございました。

【参考文献】
板橋区解説シート 板橋区教育委員会
「いたばしの街道めぐり第2集」 1900 板橋区教育委員会
「板橋区史跡散歩」 馬場憲一 著 1978 学生社

【2016年11月 訪問】


comment 0 trackback 0
back-to-top