FC2ブログ
2018.
08.05
Sun
建築年:昭和47年(1972)
構造:SRC造一部S造、11F及び13F+BF
設 計:黒川紀章建築・都市設計事務所
所在地:東京都中央区銀座8-16-10
見 学:予約制・有料    ※詳しくはコチラ⇒【中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェクト
中銀カプセルタワービル
 建て主『中銀』は(ちゅうぎん)ではなく(なかぎん)と呼びます。 銀座を中心に貸ビル事業を展開し、現在は中銀グループとして介護付有料老人ホーム等も運営、介護事業にも携わっています。 ※詳しくはコチラ⇒【中銀グループ
創業者の渡辺酉蔵(とりぞう)は昭和46年に中高齢者専用マンション完成させ、翌年にこの中銀カプセルタワーと、先見的な発想の持ち主であったようです。
万博のタカラビューティリオン(カプセル住宅)を観て黒川紀章に設計を依頼。 反対した社員達に「個人財産を投げ打ってでも行う」と説き伏せて建設を実施、1971年3月着工、翌年4月に竣工。
ビジネス用セカンドハウスとして380~486万円で140戸分譲したカプセルは即完売したとの事。
仕様は3グレード有り、TV・時計・冷蔵庫は標準装備で、オーディオセット・空気清浄機・流し台はオプション。 カラーは白・青・オレンジ・黒からセレクト出来たようです。 当時の管理費13900円には事務サービスやシーツ類の交換も含まれていて、ホテル的な機能も備えていました。
中銀カプセルタワービル・玄関
玄関脇にあるコンビニの箇所は当初、食事サロンになっていた
中銀カプセルタワービル・外部1
左:通用口の丸窓            右:床も丸タイル貼
中銀カプセルタワービル・廊下
このオレンジを内装色に採用した部屋はあったのだろうか(丸窓は各戸の電気メーター)
中銀カプセルタワービル・ブリッジ
2棟を繋ぐブリッジ部分:近くの窓には目隠しつばが取り付けられている
中銀カプセルタワービル・配管
ブリッジの天井裏に隠された配管はプレハブ化され、点検補修用に各戸の床一部が開くという
中銀カプセルタワービル・外部2
最下部は配管がむき出し
中銀カプセルタワービル・外部3
カプセルの最上部:クレーンで吊り上げるための金具が残る
カプセル名「BC-25(中銀ビジネスカプセル)」は海用コンテナをベースに製作
滋賀の工場→神奈川の仮置場→早朝に運び入れて徐々に積み上げていった
140戸のカプセルは入口と窓の位置が、縦/横/左/右の8種類あり、大丸装工部が製作
中銀カプセルタワービル・A904
A904号室は良い状態で現存
当初の床はスーパーデラックスがジュータン敷き、その他はPPフェルト貼であった
中銀カプセルタワービル・ユニットバス1
ユニットバス
中銀カプセルタワービル・ユニットバス2
便器と水栓類
中銀カプセルタワービル・備品
オプションのオーデオセット(TVは標準装備)
中銀カプセルタワービル・机
壁に収納できるデスク
中銀カプセルタワービル・窓
スチール製の二重丸窓は内側のみ開閉可能で、円形状のブラインドが嵌る
中銀カプセルタワービル・照明
照明と煙感知器は当初の物


 福島出身の渡辺酉蔵(1921-1991)は鉄道員になるも、中央大学卒業を経て弁護士に。
東京の王子で洋裁学園や英語学校も経営しつつ運営は妻・幸子に任せ、昭和28年に順天高等学校も継承しています。
新校舎建設資金を稼ぐため貸しビル業を始めますが、建設したブロック造3階建の建物が地盤沈下を起こし、順天高等学校の経営を諦める事に。
貸しビル業が軌道に乗ると再び順天高等学校を継承。一方で東京ドレスメーカー女学院となっていた洋裁学園は順天デザイン専門学校となりましたが昭和58年に廃校。 その一部は順天学園に受け継がれています。
晩年は宗教法人・平和の礎を継承し、熱海に4階建て納骨堂マンシオンを計画しますが、7mの敬老観音(制作:堤直美)だけが完成しています。

【参考文献】
新建築47(6)「中銀カプセルタワービル」新建築社 1972
都市開発10(110) 「反響呼ぶ中銀カプセルマンション」 都市開発研究会 1972
「空を買った男 : 渡辺酉藏伝」渡辺孝蔵 著 1992

【2017年8月 訪問】


スポンサーサイト
comment 0 trackback 0
2018.
02.11
Sun
建築年:昭和11年(1936)竣工
構 造:鉄骨鉄筋コンクリート造、3F+塔屋+BF
設 計:大蔵省臨時議院建築局(原案は宮内省内匠寮有志によるコンペ作品)
所在地:東京都千代田区永田町1-7-1

国会議事堂3
国会議事堂では国産の石材・木材が多用され、その装飾として様々な彫刻が施されています。
国会議事堂・装飾3
〔中央塔屋〕 左:壁面(アカンサス?)、 右:頂華/フィニアルfinial 的な箇所(蓋付き甕)
何故か至るところに壺/花瓶/蓋付甕…様々な瓶(へい)の文様が彫刻されており、唐草文様/人工的葉飾りもよく見かける
国会議事堂・装飾1
左:中央玄関上の外壁(瓶)
右:階段塔屋の外壁(アカンサスの蕾?)
国会議事堂・装飾2
中央玄関ホールの階段脇
国会議事堂・装飾9 
中央玄関ホール脇のドア上(瓶と?)
国会議事堂・装飾5
左:中央広間の照明(瓶)
右:中央玄関ホール/広間のドア枠(瓶と鳳凰) 天皇が足を踏み入れる場所には鳳凰の装飾が見られる
御休所ドア上装飾
御休所ドア上装飾(アカンサス・瓶・棕櫚・?)
天皇の控室で、鳳凰は部屋内の壁面に描かれている。 
国会議事堂・装飾6
上:参議院議場の玉座上(鳳凰・菊・桐・唐草)
皇室の紋章の十六八重表菊花紋、日本政府の五七の桐花紋をアレンジ(花びらの枚数が違う)
下:中央玄関のドア(瓶・鳳凰)
国会議事堂・装飾15
参議院議場の貴賓席下(パルメット)
参議院議場・扉
参議院議場のドア(瓶・唐草)
国会議事堂・装飾8
参議院議場の各所(瓶・唐草)
参議院・御傍聴席
参議院議場のバルコニー(盾と剣・農作物と鎌・工具・翼と杖・唐草など)※衆議院も同様
貴族院の旧議場にある士農工商を表す装飾で、華族以外に学者や多額納税者等の貴族議員枠があった。
秘書官室・ドア上装飾
秘書官室ドア上(瓶・唐草)
国会議事堂・装飾12
参議院1Fホール上部(瓶・唐草) ※衆議院も同様
国会議事堂・装飾11
参議院玄関ホール脇のドア上(有翼の獅子・葡萄と穀物?)
国会議事堂・装飾13
空調ガラリ(瓶・花唐草)


 実は国会議事堂の設計者は一人ではありません。 計画段階から担当していた妻木頼黄・武田五一、コンペ優勝者の渡邊福三、実施設計を担当した矢橋賢吉・大熊喜邦・吉武東里など、様々な技師や役人が関っています。
建物は大正9年に着工し、関東大震災で工事が一時中断。 日本の復興と清栄を願い、設計管理者や施工会社の現場監督、一流の職人達の技術で完成しました。

【2017年5月 訪問】

comment 0 trackback 0
2018.
02.04
Sun
建築年:昭和11年(1936)竣工
構 造:鉄骨鉄筋コンクリート造、3F+塔屋+BF
設 計:大蔵省臨時議院建築局(原案は宮内省内匠寮有志によるコンペ作品)
所在地:東京都千代田区永田町1-7-1

国会議事堂2
衆議院に引き続き、参議院70周年特別参観が平成29年5月(2017.5.20~5.21)に開催され、中央玄関や議場内部が特別公開されました。
参議院・登院表示盤
参議院・登院表示盤:議員が登院した時にボタンを押すと、数カ所ある表示盤のランプが同時に灯る
参議院・1Fホール
参議院・1Fホール
2Fホールまでの腰壁・柱・手摺の石材は黒部峡谷付近のオニキス、階段の段石は山口県産「薄雲」
参議院議場
参議院の議場:普段の見学コースでは入る事が出来ない
参議院議場・議員席
議員席:記名投票用の木札入れ(青票・白票各6枚)を職員に開けてもらう
平成10年(1998)第142回の本会議から押ボタン式投票機に変更されて自動になったが、機械が組み込まれていない席が何ヶ所かある。
椅子・机は桜材
参議院議場・席
議長席と天皇の席:会期の初めに両議院の議員が参議院議場に集まり、天皇をお迎えして開会式を開催
会議中は進行補佐をする事務総長が議長の隣に座り、副議長は自分の席に座る
参議院議場・書記席
左(速記者席): 時計が5分毎に鳴り速記者が交替
右(速記者用の通路):1F記録部から直通の階段
参議院・御傍聴席
議場バルコニー中央:天皇の御傍聴席は完成してから一度も使用された事がない。
手前に記者席、両脇に一般傍聴席があり、バルコニー装飾には士農工商のモチーフが彫刻されている。
議場内部の木部は欅材の摺漆塗り仕上げ
参議院議場・天井
天井埋込み照明:宇野沢ステンドグラスが制作したもので、真鍮製の防護ネットが張られている
参議院・第一委員会室
参議院3F・第一委員会室
参議院・議長応接室2
参議院2F・議長応接室
参議院・議長応接室1
議長応接室:こちらは歴代議長の額がないのでホッとする
参議院・第一委員会応接室暖炉
議長応接室の暖炉と刺繍画:直火ではなく放熱器を使用。 石材は岩手県上閉伊郡産「紫雲」
参議院・自民党&こころ控室
参議院2F・自民党&こころ控室(訪問時)
参議院・自民党&こころ控室2
参議院2F・自民党&こころ控室:登院すると札を裏返す昔ながらの形式で趣がある
参議院・民進党控室
参議院2F・民進党控室:訪問時は蓮舫議員が代表であった
参議院・公明党控室
参議院3F・公明党控室
参議院・公明党控室天井
参議院・公明党控室:装飾はとても凝っている

※次回は国会議事堂の装飾に焦点を当ててみます。

【参考文献】
「国会あちらこちら」服部恵龍 著 1960 信貴書院
「大理石・テラゾの五十年の歩み」全国石材工業 1965

【2017年5月 訪問】


comment 0 trackback 0
2018.
01.28
Sun
建築年:昭和11年(1936)竣工
構 造:鉄骨鉄筋コンクリート造、3F+塔屋+BF
設 計:大蔵省臨時議院建築局(原案は宮内省内匠寮有志によるコンペ作品)
所在地:東京都千代田区永田町1-7-1

衆議院
 衆議院70周年特別参観が、平成29年5月(2017.5.3~5.4)に開催されました。
まずは整理券をもらい、テントの休憩所や売店などで時間を潰し、指定時間が近づくと衆議院玄関の前に並びます。
館内は順路が決まっていますが、通常では入れない箇所も見学でき、撮影も可能でした。
衆議院・1Fホール
1Fホール
衆議院・1Fホール天井
1Fホール天井
衆議院・2F階段ホール
2F階段ホール:1Fホールからの腰壁・柱・手摺は黒部峡谷付近のオニックス、段石:山口県産「薄雲」
衆議院・2Fエレベーター
2Fエレベーター付近
衆議院・議場1
衆議院議場
議長席上に天皇の御座所、奥のバルコニーは日本の皇室用貴賓席と、その左側に記者席と参議院議員席・公務員席がある。
衆議院・議場記者席
議場バルコニー右側:記者席にカメラスタンドが設置してあるが、席は協会内で決めている。
後ろにある窪みが、かつて真空装置によって1階まで届けられたという原稿投入口だろうか。
横にある貴賓席は国賓用で、記者席後ろに外交官席・公衆席。
衆議院・議長応接室1
2F議長応接室:議長サロンとも呼ばれ、運営委員会が開催される
歴代議長の額があるが、建物好きとしては壁が埋め尽くされない事を願うばかり
衆議院・議長応接室2
2F議長応接室:日本では暖炉の近くが上座とされるが、部屋の両側に暖炉がある。
暖炉前に議長・副議長席があるのでこちらが上座のようだ
衆議院・議長応接室暖炉
2F議長応接室の暖炉:直火ではなく放熱器を使用。 石材は岩手県上閉伊郡産「紫雲」
衆議院・議長応接室刺繍画
暖炉上の刺繍画
衆議院・第一委員会室1
衆議院・第一委員会室
衆議院・第一委員会室2
衆議院・第一委員会室
衆議院・第一委員会室報道席
衆議院・第一委員会室記者席


参議院とは左右対称の間取りで若干違う程度。 建材は同じ物が使用されている。
次回は参議院をご紹介!

【参考文献】
「国会あちらこちら」服部恵龍 著 1960 信貴書院
「大理石・テラゾの五十年の歩み」全国石材工業 1965

【2017年5月 訪問】


comment 0 trackback 0
2018.
01.21
Sun
建築年:昭和11年(1936)竣工
構 造:鉄骨鉄筋コンクリート造、3F+塔屋+BF
設 計:大蔵省臨時議院建築局(原案は宮内省内匠寮有志によるコンペ作品)
所在地:東京都千代田区永田町1-7-1

国会議事堂1
 2017年5月に衆議院・参議院の70周年記念として、通常の見学コースには含まれない中央玄関・議場内部などが特別公開(5/3-5/4衆議院・5/20-5/21参議院)されました。
国会議事堂・中央玄関
中央玄関:天皇陛下や外国の大統領の出入時、選挙後の国会の召集日に開かれる玄関。
参議院が管理しており、参議院の特別公開として10年に一度出入り可能。 
国会議事堂・中央玄関2
中央玄関ホール(下:ドア上装飾)
国会議事堂・中央玄関扉
中央玄関ホール:左右にある扉は事務方が使用するとの事
壁・柱の石材は徳島県加茂谷村産「加茂更紗」、床は埼玉県三沢村「貴蛇紋」&茨城産「茨城白」
国会議事堂・中央広間1
中央広間:石材は2階まで琉球産トラバーチン
国会議事堂・中央広間壁画
中央広間の上部:日本の四季が描かれている
国会議事堂・中央広間天井
中央広間の天井
国会議事堂・中央広間床タイル
中央広間の床モザイクタイル:大理石14種
国会議事堂・中央階段1
中央階段:3F御休所へ通じる階段を、天皇はエレベーターを使わず歩いて登られる
自分が同い年であったら、息が切れるか、関節が痛いかもしれない
国会議事堂・中央階段2
中央階段:壁は徳島産大理石「時鳥」、床は茨城産大理石「茨城白」
国会議事堂・エレベーター
中央広間のエレベーター:7Fまであるが職員も4Fより上に行った事がないという
御休所前ホール
3F御休所前ホール:壁材は徳島県桑野村産大理石「時鳥」
御休所前広間・小壁
3F御休所前ホール小壁:石膏薄肉掘りで桜・橘・菊・桐・松・杉など描かれている
御休所ドア上装飾
3F御休所ドア上装飾:1枚大理石をくり抜いたもの
御休所
3F御休所:ガラス越しに見た便殿(ビンデン)とも呼ばれる天皇の部屋。
鳳凰が飛ぶ小壁は明治記念館「金鶏の間」と似ている。 暖炉の石材は静岡産「紅葉石」
国会議事堂・皇族室
3F皇族室:ガラス越しに見た室内
皇后・皇太子も使用される部屋。 暖炉は福岡県企救郡産大理石「金華山」
国会議事堂・閣議室
2F閣議室
国会議事堂・内閣記者会室前
内閣記者会室前
国会議事堂・中庭
中庭の噴水
国会議事堂・噴水
参議院前の噴水


  建設にあたって国会議事堂の建材は国産品を使う事になり、明治43年~大正5年まで国内の石材調査が実施されました。
外壁は花崗岩と決まり、候補の石を実際に2階まで積み上げて産地を決定したそうです。
1F腰壁は黒髪島産「蛙島石(黒髪御影石)」、2F~上は倉橋島産「尾立石」、一部に新潟産「草水石」が使用されています。 
 年月を経た外装は雨漏りなどで何度か補修されており、屋上(クリンカータイル敷)の防水も更新されています。
平成18年~22年には外壁補修が実施され、目地の劣化による雨水侵入で、引き金物やサッシ枠下地が錆びるのを防ぐため、エポキシ樹脂などで補修し、高圧洗浄で石材の汚れを取っています。
サッシ(議長室・御休所等はブロンズ、それ以外はスチール)の錆びと劣化は、アルミニウムカバーで防ぎ、ペアガラスにして断熱効果を上げています。

【参考文献】
「大理石・テラゾの五十年の歩み」全国石材工業 1965
BELCA news 160「国会議事堂外装改修」笠間桂次 著 2017 ロングライフビル推進協会

【2017年5月 訪問】


comment 0 trackback 0
back-to-top